もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
SSブログ
盆栽のはなし ブログトップ
前の10件 | -

BON BON BON 盆栽 BON♪ [盆栽のはなし]




nihon-seihu-kouou-ad.jpg

今年も早いもので・・・・と言いたいところですが・・・・・

思い返してみると人生の中で最も長く感じる1年でした。
やっとクリスマスか・・・・2020年の春が遠い昔の事のように感じます。
今年になり盆栽に関する更新は二度目でしょうか?更新自体は少なかったのですが、培養している各盆栽とじっくり向き合っていました。更新する時間があるのなら、じっくり眺めて剪定するなどしておりました。

※画像撮影は面倒なので今年はなし!にゃっはっは♪

続きを読む


nice!(11) 

【平穏を祈って】盆栽コレクション2020 [盆栽のはなし]




※このページの盆栽画像はじわじわと追記していきます。少し間を空けてまたアクセスして下さると新盆栽が公開されているかもしれません。

robiraki-2020-03-18.jpg
2020年3月18日ツバキ開花。品種:炉開き

みなさん、こんにちは。

先に謝罪から・・・・もぐらのもぐ公式サイトのURLが変更になりましたが、新URLでメールアドレスを設定していませんでした・・・URL変更から約一か月が過ぎましたが、すみません・・・・みなさんに心配を掛けさせてしまっていました。

特に盆栽家は丁寧な方が多く「記事見ました」「素敵です」とメールでわざわざご感想を送信して下さるもので、私のミスで丁寧にタイピングしたメールが届かずにいらっしゃったアクセス者さん、すみません。数日内に新アドレスを設定し公表させて頂きます。本当に申し訳ございませんでした。そういえばここ一か月ほど皆さんからメールが来なくて心配していました・・・・@@,

さて。仕切り直します。

今日から一週間くらいの間、『樹に関する会社さん』の仕事をゴソゴソと進めています。長いアクセス者さんであれば『あ、あの老舗の会社さんね』とお分かりかと思います。新コミュニケーション企画を投じる予定です。
 いつもの通り、デスクに何時間も座っていればよいわけでなく、閃きこそが大事であり、閃きがなければまったく進みません。散歩に行こうにも先天性の肺疾患がある僕は外に出辛い・・・・という訳で、盆栽を撮影してみたり、植え替えしてみたりして、ストレス解消し、閃きを連発しようかと思いました。

銘樹的な盆栽は40鉢くらいでしょうか・・・・実生から数年の、盆栽と呼ぶべき段階か分からないものがさらに数十鉢あります。その中から気分でセレクトしたものを紹介します。


では、トップバッター。矢島清芳園さん曰く『例えるならツチノコ。それくらいのレア盆栽。正直、お譲りしたくない・・・・本音ですよ。』プロの盆栽士さんがそう仰るクラスの小品盆栽。ツクモケヤキの盆栽が少ないという事。そしてこの性。ゼロから育てる事は大変ですが、挿し木してこの子のクローンを周囲に拡散し始めようかな?

※画像はタップもしくはクリックで拡大表示されます。

『樹種・ツクモケヤキ・樹齢20年以上と推認』
tsukumo-keyaki-2019-02-21.jpg
※寒樹の姿も素敵ですが葉が生い茂ってもまた素敵です。

鉢が訳ありサイズが合っていません。少し大きいです。昨年に緊急的にこの鉢に移していました。
撮影後にこの鉢から抜く事になりますが、大正時代に制作されたデッドストック品の鉢になります。作家さんの落款がありますが有名な方ではないも、味のある作風で大変気に入っています。この鉢の土の量を調整してこの鉢でもいいのかな~。

バランスに優れた仕立てをされており、面倒自体はすごく楽です。この子が勝手に美しい樹形に向かってくれるのです。ツクモケヤキは学術名である通りケヤキの一種です。一般種よりも葉がより薄く、それゆえ繊細な印象ですが日差しにより弱いので寒冷紗が必須です。当然ですけどね。

この子はアクセス者さんから「ぜひ・・・・譲って下さい・・・・」とメール下さること3度。そのうちお一人のアクセス者さんが太陽活動の研究の支援にも・・・・と腰が抜けるような価格を提示して下さった事がありまして、研究者は貧乏なものですが、やはり研究者は中世のように支援者に助けられないとやっていけないのでしょう。僕はあまりにもビックリしてしまい少なくとも、もうしばらくは僕が可愛がってあげたいとの事で、以降はたびたびメール交換させて頂いています。

なんにせよ、研究者というものは、結果を出してネットに公開しておくべき。助けを期待していてはいけませんが、必ずしもみんなが冷たい訳でなくこの広い世界には必ずや味方がいるという事・・・・応援は言葉だけでも本当にうれしいものですが、一定以上の活動をすれば、おのずとスポンサーさんが現れてくるものかもしれません。

僕は・・・・太陽活動と気候の研究の世界で一番だと評価して頂く事がこの人生での最大のミッションになってしまったのでしょう。そこにとことん集中していきましょう。バリバリとまた進めます。

つづきます。






続きを読む



共通テーマ:趣味・カルチャー

久々の盆栽のはなし [盆栽のはなし]

盆栽・・・・

今年はより悩んだ年でした。
悩んだといっても楽しい苦しみのようなものです。

経験を経てより自分の思い通りに進むと思いきや
余計なことをしてしまうのか?初心者1年目のほうが何も起こらなかったり
より分からないことが増えてしまったような?
とりあえず「今年は楽しかった」とスッキリいえません。
楽しかったけれども「うーん。まいった」そんな心境です。

枯らしてしまうことはありませんでした。しかし・・・・
想像通りにほぼ進まなかった。そんな年です。

銘樹的な盆栽は矢島清芳園さんで教えていただいたとおりに
余計なことをしないで基本に沿って様子を伺ってきました。
特に何も起きていません。そうか・・・そこは何とかクリアできたか。

盆栽は本当にすごい遊びだと思います。それだけは間違いありません。
できれば1日でも早く始めておくべき。
精神修行にもなります。

僕は焦り過ぎているのかな?
でもこれはこれで僕らしい状況なんだよな・・・・


【更新あり】ガジュマルの盆栽 [盆栽のはなし]




僕が挿し木から18年くらい?育てたガジュマル。

大きく改作しようと考えていました。
そしてイメージが固まったので今年実行してみました。

今回のガジュマルちゃんとの出会いは100円ショップ。100円ショップ「レモン」というグループが僕が住んでいた地域にあったのですが、ある年の夏にレモンで買った記憶があります。なつかしいなあ。

いくつか買ってきた中で妙に強い子がいました。その強い子から挿し木して育ててきた子を今回改作しました。その子はとても強いので多くの挿し木をして多くの人の手に渡っています。

僕の知らないところで挿し木されて増えているかもしれません。「わたしにもちょうだい!」と頼まれて挿し木をして渡したこともあります。そんな事がよくありました。強い=縁起が良いという事で重宝されたのでしょう。


gajyumaru-001.jpg

盆栽を知る以前の自分が育てていたものですから放任に近い状態でした。気根に関しては摘んできましたが根のあたりはグチャグチャで訳の分からない状態でした。いつの間にか惰性で育てている状況でした。気に入っているか?といえばその気持ちが薄れてきていたので改作を行い愛着をあらためて深めようと考えました
 盆栽の経験を積むと・・・・・盆栽とはとことん樹木を知る遊びであり、おおよそ自分のイメージ通りに仕立てることができるようになります。特にガジュマルのような生命力旺盛な樹種であれば尚更の事です。

下図のように大胆にスパっとノコギリで分割し、盆栽の鉢に入れて作り直してみました。
おそらく・・・・ガジュマルでなければこんな事をしたら一瞬にして枯れてしまうでしょう。
ガジュマルはそもそも強い木です。さらには妙にこの子は強いので大丈夫だろうという確信がありました。

7dk.jpg
晩秋~春まではこの窓際に飾ろうかな?とも考えました。
巨大な状態ではただ邪魔になっていただけでした。

続きを読む


奇跡な話・ケヤキ盆栽のドラマ [盆栽のはなし]

mogumogu-kyuukei-20190-06-05-01.jpg

最近は盆栽の記事が多いためにその筋のアクセス者さんが増えているようで盆栽記事のページビューがそれなりに増えています。

僕の盆栽記事は『染まっていない人』として評価されていることが最近分かりました。盆栽業界に利害関係が一切無く純粋に好きなだけなので、その純粋さが記事に宿っているのかもしれません。(自分で言っちゃダメじゃんね)

今日(6月21日)は久々に休日にさせて頂きまして、午前中に矢島清芳園さんに行ってきました。
上の画像のケヤキは先日公開させていただきましたね。このケヤキは・・・・なんと・・・・


続きを読む


盆栽の季節を意図的に [盆栽のはなし]

こんな実験をしていました。

極端な暖冬が起こり
冬が無くなってしまったら?
天保年間の極端な暖冬というものが再来したら?

実験方法としては・・・・
昨年秋に落葉した直後から春先のような環境で管理開始。
そして春が到来したらそのまま自然に戻す。

その『疑似暖冬環境』において、冬季の様子は・・・・
ヒノキやサワラはふつうに成長をし続け
ケヤキはそれなりに葉を展開し落葉しない。
ただし日差しが弱い為か様子を伺っている様子。本格的な芽吹きはしない。

富士ブナ(おそらく実生3年生)が・・・・面白い結果になりました。

mogumogu-hujibuna-2019-06-15.jpg
※矢島清芳園さんで購入したカエデと一緒に富士ブナを撮影。このカエデの購入日は2019年6月8日ですからこの画像の撮影日時の一つの参考となるでしょう。

続きを読む


盆栽を退避させるべし [盆栽のはなし]

梅雨の嵐

盆栽が棚場で落下する可能性大

大品だったとしても倒れる事がないように工夫を

青梅市の盆栽園『成木園』の園主さんの格言

「盆栽は管理」

そうです。盆栽は管理遊び。こういう場面で先読みして
先手を打ち難局を平穏にやり過ごす遊びなのです

落下すれば鉢が割れ根を傷め枝が折れ最悪枯れます

僕は今夕から屋内退避や棚板の下に退避させ
大品は地面に下ろします

注意点はこの季節の屋内退避は虫に注意


10時に出発その前に・・・・ [盆栽のはなし]

mogumogu-tsurumodoki-0615.jpg
矢島清芳園 三代目培養 ツルモドキ ※素材樹
素材樹状態とはいえ十分美しい。針金掛け無しで培養上の『知恵』のみでこの曲付け

mogumogu-yajimaseihouen-tsutuume.jpg
矢島清芳園 四代目培養 ウメモドキ

mogumogu-yajimaseihouen-biwa.jpg
ビワ。豆盆栽サイズ

続きを読む


川口市のおすすめ盆栽園といえば矢島清芳園さん。 [盆栽のはなし]

コロナウイルスが流行ってます。
どこかに出掛ける際は必ずマスク着用を。
そして今回紹介する矢島清芳園さんに限らずに出掛ける前に必ず電話を。
こんなご時世ですから営業を緊急的に回避する事もあるかと思います。
とにかくいきなり訪問しないようにヨロシクです。
※2020.02.18追記

2017.06.17公開記事
2019.6.17追記あり
何度もお伺いしているうちに矢島清芳園さんの『エッセンス』がわかってきました。

川口市の矢島清芳園(やじませいほうえん)さんのご紹介です。

ネット上に矢島清芳園さんの情報がほとんど無し・・・・知る人ぞ知る・・・・ウェブサイトをお持ちでないようです。現地近くの看板は清芳園と三文字の表記なので気をつけて下さいね。川口盆栽マップでは矢島清芳園との表記なのでこのブログではそちらに合わせます。
 川口市の秘境の地といえる赤山城跡の隣。ドライブなどで川口市を通っていてもぜったいに気づかないと思います。隠れ家的でもあります。

雑木の小品(しょうひん)を専門に千点を軽く超えるほど盆栽があるかと思います。
少人数で経営なされているのである程度盆栽の知識がある方のほうが向いている盆栽園さんです。その理由ですが、季節によって・・・・例えば植え替えなどの時期では初心者さんへの対応がしきれない事があるかも?
もちろん初心者さんが向かっても販売して頂けます。空気を読みつつお伺いすると良いでしょう。電話で一報されてから向かうと良いでしょう。コミュニケーションを経て向かえばしっかりフォローしてくださる事でしょう。突然だとタイミングが合わない可能性。

『侘び的』といえるストイックな盆栽園さんです。マジメな盆栽園さんで買いたいなという方にはなおさらお勧めです。


※画像はタップ(もしくはクリック)で拡大します。ゆっくり眺めてね

mogumogu-tsuru-ume.jpg
矢島さん(四代目)がここまで仕立てたツルウメ。素敵でしょ?鉢は名品。数十年前に特注で製造した矢島清芳園オリジナルです。笠間焼。鉢の裏面にちょっとした工夫が。お父様のアイデアだそうです。デッドストック品が少々あるとか。
 いくつもの季節を矢島さんの棚場ですごしてきた子。猛暑も冷夏も、暖冬も厳冬も・・・・季節のリピートを何度も越え・・・・太陽活動サイクルもいくつか体験し・・・・今日こんな姿に。ストイックであり正に侘び的。軽妙洒脱的です。小さいけれども大木のようなシルエット。枝が軽やか。
 バランス感が素晴らしいです。僕の棚場でいい感じで存在感をアピールしています。枝をよく見て下さい。太陽活動周期のグラフと似ています。そう捉えるととても素敵です。盆栽の銘は『第二十五周期(リピート)』に決定。

mogumogu-yajimaseihouen-tsutuume.jpg
BW撮影

mogumogu-tsurumofoki01.jpg
参考:こちらも先日購入。こちらはお父様(三代目)作のお品。ツルモドキ。針金掛け一切無し。培養の工夫すなわち『知恵』でここまでの曲付けが出来るそうです。ただし運的なものも絡むので同時に育ててきたその他のツルモドキはそれぞれ種々相です。全く同じ子はもう当然にありませんが、同じ作り方で培養してきた子はまだまだ棚場で培養されています。古典盆栽の美。針金掛けによる曲付けとは全く異なる時空間から生まれた盆栽。独自の技も用いられています。玄人さんはこの樹のどこを最も評価するか?・・・・・・立ち上がりが美しい・・・・面白い樹だね。このような素質がある樹を培養していくべき。(85歳・歴約60年の盆栽士さんのコメント)

mogumogu-tsurumodoki-0615.jpg
BW撮影・末尾でもう一度紹介します。記憶に留めておいてくださいね


mogumogu-mayumi-kikkou.jpg
参考:こちらも先日購入。『まゆみ・亀甲性(亀の甲羅のようなヒビが樹皮に起こる)』

さて始めましょう。

埼玉県には旧大宮市の盆栽町がありますが数件が残るのみ。川口市の方が盆栽業者さんの数が多い。大小合わせれば3ケタになるとか。

盆栽世界大会でもらった川口盆栽マップを見て川口の盆栽園巡りをしました。
そして出会った一般人には知られていない盆栽園さんを今回紹介します。ちなみに僕はかなり盆栽が好きですがそれでビジネスを行っていません。盆栽関係の会社さんで利害関係がある会社さんはありません。

今回紹介させて頂く川口市のおすすめ盆栽園さんは・・・・

矢島清芳園(やじませいほうえん)さん
小品(しょうひん)・雑木(ぞうき)が主。数千鉢あるかと思います。生産されております。すごい数。大変なお仕事だと思いました。(仕入れたものを仕立てて販売しているものもあるそうです)

みなさんご存じでしょうか?あまり一般的な知識ではありませんが盆栽園には大きくは2種類の業態があります。

盆栽業:ぼんさいぎょう ⇒盆栽の生産をなされている。もしくは預かって培養しているなど生産や培養に関わる事が主なる仕事。一般人にほぼ無名な事が多い。もしも知られていても表立って広告をだしたりしていない傾向。良い盆栽を仕立てる事で評価される業態。

盆栽商:ぼんさいしょう ⇒盆栽を仕入れて販売している。ネットで転売を繰り返す業者さんも盆栽商になります。一般生活者対象の業態ですから一般人によく知られている。広告や旅行ブックなどで名を見かける事が多い。売り上げを高める事で評価される業態。

盆栽業の中でも生産する盆栽園さんは多くの数を育てているので、育てる事に関してのノウハウがハンパではありません。そして近年ではそのような盆栽業を営んでいる盆栽園さんは少数派です。かなり少ないです。繰り返しますが良い盆栽を仕立てる事で評価される業態。

盆栽商はどんな季節にどんな樹が売れるか?どんな樹に価値があるか?どんな年代の人にどんな樹が人気か?オークションに出品する時に高値で終了させる出品方法、売買時の駆け引きの仕方、初心者さんに対するフォローなど、現代的に言えばマーケティング的なノウハウがハンパではない。大きくはそんな二つの業態があります。繰り返しますが売り上げを高める事で評価される業態。

その中間的な業態もあるでしょう。中間と言っても『業より』『商より』という違いもあるでしょう。
※企業経営企画業を営んでいるのでついついこういう目線で分析してすみません。

そして今回紹介する矢島清芳園さんは極少数派の『生産する盆栽業』です。盆栽業の盆栽士と盆栽商の盆栽士さんは見ている景色が全く異なり、別の職業と言っても差し支えないでしょう。

さらに・・・・

盆栽の生産と聞くとJAやホームセンターなどで売っているビミョーな盆栽をイメージしてしまいそうです。そのような『盆栽業』もありますが、矢島清芳園さんはそういう盆栽ではなく、有名盆栽園が仕入れにやってくる品なのです。農家さんが片手間にテキトーな盆栽的なものを作っていることがありますが、そういうものではなく「盆栽」です。かなり大変な事を為されています。丁寧な培養を継続する事はどれだけ大変なのか・・・・

矢島清芳園さんのご近所に『やじま園』さんもあります。親戚に当たります。向かう時にはそれぞれ違う盆栽園である事は必ず知っておくべし。


【これは知っておこう】ちょっぴり先輩より
矢島清芳園さんは膨大な品数が。するとどこからどう見て良いか?悩みがちです。そして・・・・上から眺めてしまいがちです。
 水やりし易いように腰程度の高さの棚場になっていますから(それは当然ですが)、すこし屈んで盆栽の高さ目線でジーっ@@ と眺めると良いでしょう。当然にその目線で美しく見えるように仕立てられているのです。すると・・・・あれもこれも・・・・・素敵な子達が多く視界に入ってきます。上から眺めていると見逃してしまいます。それはもったいない事。この件を意識して向かって下さい。

【これも知っておこう】
矢島さんに聞きたい事は様々あると思います。僕からアドバイスする矢島さんに尋ねておくべき重要ポイントは栄養管理。矢島さんはプロなのでベストな栄養管理で培養してきたワケでそこをしっかり継がないと栄養不足にさせてしまいます。
 ですからあなたが矢島さんから盆栽を継いだとすれば栄養についてアドバイスを頂くべきでしょう。もちろん置く環境により変わる訳ですが矢島さんの棚場の環境ではどんな栄養をどんなタイミングで与えてきたか?判断の為に原点となる情報を知っておくべきでしょう。

続きを読む



共通テーマ:趣味・カルチャー

盆栽と『真・行・草』の件 [盆栽のはなし]

いちどエントリーを下げました。

より有意義な内容にできます。

老舗の矢島清芳園さんにて取材できました。

僕が気づいたことは実は古典的な精神性だったそうです。
いまでは誰も言葉にしないが・・・・・


前の10件 | - 盆栽のはなし ブログトップ