もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
SSブログ

気候変動の核心的事実を発表・この世界の素晴らしさを君に。今日という日が尊く美しい理由をお伝えします。 [気候変動に関わるカテゴリー]

分析開始から間も無く五周年
今回プレゼンテーションを完成できたのでしばらく休養する


ママさんパパさんへ
数度読むと気候変動の核心的な事実をご理解頂けるでしょう。
社会に溢れる気候変動説がどんだけデタラメなのか?お分かりいただける事でしょう。
お子様に嘘情報を与えないでください。
自分の頭で考える賢いお子様を育んで下さいませ。

妊婦さんへ
この世界は常に気候変動が発生してきました。これからも発生していきます。
人間が何かをやらかして将来地球が壊れるなどという話は全部嘘です。
ですから安心してお過ごし下さい。何もおかしな事は起こっていません。
今年気候変動が深まったとすれば、それはそういう巡り合わせだっただけの事です。
以降にて示す科学的な理解をどうぞ。
少しでもストレスの緩和に繋がれば幸いです。
 

──────────────────────────────
常連さんへ ボーナス画像
F2C015D4-5371-48EF-979B-FFB4834450C5.png
初めて来訪なされた方はこの画像はスルーして下されば。
前回の間氷期(約14万年前)と最新の間氷期(縄文時代途中から現代)の、気温変動周期ポイントの比較。より詳細なデータで追跡。

現代の温暖化なる温度上昇ポイントは、過去の時代から引き摺ってきたもの。
それを立証したデータ。

データ引用元
https://climateilluminated.com/CO2_facts/carbon_lag/Vostok_800yr_lag_CO2.html
すでに世界中から指摘されているが・・・・南極の気温変動データにおいては〝気温変動が先行。そしておおよそ800年遅れてCO2量が上昇している〟つまり気温変動にCO2が関わっていない〟という事をデータ引用元でも指摘している。CO2が過去の時代にタイムリープして影響を与えている事になってしまう・・・・。

なんにせよ落ち着いて仕事をしよう。それは科学の研究に関わらず社会人として最低限の心掛けと言える。

ice-core-mogu-fig-01.jpg
過去45万年間の南極の気温変動データ(氷床コアより)
こちらのデータにある〝Vostok〟地点のデータを、拡大したのが先ほどのデータ。
明らかなる周期性(法則の回帰点)が存在する。

vostok-point-map.jpg
https://link.springer.com/10.1007%2F978-1-4020-4411-3_110
南極地図とVostokポイントの位置

周期性を探ろうとデータを拡大および編集して類似点を探る取り組みが特殊な事であろうか・・・・・?
しかしなんと・・・・こんな挑戦を世界初で行ったのが当サイト・・・・・

このような感じで「え?なんでこんな極めて当たり前な事をやってないの?」という、唖然とする実態が気候変動分野において膨大にあった・・・・・
こんな事を取りこぼしていたら愚かな研究を永遠に続ける事になろう・・・・・
迂闊で注意が足りなく衝動的な研究が多い事を否めない・・・・・
常識的な感覚が欠けた研究もまた多い事を否めない・・・・・

さて

関連するデータが膨大に存在するが、それら全てを一本の線で繋げて説明すれば良いだけの事。
言い方を変えれば真実は一つしかない。必ず共通するポイントを見極めて串を通せば良い。

というわけで当サイトは常識的な感覚にて、着実に、極めて当たり前な立証を繰り返していく・・・・
この世界を良い方向へ動かせるのであれば、何が何でも強引にでも動かしてやろう・・・・
そんな思いで今日も分析を続けている。

──────────────────────────────
これは常に主張してきたが、我々の分析と同じ立証を皆さんでも行う事が出来る。
同じデータを元に第三者(定型的感覚保有者)も同じ事実を立証出来る。
各自で検証する事を推奨している。
──────────────────────────────





mogu-new-fig-1-overview-02.jpg
太陽風変動データと日本の大飢饉(偏西風大蛇行時代)の検討。

江戸時代(1603年~)より以前の古記録は乏しいので参考まで。江戸時代以降はそれなりに残っている。
結論から言えば、太陽風変動の狭間で周期的に偏西風大蛇行が数年ほど継続していた事が判明する。

ここで示した飢饉以外にも、数年毎に小規模または中規模の飢饉が起こっていた。しかし・・・・

〝目立った大飢饉かつヤマセ型飢饉以外は除外〟

それは偏西風の大変動時代を浮き彫りにして立証するための取捨選択となる。
古記録は筆記者の主観で印象が大きく変わってしまう。
しかし大飢饉かつヤマセ冷夏で極端な凶作時代の記録となれば記録が他の飢饉以上に残っており、かつ、気候変動が深まっていたであろう事を立証出来る。そのようなデータをこのような研究で適用するに問題が無い。古記録は注意が必要だが大飢饉かつヤマセ型冷夏のそれは科学データ相当という事になる。

予告しておくと・・・・この図版は第二弾目がある。まずは第一弾(初級用)としておく。

このデータは・・・太陽〝風〟変動データとの比較検討。
太陽〝黒点〟観測数データと比較検討した研究が世界で行われているが、このような研究に太陽〝黒点〟観測数データを適用させるのは失当(前提を欠いている)である。

続きを読む


nice!(9)