もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
SSブログ

【賛同者募集予定】CO2温暖化の客観性を巡る民事訴訟。江守正多氏を訴えよう [やくだつ系のじょうほう]

※アクセス数が増えています。今回の訴訟こそを世間が期待しているという事でしょうか。
※おそらくは・・・・今この瞬間において江守正多大先輩を被告に訴訟提起出来る者は人類において小生のみでしょう。基本的には当該テーマの学者さんは腰を抜かしている状況です。いわゆる専門家というポジションのみなさんもまた結局は保身に走り行動には移さないものです。
やっぱり小生が行きます。小生は一般人ポジションですが、この時代、この状況下においては小生が行くしかありません。彼らの代わりに身を粉にして動きましょう。

【CO2人為的地球温暖化説を主張している皆様へ】
被告側に名を連ねてほしい!法廷でガチンコ対決しよう!という専門家さんは、名乗り出て下さい。
ぜひ、そちらの方でも呼びかけ合って下さい。小生はガチンコ対決を希望します。


みなさん、こんにちは

もぐらのもぐ公式ぶろぐに来訪いただきまして誠にありがとうございます。
いつも長文の記事になっています。
あらためて、ありがとうございます。

本日は、いわゆるCO2排出による人為的な気候変動が全て勘違いという事を
民事訴訟で解決しようとのプロジェクトにおいて、第2弾となるアクションを開始するに
皆さんにあらためてお聞きしていただきたい事を語っています。

次回の民事訴訟は、あの「江守正多氏」を被告に訴えの提起をします。
なぜそのように思い至ったのか?江守氏はCO2人為的地球温暖化説またはCO2人為的気候変動説のを主張する側のキーパーソンであり、その人物に裁判所を通して対話などを試みたいと思います。おそらくは江守氏が被告としての裁判は初と思われます。そんな訴訟を提起するに十分な証拠が揃い始めています。(専門的な表現で書き留めておくと江守正多大先輩はIPCC評価報告書の主執筆者(第五次および第六次。その起稿)に関わっている執筆者)

その江守氏は、こんな動画などに出演して世間の皆さんに必要の無い精神的負荷を与え続けています。
江守正多氏出演動画その2.jpg
こういう動画も少子高齢化に繋がっていきますよね。以降でさらっと解説しますが、地球は限界を迎えてはいません。これは明らかに根拠がない甚だ不健全な表現です。
※そのような訴えで臨むわけではありませんが。

以降にて論じていますが、気象庁らが責任放棄してしまったことで、小生に白羽の矢が飛んできてしまいました。※白羽の矢とは人身御供として指名された際に使う言葉。幸運の矢ではない
責任を誰も負わない国とも言われる日本。気象庁らが本来果たすべき仕事を放棄している以上、小生が代行する事になりました。

気象庁さんは何に対して忖度しているのか分かりませんが、結果として小生に全負荷が掛かっています。こういう言い方をしたくなかったのですが、言わないと伝わらないですよね。気象庁さんのせいで人生とんでもない目に遭っています。これまではこのような言い方を一度もしていませんが、こちらから言い出さないとダメな場面があるのでしょう。小生は度を超えて我慢強いものですが我慢強い事で利用されてしまう事があるのでしょう。自覚するようにします。

極めて特殊な事が起きてかつ進行中です。
気象庁さんらがしっかりやっていれば起こりえなかった状況でしょう。しっかりして下さい。
誰かがやらなければならない事です。それを放棄してしまえば組織外の人間が必死にフォローに動かざるをえません。

場合によったら気象庁に対して訴訟提起しても良いのかな?と思い始めています。
よく考えればそんなシナリオもありえます。江守正多氏の件とは別に進めるべきかもしれません。
もぐらのもぐは、世のため人のためであれば、エヴァンゲリオン初号機のようにドカドカと向かっていきます。

江守氏に対する訴訟提起に必要な賛同金は総額を現在見積もっています。
募金方法は検討中です。
資産家さんが「興味深いねえ。じゃあちょっとザクッと応援してあげるよ」と、纏まった金額を支援してくださるならば、すぐに提起へ動きます。ここまで自己資金のみで頑張ってきましたが、今後もこのペースで続けると後で大変なので、この時点で世間の皆様にお願いさせて頂き始めています。

要は軍資金の問題です。
軍資金次第で代理人さんのレベルが変わります。
企業さんからの支援も嬉しいです。秘密厳守です。

江守氏が法廷にて反論する心が折れるほどの証拠がずらっと並び始めています。
軍資金さえあれば本当に動きます。いわゆるふかしではありません。後述しますw
マジガチの行動派です!

なお小生は、特定の宗教団体、思想団体への加入歴もありません。いわゆる犯罪歴もありません。
そのような意味でご迷惑をお掛けする事は無いです。酒タバコ無し。賭け事も無し。風俗店なるところに行った事はありません。泣かした女性は数知れず・・・・という事はなく、小生の事を散々泣かしてくださった女性は数知れずw

盆栽とおもちゃと、少々クルマが好きです。大手企業との渉外も担当していたので、常識人カテゴリーに入るかと思います。そのような意味での個性的なキャラクターではありません。保守的であり目立つことが好きではありません。しかしこんな事をやっているのはなぜでしょうねえー。人生はわからないものです。
────────────────────────────────────────────────

初めて来訪なされた皆様の為に、当サイトにおいて繰り返し解説してきたことの
要点をあらためて解説させて頂きつつ、どのような民事訴訟を提起しようと考えているのか?
語りたいと思います。

tsukuba-solar-radiartion-2024.jpg
今回記事における最大の要点は・・・・・
2023年の太陽光(全天日射)量は、気象庁における観測史において過去最高値でした。※年平均
2023年と言えば「今年度は平均気温が過去最高になりそうだ」こんな報道が溢れていましたが、
終わってみれば、結局は太陽光量も過去最高でした。ただしい報道って何なのかな?思わないわけにはゆきません。何よりもこの現実を適切に報道しないと主には夏季の熱中症事故の多発傾向を改善できないはずです。ってそんな事は誰にでも分かる事なのに気象庁らはダンマリです。そんな社会になって久しいものですが、民事訴訟にて解決を目指したいと思っています。

※ご注意※
あくまでもこのデータはつくばでのデータです。今後追加していきますが、世界各地でも必ずやピコっと上昇している事でしょう。世界平均で過去最高であるか?それは現時点で把握出来ていません。
しかし、過去様子から察するに減少してはいないでしょう。


さて。民事訴訟の件。
時期は未定ですが、次回の訴訟では支援金のようなものを募りたいと思っています。
そのような事も語りたいと思っています。

────────────────────────────────────────────────

自然科学データをいくつかご覧頂きたく思います。

CO2人為的地球温暖化説、またはCO2人為的気候変動説。
これについては一言でいえば、全て勘違いであるとの立証を当サイトがリードして行っています。
さらっと結論を述べます

太陽風と太陽黒点と海面水温.jpg
太陽(プラズマ、帯電微粒子)の放射と、太陽黒点観測数は、おおよそリアルタイムにて同調しています。
それに対して・・・・太陽の変動は約60年間の時間差を伴い変動しているとすれば全ての辻褄が合います。世界平均海面水温データは太陽光変動の指標になる事でしょう。(常識で考えろw)

solar wind and ata 1500year 02.jpg
過去1500年間の太陽(プラズマ、帯電微粒子)の放射と北半球の平均気温。
いかがでしょうか・・・・太陽と太陽それぞれの放射において約60年間の時間差が存在する事は、こんなスケールでも確認出来ます。

CO2人為的地球温暖化説は、1958年3月以降にて、太陽黒点観測数が減少し始めた事をもって、「太陽活動が低下しているのに、地球の平均気温が上昇している!って事は人類が排出したCO2が原因だ!(根拠はゼロ)」こんな事を言い始めていました。最初の一歩目の話であります。
 ところが、太陽黒点観測数の減少が、太陽活動の低下を意味していなかったのです・・・・バッカじゃ~んw まさかの覆しが始まっています。
 もぐらのもぐによる発見は、究極の覆しになります。この発見をしっかり裏取りすれば、訴訟において決着をつける事が出来る事でしょう。と、いうワケで今この瞬間もバリバリと証拠を集めています。
 彼らはこの話をされる事をとても嫌がっています。現実逃避し始めています。CO2地球温暖化説を持ち出して偉そうな態度の者がいるならばこのサイトで公開しているデータと論理展開で散々イジってやると良いでしょう。
 「あとは時間の問題だ・・・・」実は、連絡を取り合っている学者さんがいるものですが、口々にこんな事を仰り始めています。まずは周囲の人物の心を動かせないと始まりません。そして周囲の人物くらいであれば心を動かし始めています。あとはその輪を広げていくだけです。


jma-solar-radiation-jp.jpg
当サイト編集による最新のミックスデータです。
共に気象庁公式サイトからのデータまたは数値です。
日本の平均気温データと、つくばでの太陽光量(全天日射量)のミックスです。
あれれ・・・・どこからどう見ても、太陽光が上昇して現代の温暖化が発生していただけの事でしょう。※その他の立証データは当サイトの他ページにて閲覧してくださいませ。
※2023年は日本の年平均気温は観測史上過去最高と発表されましたが、太陽光(全天日射)量も観測史上過去最高でした。そういう事を正直に報道しろっちゅーの。
そもそも観測するだけでダンマリを決め込んでいる気象庁がダメなのでは?

さらに!NEW!
つくば市での太陽光量と、日本近海の海面水温のミックス
jma-solar-radiation-and-jst-jp.jpg
あのさあ・・・・気象庁さん!何やってんねん!


さらにさらに!2024年6月4日公開  NEW
おい!何考えてんだ!こら!
気象庁夏季の日照と気温ミックス試行003.jpg
日本の夏(6月、7月、8月平均)は、ますます気温が上昇している~!もうヤバい~!CO2温暖化は本当だ~! ポンコツさんが大騒ぎしていますが・・・・
日本の夏(6月、7月、8月平均)における太陽光(全天日射)量を抜き出してミックス。
おい!より相関性があるじゃねーか!ふざけんじゃね~っつーのw

データ抜粋元 気象庁公式サイト
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s3.php?prec_no=40&block_no=47646&year=&month=&day=&view=p3
気象庁公式サイト つくば全天日射量データから6月~8月を抽出しています。
皆さんが見ても全く同じデータになるわけですが、
最新のデータ公開ページ
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/mogu-taem-latest-data
上記ページの末尾に拾った数字(6月、7月、8月)をコピペしておきました。(金にも名誉にもならない取り組みなのに懇切丁寧によくやってるよな~wどこかの組織がやるべき事なのにな〜)


専門家の皆さんへ
え~、僭越ながら申し上げると・・・・このデータはすごく面白いですよ?
え?面白くないですか・・・・ああ、そうですか。じゃあ、専門家を廃業する事をお勧めしますw 失格だ!(にゃっはっはw)





バカバカしいイラスト解説を挟みましょう。
ヤフージャパン特別企画。江守正多氏監修コンテンツより抜粋
引用元 Yahoo! 私たちの暮らしや健康・生命を脅かす「地球温暖化」の現在地
https://graphic.yahoo.co.jp/sdgs/climate_change/global_warming/
co2-sekigaisen-uso-01.jpg
CO2人為的地球温暖化、それによる人為的気候変動というものは、近年では人為的なCO2が太陽光(日射)量を増加させている!と主張し始めていますw その具体的な化学反応モデルや式はいまだ存在しません。超常現象的な話ですwwww
繰り返しますよ?大気総量のうちCO2は0.04%。
そのうち人為的な変動分は1割未満。つまり0.004%以下。

アスペルガー的なみなさんは、その数字を聞いて非常識な数字である事に気付けない様子ですが、いわゆる定型発達者の皆さんであれば「インチキ!」と、一瞬で察知することでしょう。しかも、上のイラストは地球の角度も、太陽の角度もアスペルガー的といいますか、定型発達者は一瞬にして「このイラストを描画した人ってアスペルガー?w」と、気付かないわけにはゆきません・・・・。本人達はこのイラストのどこが非常識なのか分からないのでしょうね・・・・文言も酷く現実を歪めて解釈しています。文言ですでに役満状態です。そんな酷い文言を説明するイラストが際立って奇妙な解釈をしています。そもそも、客観性が無い、嘘吐き、非常識人間と批判されている状況にて、これもんですよ。絶対に何か事情があるように思います。
 まるでアスペルガーを探る臨床心理検査のような状況であり、CO2人為的地球温暖化説とは、ほぼアスペルガーを炙り出す検査のような実態です。この指摘を癇癪を起こして「それは誹謗中傷」と抵抗するか「あ~wもぐらのもぐさん、そこまで言ってくれれば了解ですw」と、通じ合えるか?分かれてしまうのでしょうね・・・・気色悪いイラスト図ですwまるで現実感がありません。ヤフージャパンのスタッフさんはこのイラストをみて違和感を察知できないのでしょうか・・・・いずれにしても定型発達者にすれば、「うひゃ~!キモい!」そんなイラストです。
 明らかに怪しいイラスト解説です。信じてほしいのであればこの現象の直接観測データを同時に示すべきです。そんなものはありません。しかし信じろというのですw自分の主観評価と世界中の人々との評価の境界が曖昧なのでしょう。


平均気温と太陽光の関係 無加工版 日本語.jpg
ちな、江守氏らはこんな出鱈目なデータも公開していました。皆さんの中にはご存知の方もいるかもしれません。まさかの!このデータも大ウソでした!!!※IPCC第5次評価報告書
太陽光の変動は0.1%未満。気温への影響は1℃以下。つまり人為的なCO2変動こそが気温の変動を支配している!というのです。あのさあ・・・・気象庁観測による太陽光(全天日射)量ですが、例えば・・・・
1971年は年平均12.6MJ/m2
2023年は年平均15.0MJ/m2
この数字を見てください。いったいどこが0.1以下の変動でしょうか?

実際の観測データ上においてはそれ以上の変動をしています。太陽光の変動が原因じゃね?世間からツッコミされてしまいますから、平然と上のデータのような捏造?をしてしまうのです。定型発達的な感覚では、このデータのみで誤魔化しても通じ無い事は言われるまでもなく分かるものですが・・・・意図的な捏造であればもっと巧妙に行なう事でしょう。他人目線、健常者目線で想像できないから、次々と「嘘つき!」と言われているような?
 定型発達の皆さんは信じられないと思いますが・・・・科学データを書き換えても現実が変わるわけではありません。そんな事は言われてなくても分かりますよね。ええ。
 しかし・・・・これは定説ですが、アスペルガーは現実の事よりも独自の解釈を優先してしまい周囲を呆れさせるものです。アスペルガーあるあるです。つまりこんな風に都合よく科学データを書き換えて済ませてしまうのです。アスペルガーはストーカー事件を起こしがちであり何度逮捕されても反省しないのは、相手方が恋愛感情はない!と、キッパリと断言していてもなお「あなたは私を好きなはずだ。絶対に間違いない」こんな言い方をして、相手の心すらも都合よく書き換えてしまうからでしょう。※刑事さんらがよく知っている事実です。

アスペルガーが都合よく物事を書き換えてしまうとの指摘は定説中の定説です。ここで紹介したいくつかのデータは意図的な捏造とは思えない品質であり、どう考えてもアスペルガー的な現実の書き換え(専門用語では妄想加工)のように思われます。意図的な捏造の可能性もありますが、小生としては先天性的な理由があってのことでは?と睨んでいます。※このデータだけではなくあらゆる箇所で都合の良い書き換えが散見される。誰かが本当の事を伝えてあげるべきでは?・・・・では裁判所を通して伝えてあげましょう。

※データ元 気象庁公式
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s3.php?prec_no=40&block_no=47646&year=&month=&day=&view=p3

平均気温と太陽光の関係 日本語02.jpg
小生が実際の観測値を記入してみました。
常識的なデータになりませんか?意図的な捏造だと思っていると一杯食わされることでしょう。
健常者目線で物事を想像できないとなると、びっくりするほど出鱈目(独善的)な解釈や描画をしてしまうのでしょう・・・・科学データを都合良く書き換えても現実が変わるわけではありません。

まあ、そんな話を通過して・・・・

これはオマケだ!
先ほどのデータにCO2濃度データを追記!
気象庁夏季の日照と気温そしてCO2ミックス試行003.jpg
あの~、CO2濃度は太陽光(日射)量とまったく関係がありませんよ?アーユーオーライ?
※ご注意 CO2濃度データは日本の平均濃度。夏季のCO2濃度ではない。しかしながらまるで関係ない事は明らかw

CO2濃度と太陽光(全天日射量)の変動には何の相関性もありませんwしかも、具体的な化学反応モデル?も存在しません。CO2濃度0.04%の件もありますw 江守正多氏は「CO2温暖化は科学的である!(真顔)」と、常々仰りますが、これのどこが科学的なのでしょうか?感覚がズレているのでしょうか・・・・皆さんも同じ思いだと思いますが・・・・都合の悪い事実を何が何でも無視しての話ですからね・・・・もっとも・・・・江守氏は「我々は全ての事を無視してない!(真顔)」と、言っていますが・・・・(ええーっ!w)


さきほどの江守氏&ヤフージャパンによるCO2温暖化学反応モデル?の解説に沿えば、上の太陽光変動と同調してCO2変動が発生していて当然です。
あのイラストの化学情報が本当であれば、CO2濃度と太陽光(全天日射)量の変動は、瞬時といえるほどのリアルタイムで同調しているはずですw ぜんっぜん同調してねーし!こんな事くらい1分間もあれば裏取りできるはずです。そんな常識的な作業をしないで、断定形で解説しています。思い込みが病的レベルで激しいのでしょう。定型発達者の皆さんは「もういいよwもぐさんw分かったw」と仰って下さることでしょう。換言すれば彼らに対して一億回指摘しても聞きいれないでしょうねw
(のちほ具体的事例をあげますが、彼ら曰く否定論の一切は非科学的であり、欧米の陰謀組織らの誹謗中傷とのことですw完全なる他責に転嫁マンですwマジで言ってますからね・・・・)
 アスペルガー的な人々は、定型的な感覚では信じられないような捏造(現実逃避、妄想加工とも)を行ってしまうのでしょう。


人為的なCO2排出量=太陽光(日射)量の変動分
大雑把にこんな式になるわけです。どう考えてもそんな事は起こっていません。

太陽光量が変動しているとならば、太陽系内のその他惑星表層でも何か変動が起こっている事でしょう。木星の表層では風が強い事が知られていますが、2010年台から風速がより上がったことが知られています。その件も太陽光量の変動が関わっている事でしょう。江守氏とヤフージャパンは、その木星の変動も人為的なCO2排出が起こしている!と主張しているに等しいのですw いやすごいですねえ

CO2濃度データも全天日射量データも検索すればすぐに裏取りできます。そのようなデータがセットになって、さきほどのイラスト解説を公開できるはずです。つまり現状は【想像図】です。しかしそんな断り書きがなく断定系の文言です。定型発達的な感覚とはズレているように思えてなりません。
 厄介な妄信が広まってしまいました。さらには気象庁さんが見て見ぬふりして嵐が過ぎ去るのを待っているかのようです。小生一人が必死に背負ってなんとかしようとしている状況であります。

この冒頭のみで、定型発達者の皆さんは
「オッケ~wそういう話だったのかwまるで現実感がない話だった理由が分かったよ~w」
「そんな特殊な事情があって、具体的な証拠が無いのに自信満々で偉そうだったのかw」
「あの話もこの話も、あやふやだったのは、まあ、そういう事情があったからかw」
このようにも仰ってくださる事でしょう。

こんな話を挟んでいいですか?
先程のCO2温暖化における核心的な部分を、インチキイラストで誤魔化している件ですが・・・・
あのイラスト解説を無作為抽出で集めた1000人の一般人に見せると、おそらくは9割以上の方が「ええーなんだこりゃあ・・・・これを信じろと?」こんな風に感じるのではないでしょうか。その感覚は間違っていません。
 しかし、あのイラスト解説を描画した側は必死で真剣なのでしょう。信じられない!と言われようものなら、お前らは地球が温暖化していいのか?意識が低いなどなどいい始めて会話が通じない事でしょう。あんなにひでーものを公開しておいて信じてくれる事が前提になっていますw信じて当然だろ?疑っているヤツは誹謗中傷だぞ?こんな態度ですからねw

黙っている人ばかりではありません。必ずや・・・・「このイラスト解説はあくまでもイラストだから、サーモグラフィー映像か何か、確たるデータを出してよ」こんな風に投げかけ始める方もいるでしょう。または「これ、ぶっちゃけ想像図でしょ?化学実証出来ないでしょ?そんな話信じろと?」こんな風に投げかける方もいるでしょう。
 すると、おそらくは究極の言い訳「あなた達は欧米の陰謀組織の情報工作で悪い先入観がある。現代において温暖化が進んでいるのは事実であり、証拠はこれ以上必要ない」こんな事を真顔で言い始めてしまうのでしょう。
 そんな言い訳が通じるわけがありません。「嘘吐き」「インチキ」「捏造」吐き捨てられるでしょう。彼らは独善的ですから、叱られているとは受け止めず誹謗中傷だと受け止めてしまい、全く反省しない事でしょう。そんなことがずっと続いてきたわけです。

笑えない話です。しかし笑うなと言われてしまうとすごく笑いたくなってしまいますが・・・・
ネタバレさせてしまうと「なるほど」の一言ですが、江守氏やIPCC関係者はいわゆる「釣り師」ですw
頭が回る人であれば彼らの発表は数秒で猛ツッコミですますw
歩く釣り堀ともいえる集団であり、例えば先程のイラストもツッコミマニアは腕まくりしてボロボロにツッコミするでしょうw サンドバッグ状態ですw
 あんなイラスト、発表前からクソボロにツッコミされることは想像に容易ですw どこからツッコミしてやろうかな〜と思うわけですw
 しかしどんなにツッコミしても「あなた達は誹謗中傷をするのか」「石油会社らの工作活動だろう」こんな風に都合良く解釈してしまい聞く耳を持ってくれないのですw 以前は否定論者がもっといたものです。あまりにも会話が噛み合わないので次々と去っていきました。
 すると江守氏らはすかさずこのように言います「最近は否定論を聞かなくなったな〜」・・・・絶句です。※後ほど江守氏の実際の発言をご紹介します。マジで言ってますよ。

これまでは、否定論者側も核心的な立証を出来ていなかったゆえ、ぱっと目につく矛盾点に対するツッコミ以上の事を出来ませんでしたが、裁判所レベルでも「本当は思い難い」と判断して頂けるレベルの証拠を、もぐらのもぐが日々積みましていますので、さすがに法廷とならば江守氏は演技?を止めるか、いつもの感じで呆れられるかする事でしょう。

定型発達側にすれば、あんなイラストをドヤ顔で公開してきて、信じて当然だ、疑ってはいけない。この話は何が何でも本当なのだ!そういう態度で来られると本当にしんどいです。モラハラになるような?アスペルガーは他人の心を読めないので独自の解釈を他人にも押しつけてしまいモラハラしがちとの症状も一般的です。どう考えてもそういう話だと思えてなりません。意図的な捏造とは思えません。


太陽光の変動において時間差が存在すると分かってしまえば、
例の話はサンドバッグ状態です。
これまでも散々な言われ方をしていた彼らですが、
ここから先は目も当てられないほどボコボコに言われてしまいましょう。
「やっぱウソじゃねーかよ!すっげえウソつきだよな!」こんな風に。

彼らが非常識な事は諸事情ありそうですが・・・・
ある組織が責任放棄してトンズラしている事で傷口が広がり続けています!

気象庁が周囲の顔色を伺ってダンマリを決め込んでいる事で、小生に全ての負荷が掛かってくるのです。小生の負荷とは気象庁の負荷と言えます。そもそも小生は本来一般国民です。負荷が掛かっている時点でおかしいよな~。あの組織の負荷、この組織の負荷。世界のあらゆる負荷が小生にのし掛かっていま~す!
重たいよなあ〜めっちゃ重たいわ〜。どこかの組織のだれかが責任放棄してるんだよなあ〜。これって全て貸しになるんじゃね〜の?あ〜重たいwまじで重たいw気象庁の皆さんは省エネ出来ていいよなあ〜wあ〜羨ましいw 黙って見てればどこぞのBAKAが勝手に動いてくれそうだって?楽でいいよなあ~ま~た体重が下がっちゃった~w 根性無しの気象庁の代わりに小生が再び訴訟提起して大暴れしなきゃな~。前回も大金つかって今回も大金使うようだな~w 静観してる方は楽でいいな~w(チラッw)・・・・このような件はこんなところでやめておきましょうw

うーん。気象庁さんさあ・・・・昭和時代のOBさんはもっと勤勉でしたよ?
異なる組織のような?言いづらい事でも自らの責任の範疇です。
しっかりして下さい。本当に大迷惑です。


訴訟云々は以降であらためて論じますが・・・・
令和六年梅雨入り直前においては、CO2人為的地球温暖化説(それによる気候変動説)は、こんなにもバカバカしい話にまで落ちぶれました。30年以上前から「そんなレベル」でしたが、確定的になりましたよね。

そもそもこの宇宙に存在する恒星は、おそらくは変光し続けるタイプの方が多勢派でしょう。変光し続けて当然のはず。そんな極めて当たり前な大前提に気づく事を最大限に先延ばしさせているCO2人為的地球温暖化説は、とてつもなくバカバカしい存在ですw

今回は詳述しませんが、俗に言う氷河期の繰り返しなる現象(ただしくは氷期サイクルなど)は、太陽光の変動周期であろう事も突き止めています。現代の温暖化なるポイントも、周期単位に織り込まれたポイントの模様です。
 太陽が変光星であり、大きなまたは小さな周期単位が存在するとすれば、全ての説明がつきます。たったそれだけの話だったわけでありますが、奇妙なイラスト解説図まで立ち上げて現実逃避し続ける集団がいるものですw

その他のページにて解説していますが、俗にいう氷河期の繰り返しも太陽光の変動周期だったのです。
このページにて示したデータだけでも太陽光は一秒たりとも一定に止まらない事を伺えた事かと思います。繰り返して表現していますがこの太陽系内において、太陽光の変動とは最上位といえる変動現象です。言うまでもないですよね?アスペルガー学者さんはあまりにもマイペースであり、平然と最上位の現象を無い事にしたり、無視してしまうのです。
 CO2人為的地球温暖化またはCO2人為的気候変動。その話は、今後、太陽光の変動を必死に無視して、本当は太陽光の変動で起こっている事を「人為的なCO2排出が起こっている!」と、必死に繕い続ける日々を送る事になるのでしょうw 無茶が過ぎます。
 しかしどういうわけかヤフージャパンやグーグルの社員さんはCO2人為的地球温暖化をガチンコで信じており、彼らが都合良く吹聴する大ボラを必死に擁護して拡散してくるのです。最近では空気感が分かりませんがTwitter時代の従業員も激しく妄信していたものです。
 そういう系の企業に限ってファクトチェック云々言うわけですが、実際には自分達がフェイクニュースを必死に拡散している印象です。そうは思っていないから厄介ですよね。彼らの中で日々大きくなっている安っぽい正義感がこの時代の悲劇を招いています。

太陽系内という括りにおいて、太陽光エネルギーの変動は最上位といえる影響を持つ現象です。
太陽系内における最上位の現象を誤魔化している彼らは、無神経という批判では足りません。
「勘違いしていませんか?」こんな事をメール送信するだけでは解決は不可能でしょう。
信頼出来る代理人さんとタッグを組んで訴訟で解決するしかないでしょう。

人類の中で誰かがやり遂げなければならないミッションです。
無限の自己犠牲の精神と、無限の譲歩を求められます。
そんなことをし続けられる人物が必要な場面だったのでしょう。
本来であれば自然科学分野の学者の誰かがやるべきだったのでしょうが誰もいませんでした。
そんな無茶な事を、今、誰が遂行しているのか?それは敢えて言いませんが、
自然科学分野の学者さんに任せていては永遠にこのままでしょう。
一般人の方でなんとかしてしまいましょう。
しかしここから先のことは小生一人では難しくなってきました。
お力添えをお願いさせて頂きたいと思います。

大人の世界ですから、なかなかうまくはゆきませんが、
宮原ひろ子教授と、饒村曜(にょむらよう)さんの三人で集まれば、
これ以降の全てのことを解明できてしまう事でしょう。
ここから先は少数精鋭、専門家二名がバリバリとお仕事して下されば話が早いはずです。
惜しいよなあ。何をやっているのか。

小生はそもそもは自然科学分野の学者ではありません。名誉や利益にはなりません。
今後調子に乗る事は無いでしょう。こう言っては難ですがこの件がなくても十分にそれなりの仕事をやらさせて頂いてきました。「あの案件は実は小生がリーダーだった」こんな話をするときっと皆さん「マジか!」驚くと思います。そこまで成功していてもなお挑み続ける小生は永遠に、自分自身に満足できない人間なのかも知れません。
 さらには・・・多くの絶世の美女様と交際させて頂いています。※当然に同時ではありません。
今更そういう事で問題を起こすような無いでしょうw これまでめっちゃ地味に生きてきてここでもしも著名人になると、そういう事件を起こしがちかもしれませんw モテモテ男性はむしろ女性は怖いことを知っていますw あ〜怖い怖いw
 小生はまだまだこんな事を言う年齢ではありませんが、兎にも角にも小生は自制心がハンパなく効きますのでチャラい人が多い時代において、「こいつは大丈夫だ」と思っておいてくださいませ。

絶世の美女・・・・その中で私は何番目に美人だったのか?聞かれそうですが・・・・それはほら、もう言っていた通りです。あなたが一番です。あなたが一番で他は少々ランクダウンするものです。ええ。あなたこそが小生にとっての絶世の美女ベストワンです!確かにどの女性にも美人だねと言ってきましたが、あなたが一番美人だ、とは一人の女性にしか言っていません。その思いは今でも変わりません。ええ。こんな場所での告白です。嘘はまったく混じっていません。

※どうでもいい情報ですが・・・・
石田ゆり子さん的な永遠の清純派的な女性を好みます。かつ、とんでもくフワフワしていてとんでもないワガママを投げかけてくるキャラの女性が好みです。男性にすればめちゃくちゃ厄介なタイプの女性を好みますwマゾかもしれませんw

生まれながらの性質なのでしょうが、自分の周囲、さらには世界中の皆さんの笑顔が大好きです。
それゆえ、不幸な事件の報道が飛び込んでくると心底胸を痛めるものです。
きっとストレスで長生きするタイプでは無いでしょうw
それも含めてのこれらの事です。きっと人生の大一番になると思います。
カッコをつけずに皆さんに「出来る範囲において、小生を助けてください」と、この場でも申させて頂きます。さすがに一人で背負い切れなくなってしまいました・・・・申し訳ございません。

兎にも角にも迷惑を掛けたくないと考えるゆえ、一人で行動してきました。しかしそろそろさすがに限界なのでしょう・・・・申し訳ありません。体重が昨年から12キロ低下してしまい、ああ、もう一人では限界なのかと悟りました。



続きを読む


nice!(8)  コメント(0) 

最新のデータ公開ページ [気候変動に関わるカテゴリー]

現時点で世界の皆さんに大きな反響を頂いていないのは筆者の発表がさほど大した事が無いからでしょう。もっともっと凄い事を発見し続ければ良いのだと自分を鼓舞しています。誰かとの相対的な戦いではなく自分との戦いに突入していると思っています。超えるべき相手は1秒前の自分です。

もぐらのもぐ気候変動パネルが公開している科学データは随時最新の理解で更新されています。

このページは最新のものを貼っておきます。
過去記事全てを最新のデータに入れ替える事が困難になってきまして、そのフォローの為にこのようなページを開設させて頂きました。

どうぞよろしくお願い致します。(ペコリ)

なお、核心的な発見の部分においていわゆる専門家からの助言やヒントは一切頂いていません。
もしも今後「もぐらのもぐに助言してあげたよ」と、仰る方がいたらその人はウソつきですw

マーケティングデータにおけるクロス集計のプロであれば、当該テーマに足を突っ込めば小生と同じ結論を見出した事でしょう。データソースもいつ集計したものか?などなど、各要素の集計そのものにも、時間差があるものです。ですから無意識のうちに全ての要素に時間差がある事を大前提にしているものです。そこが科学者さんとは異なるスペックになるのでしょう。


太陽風(および太陽黒点)変動と太陽光変動には時間差がある・・・・これは誰もが異を唱える事がないもぐらのもぐ相対性理論のトピックスの一つです。
さて・・・ここで仮説を立てておきます。
樹木の年輪は、年毎によって年輪の幅が異なります。当然に自然環境における変化も影響を与えているはずです。例えば隣に生えていた強健な木が倒れるなど起これば劇的に成長に良い条件を齎します。または山火事で葉が焼けてしまえばしばらくの間は成長が遅れましょう。
 そのような事があまり起こらなかった木の年輪は、太陽風(および太陽黒点)側よりも、太陽光側の変動のほうが年輪幅に影響を及ぼしているのではないでしょうか?

太陽風と太陽黒点観測数に見られる変動と、樹木の年輪はどうも噛み合わない印象です。
小生は銘木会社のお仕事も頂いている事から、樹齢1000年を軽く超えるような無垢材を見せて頂いているものですが、太陽光の変動側と同調しているとすれば噛み合う印象があります。

そりゃそうだと言えばそりゃそうだ。というわけですが・・・・マウンダー極小期において、気温がさほど低下していないという件は、あくまでも太陽黒点観測数における停滞期であり、太陽光は異なる時間軸で変動していますから、マウンダー極小期の年輪が詰まっていない事の理由になりましょう。
 マウンダー極小期=太陽活動が低下していた時代というイメージは完全に誤っています。そんな解釈ではIPCC研究員くらいしか務まらないでしょうw にゃっはっはw


image.jpg

更新情報

2024年6月4日
つくば 太陽光(全天日射)量と、日本の平均気温のミックスデータ
つくば 太陽光(全天日射)量と、日本近海海面水温のミックスデータ

つくば 太陽光(全天日射)量の夏季平均(6月~8月)および
日本の夏季平均気温(6月~8月)のミックスデータ
呆れて言葉も出なくなるデータですw
おい!いい加減にしろやwwww


2024年5月15日
訴訟にて提出したデータなどを公開

2023年6月28日
太陽活動と海水温度変動。ミックスデータを公開
太陽活動と気温変動そしてCO2濃度のミックスデータを公開

2023年6月15日
細々と各データの文言を修正して更新済み

2023年4月26日
太陽黒点と太陽光の時間差に関する論考データを更新

2023年3月30日・太陽活動データにおける論理構造図を更新

2023年2月17日
・秋刀魚(サンマ)の漁獲量と太陽光(紫外線)のミキシングデータを追加
・スルメイカの漁獲量と太陽光(紫外線)のミキシングデータを追加※2種

2023年2月15日・太陽風変動データと日本の大地震データのミキシングデータを追加

続きを読む


nice!(10)  コメント(0)