もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
So-net無料ブログ作成
まじめな話系 ブログトップ
前の10件 | -

IKEAへの疑問。甚だ非常識では? [まじめな話系]

アクセス者さんからメールをいただきました。
IKEAさんとのトラブルの件を心配なされて『大丈夫ですか?』というメールです。
トラブルというかあちら側の甚だ不注意からの器物損壊事案です。
アクセス者さんもIKEAさんを愛する一般生活者さんであり、長引いているであろうトラブルについて心配なされており、その後更新が無いのでどうなっているのか?心配なさって下さったとの事で、メールを下さらないまでも気になされている方は少なくはないかもですから、これまでの事と現時点の事実を書き残しておきます。

ざっくりと結論を言えば・・・・被害額はハンパではありません。凝った家を建てているのですが美観上もっとも重要な部分を破損(総延長1メートル以上の深い傷)をつけられてしまい、交換するとなると一階をすべて作り直す必要があるという特殊な事情も絡み大変な事になっています。つまり完全修復は4ケタ万円という訳です。

【イケアの配送サービスは、日本の消費者(一般生活者)にとって注意が必要】
【面向きはイケアの独自サービス。実態は佐川。イケアと契約したはずなのにその辺が曖昧で後で責任の押し付け合いをされる】
【トラブルに発展すると、訴訟を起こせない者は泣き寝入りを強いられる可能性※外資系にありがち】
【イケアはスウェーデン発祥の企業。訴訟を起こすとなると欧州にあるヘッドオフィスを訴える事が求められる可能性】
【トラブルの対処は消極的。現地確認に37日。その後60日連絡無し。責任を他社に丸投げしようとする】
【本部(海外)にすれば一件くらいのトラブルを放置して訴訟に発展しようと御構い無し。企業イメージが落ちようと構わない。そんな思いが見え隠れする。日本と常識的感覚が異なる】
【正社員の割合が少ないのか?何の責任も負えないスタッフがあたふたしている。とにかくコミュニケーションで不便が多すぎる実態】
【日本の常識的感覚の企業とは異なり甚だ非常識。アジア人差別が無意識的存在するのでは?その気づきに達してしまう】

イケアの配送サービスは2019年10月の時点で佐川グループの会社に委託していました。それを表向き公表していない事は注意が必要です。※最新の状況は不明
 佐川グループといえば荷物の扱いが乱暴という噂は日本の一般生活者の間では定説です。イケア=理性的な企業。佐川=荒っぽい。まったく本質が異なりますが、佐川グループに委託しており・・・・今回はありえないような配送員さんが荷物を乱暴に扱ってしまい自宅の一部を破損されてしまったのです。常識的感覚を著しく欠損しているといえる乱雑な取扱いでした。もしも訴訟に発展したら裁判官が『おめー、そりゃ、やりすぎだわ』というレベルだと思います。※のちほど時系列で概要を述べる
 過失はこちらには一切ありません。甚だ注意が足りない明らかなる過失と表現できるでしょう。

正直なところ首を傾げてしまいます。常識的感覚ではありえないような、甚だ注意が足りない事故。それこそ気質か何か特別な理由があるのかな?というくらい甚だ注意が足りない事が原因の事故でした。それゆえ裁判に発展すれば、裁判官の心証というものにも大きく響くことでしょう。



イケアを利用する人、特に配送サービスを利用する人は・・・・配送員さんが屋内の指定場所まで届けるというサービスですが・・・・ムービー撮影しておいて証拠を残しておくと良いでしょう。訴訟になった際に有利です。

イケアは『佐川に連絡する』『佐川に委託していた』と責任を丸投げし始めます。イケアの独自サービスのように店内でPRしています。そしてトラブルがあったら「実は佐川です。で、佐川とやりとりしてください」って・・・・面くらいました。僕はイケアを理性的な企業だと思っていましたし、それが突然に良い話よりも悪い話が多い佐川の名前が登場して、おいおいおいおい。ちょっと待てよ。と思う訳です。イケアスタッフはとにかく責任を負いたくない様子でした。相手の心境など御構い無しといったところ。イケアは良い企業イメージを意識し経営しています。そういうものを自ら毀損する可能性がある重要なシーンなのにそんなこと御構い無しな印象でした。

そしてその佐川は連絡をしようとすらしないし、配送員兼ドライバーは会社に報告すらしていなかったし、なんと佐川は『調査中だけど、誰が配送したか分からない』なんてイケアに報告していたし、イケアもそれをそのままこちらに報告してくるし、無責任&無責任といったところです。そんなありえないような話を僕に振った事も非常識。そんな訳あるかと佐川側にプレッシャーをかけるべき。
こちらは「インターホンに顔画像が記録されてる」と冷静に指摘。数日後に「こちらのミスを認める」と連絡が。インターホン画像が無ければ配送員が届けてなんていない。などととぼけたのでしょうか。甚だ非常識な主張でした。本来その場面でイケアは僕の話を前提にしているべきです。それが佐川の頓珍漢な話を僕に振るのですから社会性という話でもどうなのかなと思わずにいられません、

さて

知っている人は知っているというか、佐川急便を始めとする日本の配送業者は(郵便局は異なるが)、基本的には大きな事故が起こった際に逃げよう逃げようとするという話を知っています。これは一部の弁護士も知っています。配送業界の体質的なものです。そんな話をすでに知っている人が少なくはないのに唐突に佐川の名前が飛び出し、そこに解決は任せると言い放ち、そして連絡がないぞ、と指摘すると『ええ?そうなんですか?』と佐川がこちらに連絡をしていない事を把握していないなど、ありえないような無責任体質をイケアの配送関連スタッフさんはお持ちです。

しかも・・・・イケアへのこちら側からの連絡はカスタマーサポートの代表電話経由。つながるまで30分待ちあたり前。電話代はそれなりのものとなります。ストレスもマックス。ありえません。

何かトラブルがあったらすぐにイケアに連絡するように、と、佐川と事前に準備なされていないという杜撰な仕事ぶりが発覚してしまいました。そりゃ事故が無い方がいい。しかし起こり得る。そんな時にイケアの顧客が不便に遭う可能性があり、どんな不便か?事故か?イケアが真っ先に把握していないなんてありえません。そして現地確認が結局は事故から37日後。甚だ非常識。そもそもあてずっぽうな仕事ぶり。仕事というものは常に先読みで進めるべき。会社として、社会人として、無能な部類と指摘されても仕方がないでしょう。

【かるくまとめ】
・責任をとる人が決まっていなかった。
・ビジネスにおいて委託するという事はけっしてベネフィットだけではないという常識的感覚を欠損
・なんにせよ先読みするという想像力が欠損。
・イケアって案外仕事できなくね?という話

【薄々は分かる委託していうという実態】
IKEAは企業ブランディング、商品ブランディングに気をつかっている企業です。店内はイケアの精神性を随所にちりばめてありそれゆえ素敵です。僕も大好きです。しかし・・・・配送業者さんは『イケア配送部で~す!』と電話連絡をしてくるもやってくるオジサン達はIKEAの制服を着ていませんしトラックも企業ロゴすらありません。イケアの配送サービスは合計3回利用していますが、3回目はなんとノジマ電気の企業ロゴが入ったポロシャツを着ているオジサンがやってきました。おいおい・・・・店舗であれだけ企業ブランディングに気を使っていて、配送でブランドの崩壊をやらかしちゃってるじゃん・・・・杜撰ですね・・・・自分の会社ではないのにヒヤヒヤしてしまいました。だってあの日僕の家の後に何十件も配送して回るであろうし、『イケア配送部で~す!』とノジマ電気のシャツを着たオジサンが届けちゃうんでしょ・・・・衝撃的というかショックというか。まあそんな感じでイケアの配送サービスは様々な点で管理が杜撰であると指摘できるでしょう。本社が現場スタッフにほとんど裁量を与えていないのでしょう。だから現場で何か起こっていても手出しできないで後手後手に回ってしまうのでしょう。とにかくイケアの配送サービスはヤバいです。色々ヤバいです。

企業ブランディングはお金が掛かるもの。時間が掛かるもの。全スタッフで作り上げるもの。

配送サービスはイケアが直接手渡しするのが理想。しかしそれが実際にかなわないのならそれに最大限近い方法を取るべき。ノジマ電気のポロシャツのオジサンが渡してくれたら企業ブランドイメージは一気に低下。あの日何人の人が同じ体験をしたのか。もったいないオバケでちゃいます。これはあくまでも僕の本業から勝手に心配している事だけど・・・・・まあこの件は見なかった事にしましょう。イケア・ジャパンの配送関連の企画した人は想像力が欠損している印象を否めません。・・・・いや、きっと分かってはいるけどどうにでも出来ない。つまり海外部門であるイケア・ジャパンは権限を多くの事で持っていないのか。

ビジネスはどんだけ想像力があるか。結局は今回のトラブルはそういう話に帰結するのでは?


続きを読む


体調が悪いので検査にいったら [まじめな話系]

なんと・・・・体重が6キロも低下していました。まじか。

11月に良性の腫瘍が発生し約4週間ほど闘病していて
それから復帰して何か調子がすぐれないなと思っていましたが・・・・
そういえば顔が痩せています。

色々と検査してきたのでとりあえず安静に過ごすこととします。

もしも急死するような事があったら大変なので、
重要な事実を発表しておかないとですね。

通常ありえない人生を送ってきた僕は、まあ、死は仕方がないと割り切っています。
皆さんも本音では僕が仮に急死しても、ああ、やっぱ人間の限界を超えたか、と思う程度で悲痛な印象を持つことはないでしょう。

しかしここ数週間に閃いている事を世間に公表しなければという使命感的な思いがあります。

アインシュタインやノイマン博士は凄いですよね。僕は研究を開始し明らかに弱りました。
所詮は凡人。真の天才には遠く及びません。猿とさほど変わらないレベルの僕が無理をすれば命を消耗するのでしょう。宇宙の果てを解明したかったけど、それは肉体的に限界を迎える挑戦なのか。
まあでもしょうがない。所詮は凡人。天才と凡人ではプラットホームがすでに違うんだな


【追記12月19日】
ある自治体の公営の施設さんにて僕が作った木工玩具を販売して頂いていましたが、しばらくは作れないかもしれない・・・・と思われ、毎年恒例の年度末のご挨拶にお伺いしながら、出品を終了するお話をさせて頂きました。「またいつでも戻ってきてくださいネ」と・・・・一度引き揚げたらもう二度とご縁がなくなると思っていたら、気さくにそんな事を切り出してくださいました。ここ数年ほど本格的に活動していなかったのですが、お買い上げ下さった皆様、そして施設さんにあらためて感謝です。これが終活ってものになってしまうのか分かりませんが、この世界にご縁があれば、また出品させて頂きたいと思っています。

あ、そうそう。以降は日記的な更新はしません。太陽活動と気候の研究の件を追記なり更新なりをし続けます。僕のダラダラした日々などどうでもいい事。そんな事はどうでもいい。とにかく前へ進みましょう。という訳で、新規エントリを公開するよりも過去に公開した発表をブラッシュアップするなど発表している内容をより高める事に務めましょう。







無事に帰宅しました。 [まじめな話系]

今日は埼玉県日高市の国際医療センターに初めて行ってきました。

人生で初めてお会いする事となる『あるお方』のお見舞いです。

当初は僕としてはお断りさせて頂いていたのですが、一連の発表をしている人がどんな人物か?知っておきたいという事で、では、僕の人生で一回だけそのようなご要望にお応えしようという事で病棟にお伺いさせて頂きました。

一連の発表とはこの件です。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/solar-activity-is-repeated-jp

国際医療センター。主にはがん治療の最前線となる病院です。大きな病院です。一階に放射線治療施設があるなど、一般的な病院とは異なる空気感です。全てのスタッフさんを集めれば1000人以上と思われます。みなさんテキパキと仕事をこなされていました。本当にお疲れ様です。
 山の上に毅然とそびえ立つ病院が開院されて以降、春夏秋冬、365日、24時間、台風が来ようと大震災が発生しようと、1秒たりともストップする事無く続いているわけです。本当にすごい事です。繰り返してしまいますが全てのスタッフさん、本当に日々お疲れ様です。そしてこれからもよろしくお願いします。そんな思いが込み上げてきてしまいました。

まずはC棟(メインビル)に入りトイレに向かおうと正面吹き抜けの裏側に回ったらそこから先は放射線治療室などが並ぶがん治療の最前線の空間。そして車椅子に掛けた今まさにがんと戦われている旦那さんと付き添う奥様がそちらに向かわれているご様子で、今この記事をお目通しくださっている皆さんは基本的にはご健康だと思いますが、今この瞬間にもがんと闘病されている方がいらっしゃる事は事実であり、今ご闘病なされている方の完治を祈りましょう。

この世界は自分だけが生きている訳ではない、みんなで支え合って生きているんだ・・・・・健康な時に忘れがちな事を、この記事を通してハッと気づいて下されば幸いです。
 楽天三木谷氏ら民間のグループの活動をよく知り、支援できることがあればする。そんな事を日々心がけたいものです。

さて。

初めてお伺いし・・・・僕は人見知りが激しく、初対面で仲良くおしゃべりできるか・・・・とにかくお伺いはしますという事で行ってきました。

もしも・・・・実は海外に暮らしているというのであれば道中の全ての旅費を負担させて頂きますし、状況によっては例えば運転手がお迎えにお伺いしても良い。とのお言葉に本気さというか、会わねばならないという気持ちになりました。 

僕の本職は経営企画業。科学分野の職ではありません。ですから常に無意識的にビジネス的感覚で思考してしまうものです。交通費・・・・実は必ず発生するものです。最近では呼びつけておいて大した用事でなく、なおかつ交通費を負担しましょうか?なんてそんな事を切り出す事すらできない会社さんが少なくはありません。大多数です。お育ちの良い女性経営者さんの会社では(主観による)、実際の交通費以上のお金を封筒に入れて準備してあり「いいですいいです」と固辞しても「いいえ。これまで来社された全ての方にお渡ししています」と、先の先まで読んで、こちらが次回以降もお伺いし易い状況を作って下さいます。それじゃあ次回お伺いする時はよりベストを尽くそう・・・・プラスのループが始まります。※僕が勝手にお伺いしている会社さんはこのこの限りでなく

最初のメールでそこから切り出して下さっていた事から、お会いしても大丈夫な方であろうと考えました。プラスのループで周囲を回している方であろう・・・・(ただし人見知りの僕には腰が重くなりがだったという事)
 自宅から国際医療センターは渋滞していなければ1時間程度。本当に遠い距離であれば運転手さんに迎えに来ていただく事をお願いしてしまったかもしれませんが、お気持ちだけで十分ですという事で自分で運転して向かいました。搭乗タイプのドローンがあり真っ直ぐ向かう事ができれば10分程度の距離なのでしょうか・・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お会いできればそれでけでよい。とのご意向である事は代理人さんからお聞きしておりました。僕側は何も用意しないで良いとの事・・・・僕の顔を知らないけれども、どんな性格か?おおよその事を読んでいたのでしょう。僕が嫌がるであろう事は先読みで解消して下さります。

僕側はこう考えていました。総合的な教養というものは僕は絶対にかなわないお方。僕は並み以下の教養である事を見抜かれるであろう。だから僕は自然体で行こう。恥なら毎日かいていますし、僕は自分がおBAKAさんである事を知っています。
「期待しているほどの人間ではないかと・・・・暇つぶしにはなるかもしれませんが・・・・・」それは何度もお伝えさせて頂いておりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


続きを読む


さすがIKEA [まじめな話系]

例のエントリの続きです。

IKEAさんと話が進みました。
いざ話が進むと・・・・さすがだ・・・・そんな展開になっています。

むしろしっかりと対応してくださる為だったようです。

IKEAさんは欧州の企業ですからブレないですね~。

でもさすがに僕もトラブルから3週間経っていたのでナーバスになりがちでしたが、しっかりと納得がいく形で対応への道のりがおおよそ示されたので安心しました。

1点だけ要望があるとすれば、何かトラブルがあった際の窓口については、代表電話番号以外の連絡先があるとストレスがより緩和すると思います。こちらからの電話は代表電話番号のみであり、待ち時間が30分が当たり前。それはさすがに辛かったかな・・・・何か良いアイデアがありそうですが。

チャットでの応対の範囲がもう少し広まってもいいかも?あとはAIの進化を待つしかないのかな。

IKEAさんはやはりIKEAさんだった。トラブルを経てむしろさすがだなと思ってしまう企業さん。




ちなみにですね、IKEA 植物育成用LED電球をお勧めしておきます。
それをカスタムしたスタンドに装着して屋内の観葉植物と盆栽の養生に使っています。
僕は植物用LEDを色々試していますがIKEA商品のそれが一番効果があると思っています。
価格は立川店では990円。AMAZONの競合品が2000円くらいです。しかも性能がよくて980円ですから素晴らしいと思います。
 これは勝手な想像ですがIKEA発祥の地スウェーデンは高緯度ですから冬季などに日本以上に植物育成用LEDが重宝するので開発に力を入れていたのかな?なんて考えました。それは勝手な想像です。
 ちなみに白夜の国では日照の足りなさから脳の伝達物質の発生が弱まり気味なのでLED照明がある部屋で日光浴をして健康を維持する事もあるとのことです。日本においてIKEAさんは植物育成用LEDのセールスに特に注力している様子ではありませんが買ってみると実はかなりいいというアイテムです。立川店では照明コーナーに行き、かつ、電球コーナーに行くと普通に並んでいます。特に大きくバーンとディスプレイされている訳ではないので気づかないかもです。先日まではグリーンコーナーにて「ここで使ってるLEDは照明コーナーで売ってるよ」と掲示されていましたが最近その掲示がなくなっていたのでそんな商品があるのか!という導線が途切れている状況です。付け替えてる最中なのかな?

植物LEDは様々な製品が存在しますが、IKEA社商品では自然光のような色調でもあり、インテリアアイテムとしてもお勧めです。気になる方はまずは購入してみると良いでしょう。現在ダブルで使っていますが次回に追加で購入予定です。屋内ミニグリーンガーデンを作ってみます。


もう一つお勧めしておくと・・・・これは実用品ではないのですが、ブタちゃんのぬいぐるみがかわいいです。今僕の周囲で流行し始めています。3種類の子ブタちゃんがあり499円ですごくかわいいのです。僕は3匹3種買ってきました。ええ。僕はぬいぐるみが大好きなのです。



撮影など無用な外出厳禁だよ~! [まじめな話系]

えっとですねこんな大水害があったことを知っていますか?

埼玉県公式サイト内に明治43年の大水害での被災地情報があります。
https://www.pref.saitama.lg.jp/a1007/kasen/tikeitorekishi.html

http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/arajo00035.html
荒川上流河川事務所

明治43年の大水害
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%B2%BB43%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%B0%B4%E5%AE%B3

リードを引用
「明治43年の大水害(めいじ43ねんのだいすいがい)は、明治43年(1910年)8月に東日本の1府15県を襲った大水害である。梅雨前線と2つの台風が重なったことから豪雨により河川が氾濫し、関東だけで死者769人、行方不明者78人、家屋全壊・流出約5000戸を数え、東京府だけでも約150万人が被災する大惨事となった」

条件は異なりますが今回の台風はそれなりに大きなものです。
畑や川を見に行ったり、SNSにアップするために撮影しにいったりしないようにしよう。
おそらくはそういう衝動的な行動に走る人は周囲がしっかり見守っていてあげないと
ダメでしょう。ですから危なさそうなオトモダチがいたら止めてあげてくださいね。


公共エントリ OKサインはダメなんだってさ [まじめな話系]

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/ok-13.php
指でよくやるOKのサイン。今後は差別になるそうです。
上記記事をご覧ください。記念撮影など気が緩みやすいシーンで注意。
海外旅行中は尚更の事注意です。悪気がなくとも面倒な事に発展し兼ねません。
日本ではOKサインがそれなりに定着しているので気を付けないとですね。
OKサインが差別に当たるという事実は日本においては社会通念的理解にまで
広まっていません。周囲の人に教えてあげるといいかも

こんなニュースもどうぞ
https://www.excite.co.jp/news/article/Otakuma_650353/
救急車両が来た時に『ハザード』を
救急車両の運転手さんに対し、『譲ります』という意思を明確に表示するために『ハザード』を出すと、運転手さんは『譲ってくれた』と判断しやすく、救急搬送などが効率化するそうです。僕は必ずそのようにする習慣がつきました。


最近まちがってる [まじめな話系]

最近周囲の人が気持ち悪いです。

握手して下さいとか

子供の名前つけて下さいとか
僕が描いた絵やラフを売って下さいとか
妊婦さんであればおなかをナデて下さいとか

なんだか特別扱いされていて・・・なにか間違ってます・・・・@@,

お断りさせて頂きましたがある家庭のお子さんの想像力を高めるために
週に一回なり家庭教師的に遊ぶ時間に付き添ってあげてほしいとか、
まあ、僕の周囲は会社経営者さんが多いのでそういうヘンテコリンな話まで舞い込んでいます。
※いずれの形にせよ収入を増やしてあげたいとの思いからのことかもと思うのですが・・・・

しかし・・・・
そんな事は僕には無理です。なぜなら僕はアントニオ猪木氏の名言

『BAKAになれ!』

を極めた結果今がある人なので僕がナデナデした胎児ちゃんや
僕が想像力を引き出した幼児はBAKAになってしまいますよ
僕と握手なんてしたらBAKAが染りますよ。

現在進行中の結果はBAKAを極めた結果なのです。

僕は雑に扱われる事に慣れており雑に扱われた方が気が楽です。
先日は某盆栽園さんに仙台の超有名盆栽士さんがちょうど訪れ
なぜか丁稚と勘違いされ雑に扱われました。その状況を楽しんでしまいました。
しかも丁稚奉公の挙句、あのお方と握手すると良いという展開になり握手させて頂きました。
ありがとうございますと深々とお礼を言わさせて頂きました。後で思い出すと笑ってしまいます。
完全に丁稚です。
そういう時、大人の男性はふつう激怒するでしょうが、僕は敢えて最後まで丁稚を演じて
ご機嫌様で有名盆栽士さんに地元に戻って頂きました。
※いつかネタに使える。『俺っちあのジイチャンに丁稚に間違われてそのまま丁稚奉公したことあるぜ~!』とかね。

その時丁稚を演じながらふと思ったのです。
ああ、僕は一生こういうポジションでいいんだなと。
誰かを雑に扱うようなポジションになったら僕の人生では
それは自分の死を意味していると。もちろんそういう役の人はいていいのです。
けれども僕は、永遠のチャレンジャー、永遠の丁稚、永遠の初心者でいいのかなと。

持ち上げられるとか気持ち悪いし所詮は人間ですから常にBAKAをやってしまう訳です。
なのに神様扱いされ始め、それに乗って神様的に振るまい始めたら、永遠にチャレンジャーでいたい僕は死んだも同然です。一回しかない人生だからこそ最後までチャレンジャーでいたいし、
雑に扱われていていいと思っています。

持ち上げられたとしても・・・・そう思って下さった事には心から感謝しつつも
絶対にそれに乗ってはいけない。乗った瞬間から質の悪いBAKAになってしまう・・・・

給料無しで丁稚奉公に行く事が年に数度以上あります。
給料がなくともアクセル全開で仕事を頑張る。手抜き言い訳なし。
そういう厳しい事を自分に課しているのでなおさら持ち上げられる事は気持ち悪いですね~。
自分をイジめるのが好きなのでしょうか。なぜそうするか?僕なりの社会奉仕でしょうか?

研究はその具体例ですね。予算利益ゼロ円でもアクセル全開。それは僕のそういう思想から始まっているのでしょう。

そういえば何度か聞かれました。利益ゼロでなんでそんなに集中を維持できるのか?と。
よほど雑に扱われる環境に慣れているのでしょう。
もしくは・・・・むしろそうう状況だからこそ完全燃焼できるタイプかもです。
ヒーロー願望的なものもあるかもしれません。僕の思うヒーローとは
そういう感じかもです。

自己アピールすると僕は言い訳をいわないタイプです。
他人のミスを自分のミスだったとして考えるタイプです。
自分の失敗を人のせいにした事はありません。
『あいつが~』なんていった事が無い。常に『あのときああすれば・・・・』
そう振り返るタイプです。常に成長を意識してしまうタイプです。

というわけで、ふつうに接してください。
基本的には温厚です。



1964東京オリンピック直前の新潟津波 [まじめな話系]

新潟地震から55年、東京オリンピックからも55年
https://news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/20190616-00130264/
饒村曜(にょむら よう) | 気象予報士
6/16(日) 5:57

饒村曜氏がヤフーに記事を投稿されていらっしゃいます。
日本の天気予報や気候に関する記事をデータを豊富に解説してくださっています。
ロジカルな解説はとても勉強になります。

先日の記事は1964年の東京オリンピック開催数ヶ月前に新潟県で発生した津波に関する体験や記録。

お恥ずかしながら・・・・僕はその新潟地震や津波を知らなかったのです・・・・

空港にも津波が届いていた・・・・311で空港そして航空自衛隊の滑走路も被災していました。そしてそれは日本において空港の津波被害が初めての事だったと思っていました。

1964新潟津波の被災マップなども上記リンク記事にて掲載されていますが大変な被害です。
ぜひお目通しくださいませ。


【警告】夏の車内は60度だよ~気を付けてね~ [まじめな話系]

川越市の駐車場

2016年7月7日。気象庁発表では36度の酷暑でーす
自動車の中の温度を調べたよー。測定時間は13時30分だよ~
温度計をダッシュボードの上に置き、直射日光が当たってる条件だよ〜

2016-0707-13-30.jpg

60.1度だよ~

湿度は19パーセントだよ~

ママさんたち、ペットを飼ってる人達は気を付けてね~

暑すぎだよ~。やばいよ~

まわりの人にも気をつけてって言っといてね〜

※13:50分頃に温度計を見たら64.1度まで上がってたよー!カメラ収納しちゃったから撮影出来なかったけどね




共通テーマ:地域

子供だけの水遊びを法律で禁止するべき? [まじめな話系]

意図的にタイトルを大袈裟にしてみました。

僕は小学校の時に同級生と二人で川遊びに出かけた事がありました。
その同級生は衝動的。常に怪我しており他人も怪我をさせるタイプ。大人になったら四六時中事故を起こしていた話は聞いています。

正しくは川遊びに出かけた訳ではないのですがそのような展開になってしまったのです。最初は数人いたのですが気づくと二人に。そして川に。
そこで・・・・なんと・・・・・唐突に僕を川に向って押してきたのです。空気読めよ、という展開でした突然押されたら本当に危ない。殺そうとしてると思われても仕方ないくらいの状況でした。

結局僕は落ちました。しかしちょうど運よく釣りをしているオジサンが猛ダッシュで来てくれて最悪な結果にはならずに済みましたが、もしもあのオジサンがいなければ溺死していたでしょう。オジサンはなんとなく同級生の行動に不安を感じており、いつでも走れる準備をしていたと、僕の両親がお礼を伝えに伺った際に語ってくれたそうです。オジサンが車で僕を家まで送ってくれたのです。すごく優しいオジサンでした。

その同級生は四六時中失敗しては他人のせいにしており全く反省しないタイプだったので、その時も全く謝罪はないしむしろ笑っていましたし、仮に僕が溺死しても『いきなり落ちた』なんて証言をされて僕はただウッカリさんだったという事で終わってしまっていたでしょう。

今回お話したエピソードは極端ですが、僕は夏の水の事故を聞くたびにあの夏の日の出来事を思い出すのです。子供だけの水遊びの事故で、イタズラから発生し、それを黙っていて発覚していない事故があるのではないか・・・・・と。毎回思います。

すごく怖い話をしていますよね。でも、実体験の話です。

僕は子供だけの水遊びは法律で禁じてしまえばいいのに、と極論に走ってしまう事があります(脳内だけですが)。補導案件として処理。これだけでだいぶ水の事故が減るはずです。

川遊びで体験できる事は色々あるでしょうが、大人の監視なくそれをさせる事は大変危険です。大人の中にだって滝壺などに飛び込んで溺死してしまうくらいなのですから子供だけの水遊びなんて危険すぎます。

僕の体験が今夏の水の事故を減らす切っ掛けになれば幸いです。子育てパパさんやママさんに書き残しておきます。

僕が親ならそもそも水遊びを絶対にさせません。自分が見守っている状況でも命を絶対に救える装備を準備していなければ遊ばせません。

僕はサーフィン経験がありますが、水辺のレジャーがどれだけ危険か知っています。夏の海で毎年のように事故が発生しているのを見ると、何も無理に海や川で遊ばなければ良いのに。と思います。
海に行っても景色を楽しむに留め、海に入らないという選択肢もあります。海に入らなくても人間は死なないのですから。就職で有利になる事もふつう無いでしょう。

大人がいても事故発生となれば必ず救えるとは限りません。ですから子供だけでの水遊びについて、真剣に考えるべきだと思います。


前の10件 | - まじめな話系 ブログトップ