もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
SSブログ

現在準備中 [コロナウイルス関連]

新型コロナウイルス感染症。
その起源に関する新論考を執筆中です。
二年ぶりの仕切り直しになりますが、二年ほどじっくりと取材していました。
近日公開版は主要なポイントといえる『伏線』を全て回収しているはずです。
みなさんが衝撃を受ける内容になると思います。「筋が通りまくりじゃん!」と。

────────────────────────────────
緊急告知
とりあえず1エントリ公開開始しています。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/sar-cov-2-ronkou-main-2022-08-04
いかがでしょうか。結論を知ってしまえば「ああ。そういうことだったのか」
そんな程度の話ですが、ゼロベースでその結論に至るには膨大な裏取が必要でした。
まだまだ世界初言及の事実が隠されています。
この一連の件も仕事ではなく遊び半分の分析ですがそこそこいい線突いているはずです
そこで示した事実を広げていくと全ての事実が一本の線で繋がるものです。

────────────────────────────────
こんな場所で難だけれれども・・・・・
新型コロナウイルスなるものがかなり身近なところにやってきました。
筆者は先天性の呼吸器疾患を抱えていまして、最新の変異株でも、少々の悪化をすればコロリと逝く事でしょう。覚悟は出来ています。

そんな理由があって、新型コロナウイルスの起源に迫る論考をダッシュで完成させました。
ある瞬間にハッとひらめいておおよそのシナリオが浮かび上がり、そこからは不眠不休の執筆で現在の質に高めてしまいました。

真の意味での遺書は2020年3月に執筆済みで、そこから気づけば二年以上過ぎて、流行で即死ぬかなと思っていましたが、なんだかんだとここまで生きてこれました。

好きな事を好きなだけやってきた人生なので、ここで逝っても悔いはありません。
筆者の三大目標
宇宙の概括的理解を成し得る。新型コロナウイルスの起源を特定する。例の米海軍が接触しているアレの真相を解明する。
こんな三つの三大目標があり、どれも中途半端ですが、いい線までチャージしたと思うようにしています。

当サイトにおいて念のために言い残しておく事は、例の安部元総理のヒットマン君の件で。
彼はそこそこ頭が良い優秀な奴だったようです。
しかし少年期に味わった理不尽さをずっと引き摺ってしまったようですね。
人間はエネルギーを持っている訳ですが、彼はハンパないエネルギーを持っているのに
そのエネルギーを暗殺に向けてしまったわけです。

もしも彼の天才性、そのエネルギーをガンプラ製作でもいいし、盆栽でもいいし、ネットを使った真実の追求をしても良いし、健康的な事にエネルギーを注いでいれば人生が異なったのかなと。
要するに統一協会への復讐、かつ、インパクトのある復讐に拘ってしまっていたようですが、
工学系のセンスがあったようですから、ガンプラに情熱をブツけていれば凄いモノを生み出していたような気がします。

一回きりの人生ですから、どんな理不尽な事件に遭遇しても忘れる事が大事だと思います。
筆者がプライベートで信仰がある某精神科のドクターは「どんなに大きな震災があろうと、どんな大事件があろうと、忘れるべき。忘れていい。メモリアルなどと称して無理にひきづらなくていい。忘れろ。常にそんな事を言っています。

優秀な人間はこの世界の宝です。優秀な者全てが恵まれた環境からスタートする訳ではありません。
彼の人生にとって統一教会の件は前半のエピソードです。それを一生引き摺っては勿体ないです。

もぐらもぐサイトに来訪してくださっている全ての方と面識はありませんが、何にせよ、常に過去にこだわらずに、常に、今この瞬間にベストを尽くして、笑って生きていくべき。人間のエネルギー常に周囲に良い影響を与える事に注ぐべきだと思っています。

コロナ禍になって、大変な事が多くなりました。進学に影響が出ている方もいるでしょう。それは悔しい事かもしれませんが、かといってそれを引き摺るなと言い残しておきます。
 
それはそれで運命と割り切るべき。何を隠そうそんな体験をしたのが筆者です。
ところが大爆笑の展開で、あれよあれよとそれなりに楽しい人生にむかってしまい
良い人ばかりに巡り合う人生であり、あの時思い通りになっていたら、案外フツーな人生だったのでは?と、思うものです。

そういう運命に遭ってしまったからって、何も低空飛行で人生が進んでいく訳ではないという事。
だからこそうまく行っているんだ!そう思う事を繰り返していると、あれよあれよと良い方向に向かうのだと思います。

転機というものは自分から掴むものであり、誰かが与えてくれるものではないかもです。
筆者の場合は大きな転機は自分から掴んだけど、与えられたものでもあったと思います。

まあとにかく、コロナ禍で進学で思うように行かなかったからってイジけてはいけないよと。
そこで何かを恨んだりしない事。ケロリと忘れて目の前課題に向かって飛び込むべき。

素直な受け止めを常に心掛けて2022年以降の世界を生きていってください。
地球はやはり美しい惑星です。
そんな場所に生きているだけでもすでにすごい人生。
多くを求め過ぎない事も大事でしょうか。
本当に凄い事ですからね?

筆者は朝焼けの風景が好きです。この世界が最も美しく感じる瞬間です。
その風景にある太陽。その実態の理解を深められた事は、筆者の人生におけるいくつかの美しい思い出の一つです。

こうしてインターネットを通して筆者の自説に耳を傾けて下さった皆様には本当に感謝致します。
皆さんの心の中に、少しでも残る言葉があったとしたら、筆者の人生にとってそんなに嬉しい事はありません。

もしも残っていればどんな言葉が残っているでしょうか。

今夏に宇宙における時間というものの概括的理解を示したいと思っておりますが、先日の新型コロナの論考でエネルギーを使ってしまい、しばらく手が動かないですね。それがいければまあいいかな・・・・

先天性の疾患で長生きは出来ないと覚悟していたので、わりと割り切っているものです。
突然のお別れというものが妄想の世界の事ではなく、本当にありえそうなご時世ですから、もしもそんな事が起こったら、当サイトでのそういうものはこれだと思っておいてくださいな。