もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
SSブログ
まじめな話系 ブログトップ
前の10件 | -

【警告】夏の車内は60度だよ。常に脳裏に。 [まじめな話系]

2024年夏季到来を前に・周囲の皆さんにお伝えしてほしいメッセージがあります!
定期公開記事

2023年は太陽光(日射)量は過去最高値でした。※気象庁観測値において。年平均において

2024気象庁つくば日射量詳細版データ.jpg
詳しくは後述。現代は気温が高い事のみを切りとって報道されていますが、実は太陽光が変動しています。CO2人為的地球温暖化説に都合が悪いので伏せられています。地球温暖化とは言われていますが、そうではなく物質や物体の表面温度が上昇する時代にあります。夏季の部活動などは厳重注意です!

NEW 次のデータは、日本の平均気温の変動と、つくば高層気象台での太陽光(全天日射)量のミックスデータ
jma-solar-radiation-jp.jpg
もぐらのもぐ編集によって生成された決定的なデータ。
みなさんは、このデータを見てどのようにお考えになるでしょうか?
「日本は過去最高平均気温」「CO2を減らそう」こんな報道しかありません。
しかし、このように、最も気温の上昇に影響がある要素を完全に無視し続ける報道のあり方をおかしいと思いませんか?それは兎も角として、この事実による主には夏季の生活習慣を変える必要があります。

CO2人為的地球温暖化は、人為的なCO2排出が原因で気温が高くなる!
こんな話ですが、そうではなくて、太陽系内において物質または物体の表面温度が上昇する事になります。的外れな事を言っています。

日本人は毛髪は黒色です。黒色は太陽光の熱をより受け止めてしまいます。
すると、ウェアのカラーなども太陽光量の上昇時代である事を考慮したものであるべきです。
この現実を直視すれば、いくらでも対策すべき具体策があるものです。現在はCO2人為的地球温暖化に最大限の忖度をしているわけですが、その代わり少年少女の皆さんらが危険に晒されているのです。この事実を無視していてはならないはずです。

本来であれば観測およびデータ管理をしている気象庁が忖度しないでこのような発表をすべきです。
しかし、日本人的な「何か」で発表しないのでしょう。組織内で誰もやりたくない役目なのでしょう。
すると、組織外の誰かがやらなければなりません。その役目を代行してあげている状況です。
時に、なぜ気象庁に任せないのか?と言われたものですが、それは無神経過ぎる発言です。こちらに言う事ではないはずです。

なお、太陽光(日射)と漁業においても相関性(または逆相関性)があるデータをミックスして立証しています。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/mogu-taem-latest-data
人為的なCO2排出が漁業の不漁も招いているとの主張はより妄想的です。

solar wind and sunspots and sst.jpg
他の記事にて詳述しています。
太陽風と太陽黒点はリアルタイムで同調しています。
その二つの要素に対して
太陽光は時間差を伴い変動しているとすれば全てのことの説明がつきます。
上のデータのSSTは世界平均海面水温データです。つまり太陽光変動の指標ともなるわけです。

solar wind and ata 1500year 02.jpg
過去1500年間の太陽風(プラズマ)と北半球の平均気温データ。
このミックスでも太陽風と太陽光の変動に時間差が存在する事は明らかです。

太陽光量が上昇している。
この事実について現実逃避しなければおのずと太陽風および太陽黒点に対して太陽光の変動は時間差を伴う事をすぐに発見出来る事でしょう。

換言すれば太陽光の変動に気づかないふりをし続ければ永遠にあやふやな解釈を繰り返し続ける事でしょう。なぜなら太陽光量の変動はこの太陽系内における物理変動の最上位となる現象だからです。

現在の人類は滑稽過ぎます。



【一言メッセージ】2024年5月29日
春からの体調不良をまだ引き摺っており、しっかりと休養をとって回復したいと思います。
原因が不詳であり検査を続けています。
太陽活動と気候変動の研究は小生のところではしばらく休止状態になります。考えてもみれば個人としては最大限に社会に貢献できていると思います。
 事実として・・・・これ以上の事を人類全体から求めらているわけですが、さすがに小生も人間であり神仏ではありません。一人に全て背負わせるんじゃねーよ、と思う気持ちも本音です。しかしどうやらこの物語は小生が主人公の模様です。覚悟を決めて立ち上がらねばならないのでしょう。それも含めての今の立場にあるように思います。

人生において心の内を言葉にしないで生きてきましたが・・・・
小生のここ数年の生き様は現実感がありません。とんでもない活動をしていますからね。

さて。随分以前の話になりますが被害者側として交通事故に遭っており、意識不明で搬送されて復活した事がありました。リハビリにて1年以上費やしたものです。

そんな体験があったので・・・・「あれ?本当はあの事故で死んでおり、今は夢でも見ているのか・・・・」そんな考えが何度も心に過ってしまいます。生きている証拠ってどこにあるのだろう?そんな事まで考えてしまいました・・・・考え過ぎでしょうw
 こんな話を親族らに披露したところ「とにかくインターネットから離れて書籍も読まないで、深呼吸して過ごせ」と心からの助言をされてしまいました。直近の1年間は特に極端であり、盆栽の培養くらいが余暇の過ごし方であり、その他の事はほぼ取り組んでいませんでした。

もう一度飛び込まねばならない運命にあります・・・・今ここで弱っている訳にはゆきません。必ず元気になって復活しますので、どうかお許し下さいませ。


この、要らぬ冒頭のメッセージは近日削除しますw
復活した際は・・・・新章・数字で立証する太陽活動と気候変動!よりロジカルに!
もう、全体像は見出だしています。
とりあえず静養しつつあらためて前進します。第二章は別人なみの論理展開を開始させて頂きます。



★★★以下は2022年以前に公開していた内容です。★★★
定期公開記事

立川市の駐車場

2016年7月7日。気象庁発表では36度の酷暑でーす
自動車の中の温度を調べたよー。測定時間は13時30分だよ~
温度計をダッシュボードの上に置き、直射日光が当たってる条件だよ〜

2016-0707-13-30.jpg

60.1度だよ~

湿度は19パーセントだよ~

ママさんたち、ペットを飼ってる人達は気を付けてね~

暑すぎだよ~。やばいよ~

まわりの人に、気をつけてって言っといてね〜

※13:50分頃に温度計を見たら64.1度まで上がってたよー!カメラ収納しちゃったから撮影出来なかったけどね


【緊急追記】
その原因は・・・・・
ただ単に太陽光が上昇していただけだった!!!その件を以降にて解説します。
CO2人為的地球温暖化説を主張するIPCCは、太陽光の変動を0.1%以下、気温への影響は1℃未満であると、世界に対してドヤ顔で公開していましたが、それも嘘でした。まじ大迷惑です。

そのように勘違いし易い背景がありましたが、プロを自称するわりには適性があるとは思えない人材が集まっていた模様です。

太陽光(日射)量は常に変動しています!
そして現代へ向かって上昇し続けてきました
2024年は気象庁における観測史上において、過去最高値でした!

2024気象庁つくば日射量詳細版データ.jpg

昨年の日射量は気象庁の観測データにおいては過去最高の値となりました。※観測史上において
初の15(MJ/m2)台に突入です!

https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s3.php?prec_no=40&block_no=47646&year=&month=&day=&view=p3
あらためて、夏季の部活動などにおいてご注意くださいませ。
昨年は平均気温が高かったと言われていますがそもそも論として日射量がこのような値となっています。
2024年は、速報値から察するに、昨年(観測史上過去最高)よりは低下するも14(MJ/m2)以上ではあるでしょう。つまりかなり高い数値です。

ここであげた数値が、具体的に、カロリー換算でどれほどのエネルギーの異なりがあるのか?算出する方法を思案中です。
当たり前な話でありますが・・・・直達日射量が変動するとならば、カロリー換算ベースで平米などの単位にてエネルギー転換量を算出できるはずです。
 CO2人為的地球温暖化説は、たいへん浅はかであり、そのエネルギー転換量も完全無視しています。太陽光(日射)量が上昇している事をなめ過ぎています。


【盆栽家は皆気づいていた・・・・!】
あえて情報元を抜粋するまでもありません。盆栽をそれなりに長く続けている方は「2000年代以降にて、ゴールデンウィーク明けから急激に太陽光が強くなり、遮光は全樹種で必須だ」・・・・盆栽家の皆さんはそのように仰るものです。

そうは言いつつ、メガネ美人の盆栽家 キミさんのサイトから抜粋します。
もみじ(紅葉)の育て方
https://bonsai.shinto-kimiko.com/sodatekata/hamono/momiji.htm
ただし近年は5月頃から急に日差しが強くなるので、本格的な遮光に入る前の遮光アイテムとして暴風ネットを張っておくのもお勧め。

CO2人為的地球温暖化説では、人為的なCO2排出によって気温が高くなるという話でした。ところが、日射量が増えているわけで、太陽系内は物質または物体の表面温度が上昇する時代にあったのです。
 キミさんのサイトは「小品盆栽」を主に解説しているわけですが、小さい盆栽は太陽光の上昇による葉や用土における表面付近の温度上昇の影響が樹勢に現れやすいものです。ですから、盆栽家かつ小品盆栽に関わっている皆さんは太陽光の上昇時代である事を、肌身で体験しているものです。ただし・・・・同説に都合の悪い話なので太陽光量が増加しているという事実については、メディアがだんまりを決め込んでおり、太陽光量が高いのは肌身で知っているも原因を分かっていないで首を傾げているものです。


1971年と2023年の年平均の比較からの数字では・・・・
太陽光(日射)量は8.26%も増加しています。
1平米あたりにおけるカロリー計算を算出できそうです。

という事は・・・・盆栽の葉っぱ一枚が受け止める太陽光エネルギー量も異なるわけです。
カロリー換算で算出する事も出来ましょう。

この現実を受け止めるだけで、自然界における多くの事を、ロジカルに捉える事が出来るようになります。


IPCCは太陽光の変動を0.1%以下と主張していますが、つくば高層観測所の観測にて、IPCCによるその数字の82倍もの上昇をしていたのです!82倍もの数字を捏造して誤魔化してしまうのですから、唖然とするしかありません。IPCCは常に「都合よく捏造し過ぎる」などなど猛批判されていますが、この件は豪快な捏造と言えますw

先程のリンク先では1971年以降の月別太陽光(日射)量の平均値も記録されています。
いかがでしょうか?0.1%以上の変動は常に発生しています。というかそもそも、太陽光は1秒たりとも同じ数字に止まらないものです。そんな実態は検索すれば分かるものですが、上のデータのような〝現実を酷く歪めた発表〟を平然と行ってくるのです。

CO2人為的地球温暖化(CO2人為的気候変動)は、このようなバカバカしい捏造を繰り返して、現実の現象のように繕い続けている事は間違いありません。こんなデタラメな話を本当の事のように繕い続けるとならば太陽光(日射)量の変動すら無い事にしてしまうのですw

1日に150億円と言われるCO2削減対策費用。当然のように広告費用というものにも振り分けられます。このようなデータを一回報道するだけで数千万円以上の広告収入が得られるのであれば、バンバン報道する事でしょう。そうでなければこんなバカバカしいデータなどを真顔で報道しません。
 国全体としては国力を落とすほどの悪影響がある話です。無駄な心労も強いる事になります。その利権でウハウハしている国民は極めて少数派のはずです。

平均気温と太陽光の関係 日本語02.jpg
実測値を小生が追記しました。これが現実です。先程のデータを見てください。少しどころのウソではありませんw おいおいw 本来であれば放送禁止相当でしょう。北朝鮮なみの捏造ですw

CO2という物質はありふれた物質であり、地球を温暖化させるわけがありません。するとおのずと「太陽光は増えてるかな?」絶対に調べるはずです。検索を開始して数分以内にそれが上昇傾向にある事を知る訳です。

政府公式フェイクニュース報道が行われているわけです・・・・まあ、いいんですよ。そんな事はこの国においてよく起こっています。

昨年の事を覚えていますか?「2024年は地球の平均気温は過去最高になりそう!CO2を削減しないと!」こんな記事を某企業らが膨大に配信していました。太陽光(日射)も過去最高であるか?その観測データを踏まえてからではないと報道すべきではない事は、常識的感覚があれば分かる話です。しかしそうしない理由は、そんなデータが発表される前に世間の空気を作ってしまえという不純な狙いがあった訳です。
 本来であれば公正公平であるべきです。これは言うまでもありません。しかし当該問題においては、利権の為に必死な側が太陽光の変動すら捏造してしまうし、気象庁による昨年度の数値は過去最高という事実などを何が何でも知られないようにしているのです。

太陽光(日射)量も過去最高・・・・そんな数値が先に報道されたら不味いのでしょう。とにかく人為的なCO2温暖化なるのものを本当の事のように思わせる事が肝要です。先手先手で洗脳報道を行なっているのだとすれば辻褄が合います。本来であれば慌てて仕事を進めてフェイクニュースを報道するなどありえない事ですが、利権が絡んでしまうと道徳的な事は二の次になってしまうのでしょう。

さてさて。
太陽光(日射)量が上昇している時代である事は、特にママさんパパさんに必ず伝えるべき情報です。
先程のリンク先を見ればわかりますが、1971年は、12.6(MJ/m2)という数字が目に飛び込んできます。2024年は初の15という数値が観測されました。年ごとにかなりバラつきがありますがとうとう15という数字を観測されてしまい、1971年との比較をすれば、8.26%の上昇になります。莫大な太陽光エネルギーが8%代も上昇していればどんな事が起こるか?想像に容易です。

【今回は年平均で論じていますが月平均値もあります。2023年7月は22(MJ/m2)です。それはビックリの数字です。ただし7月における平均値では2001年の22.5】

実際に、夏季部活動中に意識を失い命を落とした少年少女や、重度後遺障害を負ってしまった少年少女がいらっしゃるものです。もしも日本政府やメディアが「太陽光(日射)量が上昇している時代だから注意して下さい」と、連日報道していたらどうなっていた事でしょうか?利権団体の収益と天秤にかけて「そっち」を優先する社会になってしまったのです。

本当は関係者は分かっています。「太陽光の上昇を黙っていても、大勢死ぬ訳ではない。見て見ぬふりして問題ない範疇だ」そんな風に思っている事でしょう。
 捏造する事に対して罪悪感ゼロの集団に対して、誰かが「ウソつくな!太陽光(日射)量も上昇しているだけ!ふざけんな!」大声で主張しても良いでしょう。小生はそういう人生を選びました。言い続けてやります。

ええ。関係者は皆さん絶対に分かっています。利権側は他人の命よりも利益の方が大切ですから、北朝鮮並の捏造データなどを平然と報道するのでしょう。
 太陽光(日射)量が過去最高!と、報道しても利益はゼロです。CO2人為的温暖化は本当だ!こんな風に報道すると莫大な広告費用などが生まれるのです。北朝鮮並みの捏造データだろうがバンバン報道するでしょう。

太陽光(日射)が数%も上昇(1920年代との比較ではさらに大きな数字と思われる。現在計算中)している事は本当に大変な事です。しかしそれを報道すれば「CO2人為的地球温暖化なんてウソじゃん!」猛ツッコミされてしまいます。何が何でも報道出来ない事でしょう。

なお、その他の記事で解説していますが、太陽光が変動すれば、太平洋赤道付近を主に海面水温が変動します。その海域での海面水温の変動が大気大循環に絡む事で気候変動を起こす原因になります。

【小生の個人的な思い】
CO2人為的地球温暖化、またはCO2人為的気候変動。それを本当の事だと嘘の報道を平然と行い続ける事にも問題がありますが、「否定論の一切は非科学的であり、耳を傾けるな」という、中傷的な報道もセットであることこそが大問題です。具体例をここにリンク設定しますが、嘘を正当化する為に相手方をウソつき扱いする報道を平然と行い続ける事に何か思わないのでしょうか。
 矛盾だらけのガバガバな話を本当の事のように繕うには、そんな広報戦術が必要なのでしょうが常軌を逸していると言えましょう。

徹底的と言える明らかなる捏造。そして、それを指摘してくる側をメディアなどを駆使して「否定論者は非科学者だ」「石油会社らの陰謀だ」こんな風に世間の空気を強引に変えてしまうのです。何が正義なのか・・・・

某著名人による、そのような記事の1例。「いまさら温暖化論争? 温暖化はウソだと思っている方へ」
https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/5f5df85f609bb6b5a6e9d2ee55ddcf0c8641d71e
太陽光が変動している事など、あらゆる都合の悪い事は現実逃避して、それっぽい事を縷々述べて、否定論の一切は欧米側の陰謀組織の工作との見解を真顔で吹聴しています。
 びっくりするほどの捏造を繰り返しているのにそれは無い事にして、相手方をこのように批難するのです。こんな記事を純粋な方が読んだらあっという間に信じてしまう事でしょう。洗脳的な記事とも言えます。
 否定論は筋が通っています。ですから彼ら側は個別に明確に応答する事を避けるものです。そしてぼんやりと「否定論の一切は非科学的だ。耳を傾けないで」こんなロジックで人民を洗脳して今日に至ります。おいおい・・・・乱暴すぎて絶句します。

江守正多氏出演動画その2.jpg
某氏が出演する動画「地球はもう限界」やるなら徹底しろという事でしょうか。洗脳目的である事は明らか。なお、「CO2温暖化は科学的だ」このように常に吹聴しますが具体的化学反応モデルは一切示しません。


co2-sekigaisen-uso-01.jpg
某氏の解説より。太陽光が増えている理由ですが、CO2が増幅させているとの事です。
そんな事起こるわけねーだろ!と、健常感覚では思うものですが嘘の化学反応まで持ち出しています。こんな事は本来正義に反する行為です。しかし、利権が絡んでしまえば実現してしまうのです。こんな事が許されるのでしょうか? 誰も何も言わなくなってしまったので、やりたい放題です。この図とはあくまでもCO2人為的地球温暖化の具体的な化学反応ではありません。想像図です。
 そのような場合は【想像図】と明記すべきです。先程の太陽光がほぼ無変動と主張するデータも【想像図】または【実際の観測データではありません】こんな風に正直に明記すべきです。こんな事が常態化してしまっています。

上の図版について、この件も指摘しておきましょう。
解説する文言もデタラメですが・・・・地球と太陽の位置がデタラメです。 
 よく見て下さい。太陽がとんでも無い角度に配置されていますし、そもそも地球の角度も奇妙です。際立って非常識です。真実であるかどうか?まるでコダワリがないのでしょう。

こんなデタラメな図版でも、広告費用という利益があるならばこんな酷いコンテンツでもスルーしているわけです。なんでもアリ状態です。CO2人為的地球温暖化説における最重要な説明を、こんな出鱈目な図版1枚でケロリと済ませてしまうのですから正気ではありません。

こちらも参考として
「沈みゆく島国」ツバル、実は国土が拡大していた2018年2月10日
https://www.afpbb.com/articles/-/3161922
この指摘とは、測量をしていないで当てずっぽうに発表していた事が発覚した事件でした。太陽光が変動しているか?直接観測したデータを調べないで当てずっぽうな発表をしていたわけです。常習犯と言えましょう。まともな感覚の集団とは思えません。



前回の間氷期.jpg
【こんな事もありました】
2023年。国連が主導してこんな発表をしていました。「過去12万5千年間において、2023年の夏のある日は最も暑い日になった!地球沸騰化時代だ!」
 上のデータを見て下さい。13万年前には、現代より明らかに気温が高い時代がありました。どうして12万5千年間で区切るのか?捏造のプロらしい、大変紛らわしい切り取り行為を行なっているのです。あれもこれも、こんなレベルの捏造行為を平然と行っているのがCO2人為的地球温暖化(CO2人為的気候変動)説を主張するグループです。この報道の件、清清しいほどのクズです。検証する人間なんかいないだろう。そう思っているのでしょう。この捏造的な広報戦術も驚きです。国連の名の元でやりたい放題です。

参考として・・・・このリズミカルな気温変動の周期は、太陽エネルギー放射の周期と推認されます。このような解釈に達するとあらゆる科学データを統一的な原理において噛み合う事になります。

なお、現代では、今日一日の地球の平均気温を測定できるようになりつつあります。しかし12万5千年前頃の、ある夏の日の平均気温を復元できません。
 現代は分かるにせよ過去の事は分からないのに、どうして「今年の夏のある日は過去最高」そんな表現で広報してしまうのか?あまりにもウソつき過ぎて唖然とするしかありません。なおかつ、太陽光が上昇し続けてきた時代である事も捏造して隠しているのです。何がなんだかです。

専門家にすれば数秒で分かるウソを強引に報道。そして異論が湧き出てくれば「石油会社の陰謀だ」「否定論の一切は非科学的」こんなデタラメな嘘でとぼけ続けるのです。呆れさせて何も言わなくさせようとの思いもあるのでしょうか?もしくは・・・・アスペルガー障害の学者集団なのでしょうか?もしもこの考察が正しければ・・・・悪意がないにせよ絶望的に適性が無い集団が世界中の足を引っ張り続けている事になります。


──────────────────────────────────
★2021年7月21日
この記事を公開開始したのは2016年・・・・5年前!まじか!まじだ!
あっという間という事はありませんが、その後太陽活動と気候の研究を本格的に開始して(2017年11月21日より)、太陽系の基礎的理解を大幅に更新する事になろうとは想像すらしていなかったものです。
この記事の温度計を撮影した瞬間の事を鮮明に覚えています。東京オリンピック開催があと四年か~なんて考えていたような。その夏はレゴテクニックの海洋調査船を組み立てながらブラジルオリンピックを視聴していた記憶があります。
(このカッコ内の追記は2023年6月23日。2016年に太陽光に関するこんな啓発記事を公開していました。この画像を撮影した瞬間の事はよく覚えています。この日よりも後に本格研究を開始して最新では太陽風と太陽光の時間差に関する発見を発表させて頂きました。この冒険のスタート地点がこの撮影をした瞬間だったような気が・・・・世界も自分も大激動だったその瞬間から2023年までの日々)

──────────────────────────────────
メッセージを残しておきます。

2024年5月29日に執筆しています。

気象庁さんは、長期予報にて今夏は猛暑との予測を発表しています。
もぐらのもぐ気候変動パネルは、結果として、いわゆる地上の天気というのは、東北地方太平洋沿岸部、東日本の一部地域では、梅雨入りが早く、梅雨明けが遅い年になると見立ています。

太陽エネルギーによる大気大循環への影響を踏まえたうえで・・・・梅雨明けが早く、梅雨上げが遅い年になると予測しています。長い梅雨の間には突然天気が良い日を挟み、そんな日は梅雨前線より南側では極端な熱波となるのでは?
 太陽光量が多い時期にあり、太平洋赤道方面での海面水温の過熱が原因となり、梅雨前線付近でのエネルギー開放が多くなり、結果として線状降水帯の発生および豪雨量の増加が起こるのでは?

太陽風プラズマの放射量が高い時期にあります。極循環つまり高緯度方面の圏界面に干渉する事となり、日本の北海道東方からカムチャツカ半島のあたりにオホーツク海高気圧が留まりがちとなり、いわゆるヤマセが吹いて涼しい日が度々発生する事になるのでは?

大気大循環の3大要素については当サイトで解説し始めていますが、どうやらそれは気象予報士の国家試験では出題されない要素の模様です。しかし、もぐらのもぐ的にはそこを明確にしないと天気予報は本質的なところで外すように思います。

nice!(27)  コメント(0) 

無事に帰宅しました。 [まじめな話系]

【分析開始から満6年】
一言メッセージ
もぐらのもぐ気候変動パネルは、2023年11月21日にて、分析開始から6周年を迎えました。
このメッセージは12時02分にタイピングしています。

6年前の11月21日においては、6年後にこんな活動に発展するとは思っていませんでした。

昨日も某所に向かい話を詰めてきました。本日はそれをあれして、明日にはあれになるかと思います。

今思えば筆者の人生らしい展開です。

このような行動に辿りつく運命にあったのでしょうね。

もぐらのもぐの物語。
ここから先は第二章になるのだと思います。純粋な心こそが世界を変えると信じて、勇気を持って立ち上がりたいと思います。

純粋な心が何かを変える世界でなければならないのです。

正式な報告は、もう少々お待ちくださいませ。

────────────────────────────────────────


こちらの記事は2019年10月26日に公開していた記事です.
少し振り返ってみましょう.






今日は埼玉県日高市の国際医療センターに初めて行ってきました。

人生で初めてお会いする事となる『あるお方』のお見舞いです。

当初は僕としてはお断りさせて頂いていたのですが、一連の発表をしている人がどんな人物か?知っておきたいという事で、では、僕の人生で一回だけそのようなご要望にお応えしようという事で病棟にお伺いさせて頂きました。

一連の発表とはこの件です。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2020-taiyou-katsudou-entry-matome

mogu-matome-fig-2022-0827-t1-b-jp.jpg


国際医療センター。主にはがん治療の最前線となる病院です。大きな病院です。一階に放射線治療施設があるなど、一般的な病院とは異なる空気感です。全てのスタッフさんを集めれば1000人以上と思われます。みなさんテキパキと仕事をこなされていました。本当にお疲れ様です。
 山の上に毅然とそびえ立つ病院が開院されて以降、春夏秋冬、365日、24時間、台風が来ようと大震災が発生しようと、1秒たりともストップする事無く続いているわけです。本当にすごい事です。繰り返してしまいますが全てのスタッフさん、本当に日々お疲れ様です。そしてこれからもよろしくお願いします。そんな思いが込み上げてきてしまいました。

まずはC棟(メインビル)に入りトイレに向かおうと正面吹き抜けの裏側に回ったらそこから先は放射線治療室などが並ぶがん治療の最前線の空間。そして車椅子に掛けた今まさにがんと戦われている旦那さんと付き添う奥様がそちらに向かわれているご様子で、今この記事をお目通しくださっている皆さんは基本的にはご健康だと思いますが、今この瞬間にもがんと闘病されている方がいらっしゃる事は事実であり、今ご闘病なされている方の完治を祈りましょう。

この世界は自分だけが生きている訳ではない、みんなで支え合って生きているんだ・・・・・健康な時に忘れがちな事を、この記事を通してハッと気づいて下されば幸いです。
 楽天三木谷氏ら民間のグループの活動をよく知り、支援できることがあればする。そんな事を日々心がけたいものです。

さて。

初めてお伺いし・・・・僕は人見知りが激しく、初対面で仲良くおしゃべりできるか・・・・とにかくお伺いはしますという事で行ってきました。

もしも・・・・実は海外に暮らしているというのであれば道中の全ての旅費を負担させて頂きますし、状況によっては例えば運転手がお迎えにお伺いしても良い。とのお言葉に本気さというか、会わねばならないという気持ちになりました。 

僕の本職は経営企画業。科学分野の職ではありません。ですから常に無意識的にビジネス的感覚で思考してしまうものです。交通費・・・・実は必ず発生するものです。最近では呼びつけておいて大した用事でなく、なおかつ交通費を負担しましょうか?なんてそんな事を切り出す事すらできない会社さんが少なくはありません。大多数です。お育ちの良い女性経営者さんの会社では(主観による)、実際の交通費以上のお金を封筒に入れて準備してあり「いいですいいです」と固辞しても「いいえ。これまで来社された全ての方にお渡ししています」と、先の先まで読んで、こちらが次回以降もお伺いし易い状況を作って下さいます。それじゃあ次回お伺いする時はよりベストを尽くそう・・・・プラスのループが始まります。※僕が勝手にお伺いしている会社さんはこのこの限りでなく

最初のメールでそこから切り出して下さっていた事から、お会いしても大丈夫な方であろうと考えました。プラスのループで周囲を回している方であろう・・・・(ただし人見知りの僕には腰が重くなりがだったという事)
 自宅から国際医療センターは渋滞していなければ1時間程度。本当に遠い距離であれば運転手さんに迎えに来ていただく事をお願いしてしまったかもしれませんが、お気持ちだけで十分ですという事で自分で運転して向かいました。搭乗タイプのドローンがあり真っ直ぐ向かう事ができれば10分程度の距離なのでしょうか・・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お会いできればそれでけでよい。とのご意向である事は代理人さんからお聞きしておりました。僕側は何も用意しないで良いとの事・・・・僕の顔を知らないけれども、どんな性格か?おおよその事を読んでいたのでしょう。僕が嫌がるであろう事は先読みで解消して下さります。

僕側はこう考えていました。総合的な教養というものは僕は絶対にかなわないお方。僕は並み以下の教養である事を見抜かれるであろう。だから僕は自然体で行こう。恥なら毎日かいていますし、僕は自分がおBAKAさんである事を知っています。
「期待しているほどの人間ではないかと・・・・暇つぶしにはなるかもしれませんが・・・・・」それは何度もお伝えさせて頂いておりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 

子供だけの水遊びを法律で禁止するべき? [まじめな話系]

2017年7月23日に公開していた記事です。
大変重い内容ですが筆者の体験です。
参考としてどうぞ。今回の事故がこういう話だと言いたい訳ではなく思っているわけではありません。
無理に川や海に行かなくて良いはずです。人間は水棲動物ではありません。

───────────────────────────

意図的にタイトルを大袈裟にしてみました。

筆者は小学校の時に同級生と二人で川遊びに出かけた事がありました。
その同級生は衝動的。常に怪我しており他人も怪我をさせるタイプ。大人になったら四六時中事故を起こしていた話は聞いています。

正しくは川遊びに出かけた訳ではないのですがそのような展開になってしまったのです。最初は数人いたのですが気づくと二人に。そして川に。※「川に行こうぜ!」そう言い出したのは彼でした。

川に到着して間もなく・・・・なんと・・・・・彼が筆者を川に向って押してきたのです。しかも背中側から押してきました。何が起こったのか分からない状況です。突然押されたら本当に危ない。殺そうとしてると思われても仕方ないくらいの状況でした。そもそもどうしてそんな事をするのかという・・・・

心の準備が出来る間もなく川に落ちました。しかしちょうど運よく釣りをしているオジサンが猛ダッシュで来てくれて最悪な結果にはならずに済みましたが、もしもあのオジサンがいなければ溺死していたでしょう。オジサンは彼の行動に不安を感じており、いつでも走れる準備をしていたと、筆者の両親がお礼を伝えに伺った際に語ってくれたそうです。オジサンが車で僕を家まで送ってくれたのです。すごく優しいオジサンでした。

彼は四六時中失敗しては他人のせいにしており全く反省しないタイプだったので、その時も全く謝罪はないしむしろ笑っていましたし、仮に筆者が溺死したら『いきなり落ちた』なんて証言をされて筆者はただのウッカリさんだったという事で終わってしまっていたでしょう。
※当時の事ですがそのおじさんは彼にキツくゲンコツをくれていた。

学校で落ち着きなく常にふらふらしてしまう、約束を守れない、謝罪出来ない、思いやりといった人の心を持っていない。そんなタイプです。大人になってからはギャンブルで借金を重ねて他人の私物を勝手に売ってしまうなど当たり前。

今回お話したエピソードは極端ですが、それ以来筆者は水の事故を聞くたびにあの夏の日の出来事を思い出すのです。子供だけの水遊びの事故で、衝動的な注意人物による迂闊な行動から事故が発生するも真相が発覚していないケースがあるのではないか・・・・・思うものです。

すごく怖い話をしていますよね。でも、実体験の話です。

子供だけの水遊びは法律で禁じてしまえばいいのに、と極論に走ってしまう事があります(脳内だけでですが)。補導案件として処理。これだけでだいぶ水の事故が減るはずです。

大人の監視なくそれをさせる事は大変危険です。大人の中にだって滝壺などに飛び込んで溺死してしまうくらいなのですから子供だけの水遊びなんて危険すぎます。

筆者の体験が今夏の水の事故を減らす切っ掛けになれば幸いです。子育てパパさんやママさんに書き残しておきます。

筆者が親ならそもそも水遊びを絶対にさせません。自分が見守っている状況でも命を絶対に救える装備を準備していなければ遊ばせません。

筆者はサーフィン経験がありますが、水辺のレジャーがどれだけ危険か知っています。夏の海で毎年のように事故が発生しているのを見ると、何も無理に海や川で遊ばなければ良いのに。と思います。
 実際にご両親がお子さんの名を叫んでいるシーンを見かけた事もありました(ぐったりしたお子さんを前に・救急車のサイレンの音が聞こえていた)。サーフィンは春夏秋冬海へ通うわけですが夏の海は事故が多いので他の季節の海が好きだったものです。

海に行っても景色を楽しむに止め海に入らないという選択肢もあります。
海に入らなくても人間は死なないのですから。
海に入らなかった事で就職で不利になる事もふつう無いでしょう。

周囲に大人がいても事故発生となれば必ず救えるとは限りません。ですから子供だけでの水遊びについて真剣に考えるべきだと思います。
 浮力が高いサーフィン用のロングボードを数枚身近に起きながら見守り、ライフジャケットを必ず着用していても死亡事故がゼロになるとは思えませんが、そんなものを準備して遊んでいますか?しかしその備品が身近にあっても100%事故を防ぐ事は出来ないのです。無いとなれば死のうと思って遊んでいるとしか思えないわけです。
 子供だけの水遊びは事故死の可能性が非常に高く、川や海に近づいただけでもめちゃめちゃ叱るくらいの社会でないとダメです。

想像力が足りなく非常識な子どもが事実としているもの。そんな子と海や川へ行くなどどんだけ危険な事か・・・・そう思う大人がここにいます。

そういえば・・・・そんな彼が数年前にバイク事故を起こしたと聞いていました。思い出しました。
オフロードバイクを乗車中(ヘルメットをテキトーに装着していた)、電車の踏切でアクセルを大雑把に開けてしまいタイヤが滑って大転倒。ヘルメットは飛んでいってしまい顔面を大怪我したとの事。バカですね。幸い巻き込まれた人はいなかったとの事。

追記・こんな情報も入ってきました
バイト先で出会った女子がクルマを運転中。信号で停止中に彼が唐突に女子に抱きついたとの事。女子はビックリしてしまいアクセルを踏むこととなり(ATだったんでしょうね)追突事故を起こしてしまったそうです。本人が語っていたのを僕の親友が聞いていました。そんな事まであったんだ・・・・。しかも反省している様子はなかったとの事。

車検が切れたバイクを乗り回し、なおかつ大型バイクの免許を取得していないのに大型バイクを購入して乗り回していました。将来そんな人間になる子供が実存していたのです。そんな奴が子供の頃に同級生を川に突き落としていたのです。さて・・・・そんな事がこの日本で筆者の体験一回だったと言えるのでしょうか?これから起こらないと言えるのでしょうか?

水の事故は故意的に起こったケースが少なからずある事でしょう。本当に気をつけてくださいませ。

『人選』は常に問われます。科学研究に関わらずです、

nice!(10)  コメント(2) 

ヤバイ!本当かよ!! [まじめな話系]

※この記事は1週間程度で削除します。Niceボタンなどは設置しません。(内容がアレなので・・・・)


昨日から公開し始めたもぐらのもぐチームが投稿している動画。
上のリンク設定は新着です。

ネタバレしてしまいますが・・・・地球のCO2が太陽活動を上昇させている!と、皮肉たっぷりにイジっているBAKA動画です。
「そんなワケねーから!」ギャハハッ・・・・こんな動画です。

しかしですね・・・・
昨晩から筆者のところに2通のメールが届きました。

〝地球のCO2は太陽活動に影響を与えていない〟
〝このデータとこのデータには開きがある〟
〝相関性が薄いポイントがある〟

こんな事を真顔で指摘して批判しているし、激しく怒っている態度なのです。

えーと・・・・・

〝この動画の空気感〟を読めていないと思います。フツーはこの動画は変な笑いが込み上げてくるネタ系動画なのです。実際に英語版では外人さんが〝馬鹿馬鹿しい〟とコメントしてくださっていますがそれで当然なのですw

あのさあ・・・・・〝ほら〟・・・・・地球のCOが増えて太陽活動が上昇するなんて言い出す動画があったらバwカwスwとかなんとか笑うシーンだと思います。
 クソマジメに変な方程式とか変なデータを持ち出して訳の分からない事を激しく怒りながら指摘する人の方がBAKAですよ・・・・・

オープニングで「MPCC」という組織を自称しているでしょう?その時点で「この動画来るやつだ!(バカ動画だ!)」と、暗に匂わせている訳でそこで意思疎通が出来ていない時点で・・・・

気候変動の分野にいらっしゃる皆さん全てが〝そんな感じ〟とは思いませんが、しかしながら少なくはないですよねえ・・・・・・

なんにせよ、激しく怒る前に知人友人(家族以外。家族は同じDNAなのでダメ)に〝この動画ってガチキレしていいの?それともガチキレすると周囲にバカにされる感じのアレ?〟と、聞いて回ってくださいよ。「空気読めない人?」そう言われてしまうでしょう。

率直に指摘しておきますが、アスペルガー(DSM-Ⅳ)と定義される皆さんは冗談を理解できない、お笑い番組を理解できない・・・・さらには・・・・冗談を言えない。冗談という概念を理解出来ない・・・・それは典型的な症状ですが・・・・そういう話ですよ。率直に指摘しておきますが。

というワケで・・・・・とりあえずこのまま様子を見ましょう。そしてそういう方が多いようでしたら何か策を講じます。

この動画における〝そういう反応〟は何かを示唆しています。かといって世界から冗談を無くすわけにはいきません。何か策を講じましょう。とりあえず静観です。

そうか・・・情報バリアフリーという観点でフォローしておきましょう。
YouTubeはCO2人為的地球温暖化説に懐疑的な動画はペナルティがあるものです。中世のキリスト教会のような状況ですw
 グーグルやYouTubeは中世のキリスト教会にように強引にデタラメ情報でも強制してくる訳です。そこでCO2人為的地球温暖化説の盲信者として潜入して、とんでもない事実(データ)を突きつけている訳です。
 こんな事をフォローされなくても大多数の皆さんは一瞬のうちに動画の雰囲気から掴める訳です。「あ!そういう動画ね!」と。
 そこで「地球のCO2が太陽活動を上昇させるわけがない!」などと噛み付く人は臨床心理検査(アスペルガー傾向を探る)を受けてきた方が良いでしょう。
 これは事実ですがテレビ局には番組放送後に首を傾げるクレームが一定数入るそうです。番組の意図を全く理解出来ないで的外れな事を主張して激昂しているそうです。まずは自分の理解がエキセントリックな可能性を疑ってみるべきでしょう。


もう一歩踏み込んだフォロー
法学では〝合理的な疑いを超える程度の証明〟という概念があります。その概念を違う方向から捉えた動画になる訳です。言うなれば〝合理的な疑いを全く超えない程度の証明〟です。

そして〝そこを笑う〟のが適切な反応です。さらには〝ハッ〟と気付くのです。あれ?CO2人為的温暖化説は〝合理的な疑いを全く超えない程度の証明〟だったのか!と。

地球のCO2が太陽活動を上昇させるなど到底ありえない訳で、そんな事をいちいち激昂しながら撤回させようとする方がKURU-KURU-PAです。
 地球のCO2が太陽活動を上昇させていないとなれば、反射効(法学用語)的に、太陽活動が地球の気温とCO2を上昇させている事を確定させる・・・・キレ味鋭いツッコミ動画です。今の時代にはこの表現がベストでしょう。全体的にはCO2人為的地球温暖化をPRしています。全力で肯定しているフリをしている訳です。最大限にバカにしているわけです。YouTubeのAIはそれを肯定的な態度と受け取っているのですw肯定的な態度と受け止めると補足情報を勝手に表示させてきますw こういうやり方もあるのだと示せたと思います。

将棋で言えば王手をかけておいて「次の一手を好きに打っていいよ」とポーカーフェイスで伝えているような状況です。「その2」動画はこんな内容を突きつけてられてケロリとしている人間の神経が疑われる訳です。このツッコミをどうして誰も行っていなかったのか?不思議です。本来の正しい科学データ利用法を示しています。もしも、もぐらのもぐが数十億人に一人の才能を持っているのであれば「こんな事を示して当たり前」と発言する事を控えないとなりませんが・・・・・

地球のCO2が太陽活動を上昇させている!と、そこをアピールした動画ではないのですが・・・・こんな事をフォローされないと分からないのですからそんな人々の周囲の人は大変ですよね〜。ご本人は日々他人と衝突していませんか?

ただし筆者は〝その問題〟を直視して付き合っています。疲れますけどね。冗談が通じない人々がいて、そんな人々が絡んできている事を分かっています。

そういう社会の前提を理解を出来ていないと心が持たないでしょうね・・・・・本当に大変な時代です。
気候変動分野でもぐらのもぐが頭角を現し始めたのは当然のことだったのかもです・・・・・・・・

この分野は本当にアレですね・・・・・・・・・健常感覚の学生さんは受難の時代ですね・・・・・・そりゃまあ愚痴のメールが届くことになりますわ・・・・


真面目な話】IKEAのアジア人差別? [まじめな話系]





こんなニュースが。

【参考】
新型コロナウイルス感染拡大で見えた、欧米社会の根深いアジア人差別 橋下氏「強い思いで教育を」
3/10(火) 10:04配信 AbemaTIMES
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00010007-abema-soci
asia-sabetsu.jpg
僕はある企業のドイツ本社のブレーンとして仕事をしていた時期があり、欧州の差別はよく知っているつもりです。

※以降は近日リライトします。疲れたのでリライトする気力が湧かず。主張の骨子は変わりません。
※筆者の分析力は他のエントリで確認して頂くとして・・・・IKEAが訪問があった日にテーブルの上から私物が無くなっていました。その後IKEAに記録郵便で連絡しても返信が一切無い事もあり、不審な事が続いています。その私物をIKEA社員が持ち去った証拠はありませんし、そうだと断定し決め付けるわけではありませんが、その後一切連絡が無い事も踏まえると?
 なんにせよ甚だ感覚が異なる企業の様子です。その無くなったものとはある書類なのです。その書類さえなければ訴訟すら起こせないとたかを括っているのか?無くても実際のところ問題はないのですが、書類とクリップが無くなっていました。そんな書類を当日に空き巣に入って持っていく者がいるのでしょうか?(この追記は2020年7月29日に行ないました。これまでこの核心的事実は敢えて公表していませんでしたが、一切連絡が無いことから疑う気持ちが一歩前進した形です。)



さて。

IKEA。
スウェーデンの企業。

そのイケア・ジャパンのミスで起こった被害です。
みなさんも他人事ではない事故なのでここにて公開しておこうと思います。
配送トラブルで揉めたら大変な事になります。


約30キロもある、かつ、パイン材が満載されたダンボールを2箱、
角を急角度で立てながら床(無垢材)の上を引きずって納品していった。
深い傷が残ってしまった。修復は不可能。
金額がそれなりになってしまうのが気に入らないのか、ある日から連絡が途絶え、
記録郵便で連絡しても返事がない。
イケア・ジャパンは日本人スタッフが基本。
日本人スタッフが本社にコンタクトしたところで連絡が途絶えている状況。
欧州のアジア人差別が根強いことは僕は知っていて、連絡がないなど非常識。どうしてだ?
アジア人差別か?家を破損して無視はどういう事だと抗議するも連絡がない。
つまり差別している事に対してくらい否定があってもいい。でもそれすらない。
誠意云々以前の問題です。

事故日2019年10月1日。2020年3月10日現在連絡なし・・・・

無視はどうかと。かなりのストレスだと。とにかく連絡はしてほしい。そのように明記もして記録付き郵便で抗議するも返事がなく。考えてもみればストレスを感じて当然です。しかし無視を決め込むのです。
無視を決め込んでいて良い事はありません。この日本では大手企業でそんな対応は起こりえません。イケアはアジア人差別の感情から無視を指示しているのでしょうか?例えばですが、イギリス王室の関係者に同じことをしてしまったら無視をしないでしょう。日本人の一般人だから無視しても企業イメージを損なうことになどならない。そういう思いがあることは否定できないと思うのです。


続きを読む


日常に復帰 [まじめな話系]




本当に現代の日本は困ったものです。

しかし変革へと向かっていることもあり
そして変革しようとしている現場で奮闘してくださっている熱い人もいらっしゃる。

プライベートで色々あって研究がかなり遅れてしまいましたが、
本業の経営企画業を粛々と進めつつ
研究も進めていきますね。

今回は周囲のビジネスパートナーさんが理解して下さり多くのことを許容して下さっていますが
しっかりしていない組織が周囲に迷惑を掛けることになり
結果として自分以外の法人なり企業に迷惑を掛けることになるワケで
業務標準化であったり、コミュニケーションの規則化など
しっかりしていただきたいものです。

太陽と気候の研究は我々日本人が大きくリードしています。このリードを守りきって
おおよその最重要ポイントをすべて指摘しておくべきです。
日本人の研究者がいかに有能だったのか
歴史に残しましょう。この研究は100年以上の歴史があり多くの人が関わってきました。
もぐらのもぐチームはフォワードとしてゴールを決める役を神様から授かったのでしょう。

発表が遅れていますが多くの貴重な発見を溜め込んでいます。

結論を言えば宇宙は無情。
そういう時空間に生きている自覚をもつべき段階に人類はあるのでしょう。
だからこそ・・・・・

命を大切に。
この宇宙の中でどんだけ命が尊いものなのか。

みんなで助け合いましょう。



体調が悪いので検査にいったら [まじめな話系]

★ご注意★
※コロナでこの記事のアクセス数が急増しています。(2020.11月末現在)
※この記事自体は2019年12月17日に公開しています。
※変な風邪に掛かった後に体の免疫力が落ちたのか?続けて良性腫瘍になった内容です。
※今思い返してみると、変な風邪とは何だったのか?その後の体重の激減や一時期は確かに髪の毛が抜けていた時期など後遺症的なものがありました。体重の激減は結局は翌年まで続き10キロほど痩せました。今ではそこから4キロ戻していますが摩訶不思議な体験をしていました。それがコロナだったのかは今となっては分かりません。
※その変な風邪が発症する直前にIKEAの日本支社の従業員さんと会談していました。IKEAの中でそういうのが流行っていなければ何の関係も無いでしょう。

──────────────────────────────────────────


なんと・・・・体重が6キロも低下していました。まじか。

11月に良性の腫瘍が発生し約4週間ほど闘病していて
それから復帰して何か調子がすぐれないなと思っていましたが・・・・
そういえば顔が痩せています。

色々と検査してきたのでとりあえず安静に過ごすこととします。

もしも急死するような事があったら大変なので、
重要な事実を発表しておかないとですね。

通常ありえない人生を送ってきた僕は、まあ、死は仕方がないと割り切っています。
皆さんも本音では僕が仮に急死しても、ああ、やっぱ人間の限界を超えたか、と思う程度で悲痛な印象を持つことはないでしょう。

しかしここ数週間に閃いている事を世間に公表しなければという使命感的な思いがあります。

アインシュタインやノイマン博士は凄いですよね。僕は研究を開始し明らかに弱りました。
所詮は凡人。真の天才には遠く及びません。猿とさほど変わらないレベルの僕が無理をすれば命を消耗するのでしょう。宇宙の果てを解明したかったけど、それは肉体的に限界を迎える挑戦なのか。
まあでもしょうがない。所詮は凡人。天才と凡人ではプラットホームがすでに違うんだな


【追記12月19日】
ある自治体の公営の施設さんにて僕が作った木工玩具を販売して頂いていましたが、しばらくは作れないかもしれない・・・・と思われ、毎年恒例の年度末のご挨拶にお伺いしながら、出品を終了するお話をさせて頂きました。「またいつでも戻ってきてくださいネ」と・・・・一度引き揚げたらもう二度とご縁がなくなると思っていたら、気さくにそんな事を切り出してくださいました。ここ数年ほど本格的に活動していなかったのですが、お買い上げ下さった皆様、そして施設さんにあらためて感謝です。これが終活ってものになってしまうのか分かりませんが、この世界にご縁があれば、また出品させて頂きたいと思っています。

あ、そうそう。以降は日記的な更新はしません。太陽活動と気候の研究の件を追記なり更新なりをし続けます。僕のダラダラした日々などどうでもいい事。そんな事はどうでもいい。とにかく前へ進みましょう。という訳で、新規エントリを公開するよりも過去に公開した発表をブラッシュアップするなど発表している内容をより高める事に務めましょう。







撮影など無用な外出厳禁だよ~! [まじめな話系]

えっとですねこんな大水害があったことを知っていますか?

埼玉県公式サイト内に明治43年の大水害での被災地情報があります。
https://www.pref.saitama.lg.jp/a1007/kasen/tikeitorekishi.html

http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/arajo00035.html
荒川上流河川事務所

明治43年の大水害
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%B2%BB43%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%B0%B4%E5%AE%B3

リードを引用
「明治43年の大水害(めいじ43ねんのだいすいがい)は、明治43年(1910年)8月に東日本の1府15県を襲った大水害である。梅雨前線と2つの台風が重なったことから豪雨により河川が氾濫し、関東だけで死者769人、行方不明者78人、家屋全壊・流出約5000戸を数え、東京府だけでも約150万人が被災する大惨事となった」

条件は異なりますが今回の台風はそれなりに大きなものです。
畑や川を見に行ったり、SNSにアップするために撮影しにいったりしないようにしよう。
おそらくはそういう衝動的な行動に走る人は周囲がしっかり見守っていてあげないと
ダメでしょう。ですから危なさそうなオトモダチがいたら止めてあげてくださいね。


公共エントリ OKサインはダメなんだってさ [まじめな話系]

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/ok-13.php
指でよくやるOKのサイン。今後は差別になるそうです。
上記記事をご覧ください。記念撮影など気が緩みやすいシーンで注意。
海外旅行中は尚更の事注意です。悪気がなくとも面倒な事に発展し兼ねません。
日本ではOKサインがそれなりに定着しているので気を付けないとですね。
OKサインが差別に当たるという事実は日本においては社会通念的理解にまで
広まっていません。周囲の人に教えてあげるといいかも

こんなニュースもどうぞ
https://www.excite.co.jp/news/article/Otakuma_650353/
救急車両が来た時に『ハザード』を
救急車両の運転手さんに対し、『譲ります』という意思を明確に表示するために『ハザード』を出すと、運転手さんは『譲ってくれた』と判断しやすく、救急搬送などが効率化するそうです。僕は必ずそのようにする習慣がつきました。


最近まちがってる [まじめな話系]

最近周囲の人が気持ち悪いです。

握手して下さいとか

子供の名前つけて下さいとか
僕が描いた絵やラフを売って下さいとか
妊婦さんであればおなかをナデて下さいとか

なんだか特別扱いされていて・・・なにか間違ってます・・・・@@,

お断りさせて頂きましたがある家庭のお子さんの想像力を高めるために
週に一回なり家庭教師的に遊ぶ時間に付き添ってあげてほしいとか、
まあ、僕の周囲は会社経営者さんが多いのでそういうヘンテコリンな話まで舞い込んでいます。
※いずれの形にせよ収入を増やしてあげたいとの思いからのことかもと思うのですが・・・・

しかし・・・・
そんな事は僕には無理です。なぜなら僕はアントニオ猪木氏の名言

『BAKAになれ!』

を極めた結果今がある人なので僕がナデナデした胎児ちゃんや
僕が想像力を引き出した幼児はBAKAになってしまいますよ
僕と握手なんてしたらBAKAが染りますよ。

現在進行中の結果はBAKAを極めた結果なのです。

僕は雑に扱われる事に慣れており雑に扱われた方が気が楽です。
先日は某盆栽園さんに仙台の超有名盆栽士さんがちょうど訪れ
なぜか丁稚と勘違いされ雑に扱われました。その状況を楽しんでしまいました。
しかも丁稚奉公の挙句、あのお方と握手すると良いという展開になり握手させて頂きました。
ありがとうございますと深々とお礼を言わさせて頂きました。後で思い出すと笑ってしまいます。
完全に丁稚です。
そういう時、大人の男性はふつう激怒するでしょうが、僕は敢えて最後まで丁稚を演じて
ご機嫌様で有名盆栽士さんに地元に戻って頂きました。
※いつかネタに使える。『俺っちあのジイチャンに丁稚に間違われてそのまま丁稚奉公したことあるぜ~!』とかね。

その時丁稚を演じながらふと思ったのです。
ああ、僕は一生こういうポジションでいいんだなと。
誰かを雑に扱うようなポジションになったら僕の人生では
それは自分の死を意味していると。もちろんそういう役の人はいていいのです。
けれども僕は、永遠のチャレンジャー、永遠の丁稚、永遠の初心者でいいのかなと。

持ち上げられるとか気持ち悪いし所詮は人間ですから常にBAKAをやってしまう訳です。
なのに神様扱いされ始め、それに乗って神様的に振るまい始めたら、永遠にチャレンジャーでいたい僕は死んだも同然です。一回しかない人生だからこそ最後までチャレンジャーでいたいし、
雑に扱われていていいと思っています。

持ち上げられたとしても・・・・そう思って下さった事には心から感謝しつつも
絶対にそれに乗ってはいけない。乗った瞬間から質の悪いBAKAになってしまう・・・・

給料無しで丁稚奉公に行く事が年に数度以上あります。
給料がなくともアクセル全開で仕事を頑張る。手抜き言い訳なし。
そういう厳しい事を自分に課しているのでなおさら持ち上げられる事は気持ち悪いですね~。
自分をイジめるのが好きなのでしょうか。なぜそうするか?僕なりの社会奉仕でしょうか?

研究はその具体例ですね。予算利益ゼロ円でもアクセル全開。それは僕のそういう思想から始まっているのでしょう。

そういえば何度か聞かれました。利益ゼロでなんでそんなに集中を維持できるのか?と。
よほど雑に扱われる環境に慣れているのでしょう。
もしくは・・・・むしろそうう状況だからこそ完全燃焼できるタイプかもです。
ヒーロー願望的なものもあるかもしれません。僕の思うヒーローとは
そういう感じかもです。

自己アピールすると僕は言い訳をいわないタイプです。
他人のミスを自分のミスだったとして考えるタイプです。
自分の失敗を人のせいにした事はありません。
『あいつが~』なんていった事が無い。常に『あのときああすれば・・・・』
そう振り返るタイプです。常に成長を意識してしまうタイプです。

というわけで、ふつうに接してください。
基本的には温厚です。



前の10件 | - まじめな話系 ブログトップ