もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
SSブログ
気候変動に関わるカテゴリー ブログトップ

CO2温暖化。ウソや詐欺ではなく妄想? IPCC第六次評価報告書などの異常性。 [気候変動に関わるカテゴリー]

みなさん、こんにちは。

【特に・・・・定型発達とされるセグメントのお子様をお育て中のお母様、お父様、及び義務教育に携わる皆様へ】

本日はCO2温暖化説、それにより起こる気候変動説というものが、明らかにデタラメであるとの指摘を行いますが・・・・『アスペルガー症候群・DSM-Ⅳ』との定義と、その定義に該当する学者や研究者、そしてネット民が、CO2温暖化説を妄信しているのでは?との疑いを拭えません。率直な表現をすると『壊れたAI』と対話しているかのような印象であり、放送禁止レベルという印象でもあります。CO2温暖化説は古くから「よほどの愚か者?」「頭が腐ってる?」「クルクルパー過ぎる」との評価があふれていました。相手方に対してそんな事を言えば「名誉毀損だ」などと反応するものですから「非常識だ」とソフトに指摘する程度にとどまっていましたが・・・・
 アスペルガーの考え方は非常識思考そのものです。CO2温暖化説は非常識思考の最もたる例になりましょう。本気でCO2温暖化説を妄信出来る人は特殊な事情があるのでしょう。
【最大の注意点・以降のアスペルガーの理解は病識が無いタイプ、または病識があっても適切な療育を経ていないタイプ(一例グレタさん)を前提にしています。病識があり適切な療育を経たアスペルガーはむしろ有能な人材になりえるものです。その違いは全く異なる人生になるものです】

筆者はその件を追及してきましたが、今回はアルティメット版です。どのポイントを指摘するか?洗練されてきました。今回のアルティメット版は最大限に簡潔に全体像を把握出来る事でしょう。
今後は更新を予定しておりません。CO2温暖化を妄信する人々をとっ捕まえてきて一字一句音読させてみるのも良いでしょう。

今回はそれなりに長文です。こんな内容の記事をいくつも立ち上げたくないので一つの記事にまとめておきます。休憩を挟むもしくは日をあらためるなどして完読を目指して下さいね。

彼らがいかにアスペルガー的と言える非常識で頓珍漢な理解を繰り返しているのか?淡々と示してゆきます。
我々が、なぜ、そんな指摘をするのか?・・・・アスペルガーとされる人々がそんな話を妄信してしまうのは規制する法律や政策が存在しないので仕方がない事として、定型発達の健常児に聞かせてはならないと強く思うからです。


まずは定型発達的(健常的)と言える常識的な感覚での理解を示します。
このデータをご覧ください。
ice-core-mogu-fig-01.jpg
過去45万年間の南極の気温変動データ(氷床コアより)。二つの掘削ポイントと氷床厚の変動記録。
ご覧の通り、温暖的な時代と、寒冷的な時代を繰り返しています。これが氷期サイクル、俗に言う氷河期の繰り返しです。

rapid-repeat.jpg
いわゆる定型発達者(健常者)が見れば、周期性(法則の回帰点)を見切る事が出来て、地球の気温変動を記録したデータには、法則があってポイントというものを明確に繰り返している事を容易に気づけます。めっちゃシンプルな事実です。


oxygen-18-mogu-01.jpg
こちらは、過去約6,600万年間の海水温(海底付近)変動データ。大雑把に言えば恐竜絶滅期以降にあたる。ウィキペディア氷河時代より引用

66-million-per-year-mogu-03b.jpg
こちらも定型発達者(健常者)が見れば、周期性(法則の回帰点)を見切る事が出来ます。めっちゃシンプルな事実です。
 うそだ!と現実逃避しているそこのYOU! ウィキペディアの氷河時代エントリ、他には「Ice core Vostok」などのワードで検索どうぞ。ほら、どのデータにも周期性(法則の回帰点)がありませんか? 誰が見ても同じ結論。客観的な証明というものはこういうモノでは?CO2温暖化説というものはこんな確実な証拠が一切ありません。※後述

見たまんま。見たまんまで良いのです。常識的な感覚でフツーに観察すれば良いのです。たったそれだけでこんな事実を証明出来ます。難しい事ではありません。無難な理解で良いのです。

次のデータはかなり専門的ですが・・・・・

mogu-fig-mag-002.jpg
やや難解な図になってしまっておりますが、約3,300万年間の周期。その末尾となる直近の500万年間の平均気温の周期に、地磁気逆点現象(ポールシフト)の履歴データを重ねてみました。地磁気逆点とは、現代は北がN極、南がS極ですが、時代により逆点してきています。どちらが正しい状態とは言えないと思います。人類史においては北がN極ですが、だからといってそれが正しい状態であるとは言えない事に注意です。
 おのずと・・・・・前回の約3,300万年間の周期単位との関係性が気になります。これはまだ検証出来ていませんが自然史の全貌が一気に紐解ける瞬間が近いのかもしれません。おそらくは・・・・ポールシフトは太陽活動の周期性と同調していると思われます。無難な結論ですがw

このページでは割愛しますが、この周期性と同調する、太陽活動の周期性も発見しております(もぐらのもぐチーム調べ・世界初発表)。
下記ページでくわしく。太陽活動の周期性と気温変動の周期性は同調しています。シンプルな結論。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2021-02-11-cycle-25-yosoku
※上記リンクページに限らずに、いくつかのページに渡って細々と解説しています。アインシュタインが示した時空という概念も踏まえての理解も成しえています。太陽系内全体を含めての自然史というものの理解の基盤となる発見や考察になりましょう。
glacial-cycle-fig-mogu-2022-03-27-b.jpg
トライアル1。現在の温暖期(間氷期)と前回の温暖期(間氷期)の比較。CO2温暖化説の言う現代の温暖化なるものは、過去にも存在するポイント。ましてや約3300万年前の法則から存在してるっぽいよ。っていう話w いやあ、CO2温暖化説ってマジガチでBAKA過ぎだろうっていうねw
glacial-cycle-fig-mogu-2022-05-11-b.jpg
こちらは検証中の内容になりますが、温暖的な間氷期、そして寒冷的な氷期。それぞれ同じ法則を基に進行しており、温暖的な時代とは?・・・・前後の時代に比較して太陽活動(熱核融合)が活発的に推移した時代では?この考え方が事実であれば現代の温暖化なるポイントは氷期の中にも存在している模様です。常識的な感覚においてありえる考え方だと思います。

これも掲載しておきましょう。日本ではほぼ知られていません。当サイトでの公開が本邦初だったと思います。
c14-trial11-2022-2-18-jp-b.jpg
ここでは文言をスルーして下さい。こちらは過去12,000年間の太陽風変動データです(一万年と二千年前から上がってる〜♪)。太陽風の強さは太陽活動の指標と言えるものです。(太陽黒点データはそうとは言えない)
 太陽活動は温暖期(間氷期)とおおよそシンクロしています。間氷期とは太陽活動の上昇と共に始まっていますw このデータもCO2温暖化説では無視されていますw ポンコツだろっていうねw(この中にも周期性が見え隠れしています。その件は別プレゼンテーションでどうぞ・太陽風サイクルと暫定的に名付けておきました。太陽風サイクルの下位現象が太陽黒点の発生です)

多くの方が「氷河期(正しくは氷期)が間も無く訪れる」そんな話を聞いた事があるでしょう。それはかなりぼんやりとした気づきだった事になり、科学データが出揃ってきたタイミングで、もぐらのもぐチームの分析が始まり、その件(氷河期の繰り返し・正しくは氷期サイクル)は、ここで示した通り、かなり細分化して理解出来る事が判明しただけの事です。
 本質的に何かが覆ったわけではなく、ただ単に常識的な感覚で仕切り直しただけの事です。これまでの理解があまりにも非常識的、ポンコツ的過ぎただけでしょう。ポンコツ理解が当たり前のように存在するので「これは嘘だ」「これも嘘だ」「それすらも嘘か!」一歩進む度に嘘情報にぶつかり大変骨が折れる日々です。なんにせよ、氷期サイクル(俗にいう氷河期の到来)は、宗教的なモノではなくこんな実態でした。そしてこの証明で人類において謎だった大きな現象の多くを説明出来るようになりました。
 CO2温暖化を真顔で主張している人々は、やっぱりポンコツだった事があらためて確定。彼らはこの事実すら現実逃避し続けるのでしょう。

西暦2022年においては・・・・
→太陽黒点5年周期時代に突入した模様※さっきのリンク先見ろや
→そんな遠くないうちに間氷期という温暖気が終わる模様。西暦1万年くらいに谷底に?
→約3300万年の周期は最末期にある模様。次の時代がどうなるのか?現時点で不明。平均気温約20度上昇時代に入ったら人類はどうなるのっと
→繰り返すが現代の温暖化なる現象は太古から続く周期性の中の一つのポイント程度。約3300万年前でも確認されるんじゃね?
→現代の温暖化なるポイントは太古から確定済みだったんじゃね?さっきのデータ見れば分かるんじゃね?
→地球に限らずに太陽系内で同時進行的な現象って事じゃね?地球だけがポツンと浮いてるわけじゃねーし?
→ポンコツ社会人には達する事が出来なかった衝撃の事実(あ〜あ・・・・・)
★空気読みまくり分析(健常感覚)での自然史体系理解はこんな感じです。科学データを見たまんまって感じですが。
★筆者がそう主張するわけではなく、おのずと『そういう事』になってしまいますが、CO2温暖化を主張する立場の皆さんは総じてポンコツ社会人、実社会で役立たず、無能社会人・・・・そんな評価が確定的です。そういう疑いはすでにありましたが今回の『核心的な事実の登場にてそういう評価が確定的』になりました。そういう評価はさすがにどうかと思いますが、現実の理解がどうもおかしい彼らに対しては一度は率直に伝えておくべきでしょう。誰かしらがキッパリと教えてあげねばなりません。

CO2温暖化説は、ポンコツ社会人、実社会で役立たずな人々、無能とされる人々による妄信や妄想という実態が確定的とならば・・・・健全な社会に害悪な情報という事も確定的に。
 そうとならば害悪な情報の実態を容赦なく再評価する事としましょう。そんなデタラメな話を主張してきたポンコツ人間に向かって大逆流が始まりましょう。彼らの評価がどうなろうとそんな事はこちら側には関係ありません。

分析完了予定はまだ先の事。第一段階のまとめを数年以内に終えたいとは思っていますが・・・・。気分次第ですwにゃっはっはw それじゃあ早速レッツロール!

※ミランコビッチサイクルは首を傾げる話です
氷期サイクルは地球の公転軌道の変動が云々(=ミランコビッチサイクル)と説明されてきていますが、いったい何の力がそれを起こしているのか?一切説明がありません。あてずっぽうな方程式が示されているだけです。ガバガバというかアスペルガー的です。自分に都合の良い方程式を示してそれが物証とかもうね・・・・実社会では役立たずな人っぽい、低空飛行な仕事ぶり・・・・地球の公転軌道の変動が太陽活動の変動を起こしていると言っているくらいにデタラメな話に発展してしまう事になります。ポンコツ学者認定やむなし。主観と客観の概念が曖昧過ぎですね。当該分野は焼け野原状態へ・・・・CO2温暖化とミランコビッチサイクルを両方妄信している立場の者はダブルポンコツです。
 こういう言い方で指摘されると自覚を持てる人が現れましょうか?

【定型発達、アスペルガー。それぞれの気候変動理解がある模様】
さきほどのデータの理解を踏まえれば、定型発達セグメントは言葉にしなくても、この事実を共感し合えている事でしょう。
 未来の変動を現時点では明確に予測できませんが、未来の変動というものは太陽内部では大よそ確定済みでしょう。それが太陽系のエッセンスになりませんかね?現代の温暖化なるポイントは太古から確定済みだったのでしょう。

定型セグメント同士では言葉にしないでも多くの事を共感し合えるものです。ここで「おもしろい!」と、受け入れる事が出来た方は言葉で言わなくとも膨大な新事実に思いを馳せている事でしょう。温暖化研究、気温変動研究に必須のスキルは、言葉で直接表現されていない事を察する能力と言えましょう。そのスキルを『コミュニケーション能力』と呼ばれて久しいものですが、科学データとの対話というものはコミュニケーション能力の範疇と言えましょう。コミュ障とのネットスラングがありますがコミュ障では科学データとの対話も難しい事でしょう。CO2温暖化説とはコミュ障的アウトプットでもあります。
 科学データは自発的に語り始めないけれども対話ってものが成立するからね?こんな事を言える学生になってくださいな。科学データを通して太陽さんとガチンコで向き合い、人類で初めて太陽さんとの対話に成功したのが、もぐらのもぐチームのメンバーと言えましょうか。これは研究や分析なんかじゃない。太陽との対話なのだ!コミュニケーション能力が高ければ太陽さんとの対話も出来るという実例を示してみました。
 さて。定型発達セグメントはこの件も言葉にしなくても共感し合えていると思いますが『この証明でCO2温暖化説は完全に詰んだw投了だわw』こんな風に空気読みできます。そして次の作業は何をすべきか?自ずと決まっている事も空気読み出来る事でしょう。

【もぐらのもぐ発表・検証】
ここで皆さんにお尋ねします。これらのデータは、ネット検索して頂ければウィキペディアや専門サイトで閲覧できますが、どの組織、どの解像度のデータにおいても、周期性(法則の回帰点)を確認できるはずです。しかも直感的に理解が可能ですから、健常的な思考が出来る者であれば世界中の誰にでも同じ証明が可能。これぞ客観的と言える気温変動の実態です。※アスペルガーと定義される気質には難しいもしくは不可能な可能性。
 すでに我々が多くの事実を先行で解明していますので、世界最速という立場を皆さんにお譲りする事は出来ませんが、健常的な思考が出来るものであれば、同じデータで同じ結論に達する事でしょう。皆さんも一生懸命にこの事実を突き詰めてゆけば太陽活動の周期性と気温変動の周期性が同調しているとの結論に達しましょう。よほど感覚がズレている人を除けば、同じデータを基におおよそ同じ結論に達しましょう。それが合理的な理解というものになる事でしょう。

ここで示した理解についての検証を皆さんにお任せしますが、定型発達セグメントであれば言葉で言うまでもなく結論を共感出来ましょう。なお、アスペルガー傾向を探る臨床心理検査において、『アスペルガー傾向が強い人にはさっぱり理解出来ない絵画』なども検査に登場します。CO2温暖化説は、定型発達セグメントにすれば非健常的な理解ですが、彼らにはどこがおかしいのかさっぱり理解出来ない模様です。
 そしてここで示した『常識的な感覚での証明』を、彼らが果たせなかった理由はそういう事なのでは無いでしょうか?だってめちゃくちゃ常識的で平凡な理解ですよ?こんな事実を数十年も示せないっておかしくないですか?皆さんは一瞬にして「なんだ!そんなことかよ!」共感出来ましたよね?そんな人々が現代の世では気候変動研究家だの気候変動活動家だの名乗っているのです。そして定型発達セグメントの健常的な子供たちに対してデタラメな理解を吹聴して回っているのです。
※「この証明の意味が分からない」というセグメントがいる事を否めません。事実として感覚がズレている人々が少なくはない模様です。そんな人々にも自発的に理解してもらう事は、事実として難しいでしょう。現時点においてアスペルガーの治療法が確立されておりません。治療薬はありません。

アスペルガーとされる皆さんは常識的な感覚に基づいて「ここが最も大事なポイントだ!」と、見抜けないものです。定型発達セグメントであれば「ここが一番大事」と、瞬時に気づく事が出来る大事なポイントを、アスペルガーは全く気づけないで的外れなポイントに注意が向いてしまい、頓珍漢な解釈を縷々述べてしまうものです。
 科学データには直接言葉で「ここ大事ですよ」「法則の回帰点に気づいてね」そんな風に書き込まれていません。そこは空気読みスキルが必要です。アスペルガーは人間関係においても周囲の物事の理解においても優先順位理解などが特殊なので、科学データにおいても誰が見ても明らかなる事実に気づけないのだと推認されます。

注意点として、アスペルガーは無駄に自信満々な態度で日々を送っています。それゆえアスペルガーの学者を最初は信じてしまいがちです。しかしある時期を境に「あいつが言っている事はまるでデタラメだ」と発覚してしまうもので、その境を過ぎてしまったら「嘘つき」「愚か者」「ポンコツ」などなど散々たる評価になるものです。皆さんの周囲にもそんな人がいるものでしょう。
 CO2温暖化を妄信する彼らもまた自信満々で吹聴し続けているものですがダマされないように。「ポンコツ」これくらいキッパリと否定してあげましょう。クソ真面目に「客観性ガー」と話しているよりも相手に自覚を促せるかと思います。

今回は深掘りしませんが・・・・無論、次の時代における太陽から放出されるエネルギー総量もスケジュールもおおよそ確定済みでしょ?分かりますよね?という事は地球の表層で起こる事が大雑把にでも確定済みという事に。この事実に気づくまでの宇宙観とは別次元の学問へ発展します。「人類の20世紀からの目覚ましい工業発展でCO2がホニャララで地球温暖化してホニャララ」などと言ってる場合ではありません。めっちゃBAKA過ぎますね。

気温変動に関する科学データにおける空気読みスキル。臨床心理検査と本質が同じと言えましょう。
この理解を「当たり前で常識的だね。うんうん。分かるよ(空気読めるよ)」という方は、常識的な感覚を持っていると言えるでしょう。

──────────────────────────────────────────────

健全な児童を守る為に筆者は心を鬼にします。
筆者への批判は甘んじて受け入れます。彼らが少しでも自覚を持てるように、これでもかと分かりやすい表現で実態を指摘します。ここまで言われても通じないのであれば仕方が無いでしょう。
誰かがキッパリとわかりやすく言わねばなりません。

【具体的に・・・・CO2温暖化説のアスペルガーポイントを指摘】
怒涛のツッコミ開始!

yahoo-pre-001.jpg
引用元 Yahoo! 私たちの暮らしや健康・生命を脅かす「地球温暖化」の現在地
https://graphic.yahoo.co.jp/sdgs/climate_change/global_warming/
上のデータはIPCCという国連関連のCO2温暖化を主張する組織の発表を踏襲したものであり、その説の典型的な論理展開です。小さな文字でダマされそうになりますが、45億年の自然史の中の、たったの131年間を強引に切り取っています。彼らのプレゼンテーションは最大でも200年間程度しか採用しないものです。あまりにもポンコツです。
 ・・・・繰り返して言うのは辛いけどさ、このデータをこんな風に使ってはダメなワケですよ。それは賢い子であれば幼稚園児でも分かります。このデータに直接「そういう使い方したらアカン」とは書いてありませんが、空気(周囲の状況)を自分から読んで、このデータでCO2温暖化を主張しても定型発達セグメントにハリセンで思いっきり頭を一発はたかれてしまうシーンを察しなければいけません。「このポンコツめ!(バシッ)」そういう空気読みをしていないからこういうツッコミが世界中から入るワケですよ。※アスペルガーと言えば空気を読めないことは一般的にも知られる事実。人間関係の空気読みだけでなくこのような場面でも空気を読めない事は一般的には知られていない。これは正に具体的事例
 「絶対に間違いない(俺の確信)」と、どんなに激しく思い込んでも定型発達セグメントという多勢側の感覚で「ぜってー、ありえないから!ポンコツ過ぎるから!」と、却下されてしまうのはなぜか?病的レベルで当てずっぽう過ぎるから。ここまで当てずっぽうな話を本気で妄信出来る時点でアウトです。そりゃまあ定型発達セグメントから猛ツッコミされてイジられましょう。

※莫大な予算で数十年も研究し続けているのにコレ。ポンコツ過ぎ。実社会で役立たず。社会性ゼロ。無能&無能
世界中で懐疑本、否定本を出版されてしまう・・・・役立たず人間らしい顛末。しかも聞く耳持たないっていうね。社会性ゼロ過ぎ。
このような切り取りをする者は深いところで問題がある。自覚があってこんなことをやっているのであればまだ良いのだが・・・・真顔でやっているのであればキングオブポンコツ社会人。
こういう言われ方をすれば、流石に現実を直視して頂けるでしょうか・・・・・。

定型発達セグメント、かつ、お育ちの良い賢い児童でも容易に分かるデタラメ主張です。「え!?CO2温暖化説ってこんなにBAKAな話だったの!?こんな発表してるオジサン達ってどうしてこんなにBAKAなの!?自覚があればいいけど・・・・無いとなればポンコツ社会人、役立たず人間ってヤツ!?」こんな風に。

CO2温暖化説の概要を定型発達セグメントに伝えるとこんな程度の話なのです。ハリセンで頭を叩きたくなるデタラメさです。
 しかしアスペルガーセグメント(全てではないが)にすると、こんなデタラメで当てずっぽうな話を、激しく妄信してしまう模様です。臨床心理検査的と言える引っ掛け問題のようなモノなのでしょう。
 なお、アスペルガーは複雑な人間関係や社会の出来事など入り組んだ事をさっぱり理解できないので、奇妙な単純な切り取りをしてしまう事が知られています。他の科学データとも整合性が無くてはならないという、そんな極めて当たり前な事を理解出来ないので、こんな奇妙な切り取りをドヤ顔で行えてしまうのでしょう。定型発達セグメントであればお金を貰ってもこんな発表は出来ないでしょう。キチ○イだと批判されてしまうであろう事を容易に理解出来るからです。いくばくかの報酬で一生涯キチ○イ学者扱いされる・・・・誰がそんな仕事を請けるでしょうか。
 高学歴アスペルガーも読書感想文などの推察力を求められるものがボロボロなものです。CO2温暖化説は意図的な捏造という様子ではないものです。無意識的な質的障害思考では?気候変動分析は群を抜いて複雑な考察力が求められます。アスペルガーにとって一番適性がない分野かもしれません。いずれにせよCO2温暖化説のような質的障害的な発表をドヤ顔で行えるなど余程の事情がある事は間違い無いでしょう。

CO2温暖化、CO2気候変動を妄信する人々は「こんなにも分かりやすい話はない」と、ケロリと言いのけるもの。信じられませんが彼らはこれで本気です。世間の人々が、CO2温暖化説にケチをつけようとして意地悪な気持ちでBAKAだポンコツだと言っている訳ではありません。本当にポンコツ的で壊れたAIのような思考なので指摘しているだけです。胸を痛める表現ですがここまでの指摘をしても届かない事でしょう・・・・気づいてくれないかな・・・・・

CO2温暖化説は、甚だ思い込みが激しいとか、自分を疑う事を致命的に出来ないとか、異常に自分に甘いとか、飛び抜けた愚か者と言えるような、病的レベルで頭のネジが緩んでいる人物が絡んでいるであろう事を定型発達セグメントはなんらかのタイミングで気づく事でしょう。それに気づけないようなタイプがドヤ顔で「CO2温暖化説は何が何でも本当だ」などと取り憑かれたように妄信するものです。こんな指摘をされてもなお「絶対に間違いがない」などと頑なに妄信し続けるのですから言葉での説得は不可能なのかもしれませんが?

一人でも多くの人が目を覚ますように、定型的、健常的な感覚に基づいてさらにツッコミしましょう。

続きを読む


CO2温暖化】呆れるIPCC報告書にツッコミする・IPCC第六次評価報告書w CO2温暖化はウソ。妄想。関係無い。 [気候変動に関わるカテゴリー]

みなさん、こんにちは。

【特に・・・・定型発達とされるセグメントのお子様をお育て中のお母様、お父様、及び義務教育に携わる皆様へ】

本日はCO2温暖化説、それにより起こる気候変動説というものが、明らかにデタラメであるとの指摘を行いますが・・・・『アスペルガー症候群・DSM-Ⅳ』との定義と、その定義に該当する学者や研究者、そしてネット民が、CO2温暖化説を妄信しているのでは?との疑いを拭えません。率直な表現をすると『壊れたAI』と対話しているかのような印象であり、放送禁止レベルという印象でもあります。CO2温暖化説は古くから「よほどの愚か者?」「頭が腐ってる?」「クルクルパー過ぎる」との評価があふれていました。相手方に対してそんな事を言えば「名誉毀損だ」などと反応するものですから「非常識だ」とソフトに指摘する程度にとどまっていましたが・・・・
 アスペルガーの考え方は非常識思考そのものです。CO2温暖化説は非常識思考の最もたる例になりましょう。本気でCO2温暖化説を妄信出来る人は特殊な事情があるのでしょう。
【最大の注意点・以降のアスペルガーの理解は病識が無いタイプ、または病識があっても適切な療育を経ていないタイプ(一例グレタさん)を前提にしています。病識があり適切な療育を経たアスペルガーはむしろ有能な人材になりえるものです。その違いは全く異なる人生になるものです】

筆者はその件を追及してきましたが、今回はアルティメット版です。どのポイントを指摘するか?洗練されてきました。今回のアルティメット版は最大限に簡潔に全体像を把握出来る事でしょう。
今後は更新を予定しておりません。CO2温暖化を妄信する人々をとっ捕まえてきて一字一句音読させてみるのも良いでしょう。

今回はそれなりに長文です。こんな内容の記事をいくつも立ち上げたくないので一つの記事にまとめておきます。休憩を挟むもしくは日をあらためるなどして完読を目指して下さいね。

彼らがいかにアスペルガー的と言える非常識で頓珍漢な理解を繰り返しているのか?淡々と示してゆきます。
我々が、なぜ、そんな指摘をするのか?・・・・アスペルガーとされる人々がそんな話を妄信してしまうのは規制する法律や政策が存在しないので仕方がない事として、定型発達の健常児に聞かせてはならないと強く思うからです。


まずは定型発達的(健常的)と言える常識的な感覚での理解を示します。
このデータをご覧ください。
ice-core-mogu-fig-01.jpg
過去45万年間の南極の気温変動データ(氷床コアより)。二つの掘削ポイントと氷床厚の変動記録。
ご覧の通り、温暖的な時代と、寒冷的な時代を繰り返しています。これが氷期サイクル、俗に言う氷河期の繰り返しです。

rapid-repeat.jpg
いわゆる定型発達者(健常者)が見れば、周期性(法則の回帰点)を見切る事が出来て、地球の気温変動を記録したデータには、法則があってポイントというものを明確に繰り返している事を容易に気づけます。めっちゃシンプルな事実です。


oxygen-18-mogu-01.jpg
こちらは、過去約6,600万年間の海水温(海底付近)変動データ。大雑把に言えば恐竜絶滅期以降にあたる。ウィキペディア氷河時代より引用

66-million-per-year-mogu-03b.jpg
こちらも定型発達者(健常者)が見れば、周期性(法則の回帰点)を見切る事が出来ます。めっちゃシンプルな事実です。
 うそだ!と現実逃避しているそこのYOU! ウィキペディアの氷河時代エントリ、他には「Ice core Vostok」などのワードで検索どうぞ。ほら、どのデータにも周期性(法則の回帰点)がありませんか? 誰が見ても同じ結論。客観的な証明というものはこういうモノでは?CO2温暖化説というものはこんな確実な証拠が一切ありません。※後述

見たまんま。見たまんまで良いのです。常識的な感覚でフツーに観察すれば良いのです。たったそれだけでこんな事実を証明出来ます。難しい事ではありません。無難な理解で良いのです。

次のデータはかなり専門的ですが・・・・・

mogu-fig-mag-002.jpg
やや難解な図になってしまっておりますが、約3,300万年間の周期。その末尾となる直近の500万年間の平均気温の周期に、地磁気逆点現象(ポールシフト)の履歴データを重ねてみました。地磁気逆点とは、現代は北がN極、南がS極ですが、時代により逆点してきています。どちらが正しい状態とは言えないと思います。人類史においては北がN極ですが、だからといってそれが正しい状態であるとは言えない事に注意です。
 おのずと・・・・・前回の約3,300万年間の周期単位との関係性が気になります。これはまだ検証出来ていませんが自然史の全貌が一気に紐解ける瞬間が近いのかもしれません。おそらくは・・・・ポールシフトは太陽活動の周期性と同調していると思われます。無難な結論ですがw

このページでは割愛しますが、この周期性と同調する、太陽活動の周期性も発見しております(もぐらのもぐチーム調べ・世界初発表)。
下記ページでくわしく。太陽活動の周期性と気温変動の周期性は同調しています。シンプルな結論。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2021-02-11-cycle-25-yosoku
※上記リンクページに限らずに、いくつかのページに渡って細々と解説しています。アインシュタインが示した時空という概念も踏まえての理解も成しえています。太陽系内全体を含めての自然史というものの理解の基盤となる発見や考察になりましょう。
glacial-cycle-fig-mogu-2022-03-27-b.jpg
トライアル1。現在の温暖期(間氷期)と前回の温暖期(間氷期)の比較。CO2温暖化説の言う現代の温暖化なるものは、過去にも存在するポイント。ましてや約3300万年前の法則から存在してるっぽいよ。っていう話w いやあ、CO2温暖化説ってマジガチでBAKA過ぎだろうっていうねw
glacial-cycle-fig-mogu-2022-05-11-b.jpg
こちらは検証中の内容になりますが、温暖的な間氷期、そして寒冷的な氷期。それぞれ同じ法則を基に進行しており、温暖的な時代とは?・・・・前後の時代に比較して太陽活動(熱核融合)が活発的に推移した時代では?この考え方が事実であれば現代の温暖化なるポイントは氷期の中にも存在している模様です。常識的な感覚においてありえる考え方だと思います。

これも掲載しておきましょう。日本ではほぼ知られていません。当サイトでの公開が本邦初だったと思います。
c14-trial11-2022-2-18-jp-b.jpg
ここでは文言をスルーして下さい。こちらは過去12,000年間の太陽風変動データです(一万年と二千年前から上がってる〜♪)。太陽風の強さは太陽活動の指標と言えるものです。(太陽黒点データはそうとは言えない)
 太陽活動は温暖期(間氷期)とおおよそシンクロしています。間氷期とは太陽活動の上昇と共に始まっていますw このデータもCO2温暖化説では無視されていますw ポンコツだろっていうねw(この中にも周期性が見え隠れしています。その件は別プレゼンテーションでどうぞ・太陽風サイクルと暫定的に名付けておきました。太陽風サイクルの下位現象が太陽黒点の発生です)

多くの方が「氷河期(正しくは氷期)が間も無く訪れる」そんな話を聞いた事があるでしょう。それはかなりぼんやりとした気づきだった事になり、科学データが出揃ってきたタイミングで、もぐらのもぐチームの分析が始まり、その件(氷河期の繰り返し・正しくは氷期サイクル)は、ここで示した通り、かなり細分化して理解出来る事が判明しただけの事です。
 本質的に何かが覆ったわけではなく、ただ単に常識的な感覚で仕切り直しただけの事です。これまでの理解があまりにも非常識的、ポンコツ的過ぎただけでしょう。ポンコツ理解が当たり前のように存在するので「これは嘘だ」「これも嘘だ」「それすらも嘘か!」一歩進む度に嘘情報にぶつかり大変骨が折れる日々です。なんにせよ、氷期サイクル(俗にいう氷河期の到来)は、宗教的なモノではなくこんな実態でした。そしてこの証明で人類において謎だった大きな現象の多くを説明出来るようになりました。
 CO2温暖化を真顔で主張している人々は、やっぱりポンコツだった事があらためて確定。彼らはこの事実すら現実逃避し続けるのでしょう。

西暦2022年においては・・・・
→太陽黒点5年周期時代に突入した模様※さっきのリンク先見ろや
→そんな遠くないうちに間氷期という温暖気が終わる模様。西暦1万年くらいに谷底に?
→約3300万年の周期は最末期にある模様。次の時代がどうなるのか?現時点で不明。平均気温約20度上昇時代に入ったら人類はどうなるのっと
→繰り返すが現代の温暖化なる現象は太古から続く周期性の中の一つのポイント程度。約3300万年前でも確認されるんじゃね?
→現代の温暖化なるポイントは太古から確定済みだったんじゃね?さっきのデータ見れば分かるんじゃね?
→地球に限らずに太陽系内で同時進行的な現象って事じゃね?地球だけがポツンと浮いてるわけじゃねーし?
→ポンコツ社会人には達する事が出来なかった衝撃の事実(あ〜あ・・・・・)
★空気読みまくり分析(健常感覚)での自然史体系理解はこんな感じです。科学データを見たまんまって感じですが。
★筆者がそう主張するわけではなく、おのずと『そういう事』になってしまいますが、CO2温暖化を主張する立場の皆さんは総じてポンコツ社会人、実社会で役立たず、無能社会人・・・・そんな評価が確定的です。そういう疑いはすでにありましたが今回の『核心的な事実の登場にてそういう評価が確定的』になりました。そういう評価はさすがにどうかと思いますが、現実の理解がどうもおかしい彼らに対しては一度は率直に伝えておくべきでしょう。誰かしらがキッパリと教えてあげねばなりません。

CO2温暖化説は、ポンコツ社会人、実社会で役立たずな人々、無能とされる人々による妄信や妄想という実態が確定的とならば・・・・健全な社会に害悪な情報という事も確定的に。
 そうとならば害悪な情報の実態を容赦なく再評価する事としましょう。そんなデタラメな話を主張してきたポンコツ人間に向かって大逆流が始まりましょう。彼らの評価がどうなろうとそんな事はこちら側には関係ありません。

分析完了予定はまだ先の事。第一段階のまとめを数年以内に終えたいとは思っていますが・・・・。気分次第ですwにゃっはっはw それじゃあ早速レッツロール!

※ミランコビッチサイクルは首を傾げる話です
氷期サイクルは地球の公転軌道の変動が云々(=ミランコビッチサイクル)と説明されてきていますが、いったい何の力がそれを起こしているのか?一切説明がありません。あてずっぽうな方程式が示されているだけです。ガバガバというかアスペルガー的です。自分に都合の良い方程式を示してそれが物証とかもうね・・・・実社会では役立たずな人っぽい、低空飛行な仕事ぶり・・・・地球の公転軌道の変動が太陽活動の変動を起こしていると言っているくらいにデタラメな話に発展してしまう事になります。ポンコツ学者認定やむなし。主観と客観の概念が曖昧過ぎですね。当該分野は焼け野原状態へ・・・・CO2温暖化とミランコビッチサイクルを両方妄信している立場の者はダブルポンコツです。
 こういう言い方で指摘されると自覚を持てる人が現れましょうか?

【定型発達、アスペルガー。それぞれの気候変動理解がある模様】
さきほどのデータの理解を踏まえれば、定型発達セグメントは言葉にしなくても、この事実を共感し合えている事でしょう。
 未来の変動を現時点では明確に予測できませんが、未来の変動というものは太陽内部では大よそ確定済みでしょう。それが太陽系のエッセンスになりませんかね?現代の温暖化なるポイントは太古から確定済みだったのでしょう。

定型セグメント同士では言葉にしないでも多くの事を共感し合えるものです。ここで「おもしろい!」と、受け入れる事が出来た方は言葉で言わなくとも膨大な新事実に思いを馳せている事でしょう。温暖化研究、気温変動研究に必須のスキルは、言葉で直接表現されていない事を察する能力と言えましょう。そのスキルを『コミュニケーション能力』と呼ばれて久しいものですが、科学データとの対話というものはコミュニケーション能力の範疇と言えましょう。コミュ障とのネットスラングがありますがコミュ障では科学データとの対話も難しい事でしょう。CO2温暖化説とはコミュ障的アウトプットでもあります。
 科学データは自発的に語り始めないけれども対話ってものが成立するからね?こんな事を言える学生になってくださいな。科学データを通して太陽さんとガチンコで向き合い、人類で初めて太陽さんとの対話に成功したのが、もぐらのもぐチームのメンバーと言えましょうか。これは研究や分析なんかじゃない。太陽との対話なのだ!コミュニケーション能力が高ければ太陽さんとの対話も出来るという実例を示してみました。
 さて。定型発達セグメントはこの件も言葉にしなくても共感し合えていると思いますが『この証明でCO2温暖化説は完全に詰んだw投了だわw』こんな風に空気読みできます。そして次の作業は何をすべきか?自ずと決まっている事も空気読み出来る事でしょう。

【もぐらのもぐ発表・検証】
ここで皆さんにお尋ねします。これらのデータは、ネット検索して頂ければウィキペディアや専門サイトで閲覧できますが、どの組織、どの解像度のデータにおいても、周期性(法則の回帰点)を確認できるはずです。しかも直感的に理解が可能ですから、健常的な思考が出来る者であれば世界中の誰にでも同じ証明が可能。これぞ客観的と言える気温変動の実態です。※アスペルガーと定義される気質には難しいもしくは不可能な可能性。
 すでに我々が多くの事実を先行で解明していますので、世界最速という立場を皆さんにお譲りする事は出来ませんが、健常的な思考が出来るものであれば、同じデータで同じ結論に達する事でしょう。皆さんも一生懸命にこの事実を突き詰めてゆけば太陽活動の周期性と気温変動の周期性が同調しているとの結論に達しましょう。よほど感覚がズレている人を除けば、同じデータを基におおよそ同じ結論に達しましょう。それが合理的な理解というものになる事でしょう。

ここで示した理解についての検証を皆さんにお任せしますが、定型発達セグメントであれば言葉で言うまでもなく結論を共感出来ましょう。なお、アスペルガー傾向を探る臨床心理検査において、『アスペルガー傾向が強い人にはさっぱり理解出来ない絵画』なども検査に登場します。CO2温暖化説は、定型発達セグメントにすれば非健常的な理解ですが、彼らにはどこがおかしいのかさっぱり理解出来ない模様です。
 そしてここで示した『常識的な感覚での証明』を、彼らが果たせなかった理由はそういう事なのでは無いでしょうか?だってめちゃくちゃ常識的で平凡な理解ですよ?こんな事実を数十年も示せないっておかしくないですか?皆さんは一瞬にして「なんだ!そんなことかよ!」共感出来ましたよね?そんな人々が現代の世では気候変動研究家だの気候変動活動家だの名乗っているのです。そして定型発達セグメントの健常的な子供たちに対してデタラメな理解を吹聴して回っているのです。
※「この証明の意味が分からない」というセグメントがいる事を否めません。事実として感覚がズレている人々が少なくはない模様です。そんな人々にも自発的に理解してもらう事は、事実として難しいでしょう。現時点においてアスペルガーの治療法が確立されておりません。治療薬はありません。

アスペルガーとされる皆さんは常識的な感覚に基づいて「ここが最も大事なポイントだ!」と、見抜けないものです。定型発達セグメントであれば「ここが一番大事」と、瞬時に気づく事が出来る大事なポイントを、アスペルガーは全く気づけないで的外れなポイントに注意が向いてしまい、頓珍漢な解釈を縷々述べてしまうものです。
 科学データには直接言葉で「ここ大事ですよ」「法則の回帰点に気づいてね」そんな風に書き込まれていません。そこは空気読みスキルが必要です。アスペルガーは人間関係においても周囲の物事の理解においても優先順位理解などが特殊なので、科学データにおいても誰が見ても明らかなる事実に気づけないのだと推認されます。

注意点として、アスペルガーは無駄に自信満々な態度で日々を送っています。それゆえアスペルガーの学者を最初は信じてしまいがちです。しかしある時期を境に「あいつが言っている事はまるでデタラメだ」と発覚してしまうもので、その境を過ぎてしまったら「嘘つき」「愚か者」「ポンコツ」などなど散々たる評価になるものです。皆さんの周囲にもそんな人がいるものでしょう。
 CO2温暖化を妄信する彼らもまた自信満々で吹聴し続けているものですがダマされないように。「ポンコツ」これくらいキッパリと否定してあげましょう。クソ真面目に「客観性ガー」と話しているよりも相手に自覚を促せるかと思います。

今回は深掘りしませんが・・・・無論、次の時代における太陽から放出されるエネルギー総量もスケジュールもおおよそ確定済みでしょ?分かりますよね?という事は地球の表層で起こる事が大雑把にでも確定済みという事に。この事実に気づくまでの宇宙観とは別次元の学問へ発展します。「人類の20世紀からの目覚ましい工業発展でCO2がホニャララで地球温暖化してホニャララ」などと言ってる場合ではありません。めっちゃBAKA過ぎますね。

気温変動に関する科学データにおける空気読みスキル。臨床心理検査と本質が同じと言えましょう。
この理解を「当たり前で常識的だね。うんうん。分かるよ(空気読めるよ)」という方は、常識的な感覚を持っていると言えるでしょう。

──────────────────────────────────────────────

健全な児童を守る為に筆者は心を鬼にします。
筆者への批判は甘んじて受け入れます。彼らが少しでも自覚を持てるように、これでもかと分かりやすい表現で実態を指摘します。ここまで言われても通じないのであれば仕方が無いでしょう。
誰かがキッパリとわかりやすく言わねばなりません。

【具体的に・・・・CO2温暖化説のアスペルガーポイントを指摘】
怒涛のツッコミ開始!

yahoo-pre-001.jpg
引用元 Yahoo! 私たちの暮らしや健康・生命を脅かす「地球温暖化」の現在地
https://graphic.yahoo.co.jp/sdgs/climate_change/global_warming/
上のデータはIPCCという国連関連のCO2温暖化を主張する組織の発表を踏襲したものであり、その説の典型的な論理展開です。小さな文字でダマされそうになりますが、45億年の自然史の中の、たったの131年間を強引に切り取っています。彼らのプレゼンテーションは最大でも200年間程度しか採用しないものです。あまりにもポンコツです。
 ・・・・繰り返して言うのは辛いけどさ、このデータをこんな風に使ってはダメなワケですよ。それは賢い子であれば幼稚園児でも分かります。このデータに直接「そういう使い方したらアカン」とは書いてありませんが、空気(周囲の状況)を自分から読んで、このデータでCO2温暖化を主張しても定型発達セグメントにハリセンで思いっきり頭を一発はたかれてしまうシーンを察しなければいけません。「このポンコツめ!(バシッ)」そういう空気読みをしていないからこういうツッコミが世界中から入るワケですよ。※アスペルガーと言えば空気を読めないことは一般的にも知られる事実。人間関係の空気読みだけでなくこのような場面でも空気を読めない事は一般的には知られていない。これは正に具体的事例
 「絶対に間違いない(俺の確信)」と、どんなに激しく思い込んでも定型発達セグメントという多勢側の感覚で「ぜってー、ありえないから!ポンコツ過ぎるから!」と、却下されてしまうのはなぜか?病的レベルで当てずっぽう過ぎるから。ここまで当てずっぽうな話を本気で妄信出来る時点でアウトです。そりゃまあ定型発達セグメントから猛ツッコミされてイジられましょう。

※莫大な予算で数十年も研究し続けているのにコレ。ポンコツ過ぎ。実社会で役立たず。社会性ゼロ。無能&無能
世界中で懐疑本、否定本を出版されてしまう・・・・役立たず人間らしい顛末。しかも聞く耳持たないっていうね。社会性ゼロ過ぎ。
このような切り取りをする者は深いところで問題がある。自覚があってこんなことをやっているのであればまだ良いのだが・・・・真顔でやっているのであればキングオブポンコツ社会人。
こういう言われ方をすれば、流石に現実を直視して頂けるでしょうか・・・・・。

定型発達セグメント、かつ、お育ちの良い賢い児童でも容易に分かるデタラメ主張です。「え!?CO2温暖化説ってこんなにBAKAな話だったの!?こんな発表してるオジサン達ってどうしてこんなにBAKAなの!?自覚があればいいけど・・・・無いとなればポンコツ社会人、役立たず人間ってヤツ!?」こんな風に。

CO2温暖化説の概要を定型発達セグメントに伝えるとこんな程度の話なのです。ハリセンで頭を叩きたくなるデタラメさです。
 しかしアスペルガーセグメント(全てではないが)にすると、こんなデタラメで当てずっぽうな話を、激しく妄信してしまう模様です。臨床心理検査的と言える引っ掛け問題のようなモノなのでしょう。
 なお、アスペルガーは複雑な人間関係や社会の出来事など入り組んだ事をさっぱり理解できないので、奇妙な単純な切り取りをしてしまう事が知られています。他の科学データとも整合性が無くてはならないという、そんな極めて当たり前な事を理解出来ないので、こんな奇妙な切り取りをドヤ顔で行えてしまうのでしょう。定型発達セグメントであればお金を貰ってもこんな発表は出来ないでしょう。キチ○イだと批判されてしまうであろう事を容易に理解出来るからです。いくばくかの報酬で一生涯キチ○イ学者扱いされる・・・・誰がそんな仕事を請けるでしょうか。
 高学歴アスペルガーも読書感想文などの推察力を求められるものがボロボロなものです。CO2温暖化説は意図的な捏造という様子ではないものです。無意識的な質的障害思考では?気候変動分析は群を抜いて複雑な考察力が求められます。アスペルガーにとって一番適性がない分野かもしれません。いずれにせよCO2温暖化説のような質的障害的な発表をドヤ顔で行えるなど余程の事情がある事は間違い無いでしょう。

CO2温暖化、CO2気候変動を妄信する人々は「こんなにも分かりやすい話はない」と、ケロリと言いのけるもの。信じられませんが彼らはこれで本気です。世間の人々が、CO2温暖化説にケチをつけようとして意地悪な気持ちでBAKAだポンコツだと言っている訳ではありません。本当にポンコツ的で壊れたAIのような思考なので指摘しているだけです。胸を痛める表現ですがここまでの指摘をしても届かない事でしょう・・・・気づいてくれないかな・・・・・

CO2温暖化説は、甚だ思い込みが激しいとか、自分を疑う事を致命的に出来ないとか、異常に自分に甘いとか、飛び抜けた愚か者と言えるような、病的レベルで頭のネジが緩んでいる人物が絡んでいるであろう事を定型発達セグメントはなんらかのタイミングで気づく事でしょう。それに気づけないようなタイプがドヤ顔で「CO2温暖化説は何が何でも本当だ」などと取り憑かれたように妄信するものです。こんな指摘をされてもなお「絶対に間違いがない」などと頑なに妄信し続けるのですから言葉での説得は不可能なのかもしれませんが?

一人でも多くの人が目を覚ますように、定型的、健常的な感覚に基づいてさらにツッコミしましょう。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

自動車の全車EV化は浅はかです。太陽のスーパーフレア問題 [気候変動に関わるカテゴリー]




papamogu01.jpg
ぱぱもぐ教授

みなさん、こんにちは。
なにかと波紋を広げ続けている「CO2温暖化説とそれに因る気候変動問題」ですが、最近話題になっているのは唐突に進み始めている自動車の全EV化です。

欧州企業がトヨタ自動車の技術に勝つ事ができなくなり不正に手を染め始めました。そしてとうとう欧州とアメリカが「カーボンゼロの為に全車EV化する」と主張し始めて突っ走り始めました。やはりと言うべきか?日本では愚かな小泉セクシー進次郎環境相が追随すると言うのです。

CO2温暖化説は様々な現実を見ていない首を傾げる内容ですが、太陽のスーパーフレアがもしも発生し直撃してしましまったら、最悪の場合は1年以上は電気を使えなくなってしまいます

これはNHK公式サイトの視点論点太陽の脅威とスーパーフレア」2017年10月24日 (火)
放送分から引用させていただきます。
https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/282558.html

京都大学 柴田 一成教授に聞く
>頻度は数千年に一回です。
>2011年の東日本大震災の大地震の頻度、それは1000年に1回と言われていますが、それと同程度ですから、遠い未来の話と思って油断してはなりません。全地球の電力インフラや通信網が破壊され、電気や通信が使えない状態が数か月、いや1年も続いたら、どんなに大変な事態になるでしょうか

続きを読む


nice!(14) 
共通テーマ:学問

東京の温暖化。という××発見器 [気候変動に関わるカテゴリー]





【緊急PRその・2022年5月15日】
CO2温暖化騒動の真相を現時点で最大限的確にまとめました。衝撃の展開かもしれません。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2022-04-17-stupid-ipcc
あんな話を妄信してしまっている人々は念のためにどうぞ。それでも妄信するならご勝手にw



papamogu01.jpg
ぱぱもぐ教授
みなさん、こんにちは。
少々ショッキングなタイトルですがさっそく始めましょう。

先に結論を見せてしまう事にしました。下の図は過去約6,600万年間の地球の気温変動データです。学者さんの間では有名なデータです。
6600-million-years-ago-fig.jpg
よーく見ておいてくださいね。

66-million-per-year-mogu-03b.jpg
先程のデータは、よく見ると周期性(法則の回帰点)が隠れている事に気づきませんか?冒頭ではこのデータのみを示しておきますが、さらに下位レベルの周期性(法則の回帰点)も発見しております。さらにはこの気温変動の周期性と同調する太陽活動の長期周期も発見しております。
 というわけで・・・・気温変動というピッチ(一つの時代)は、明確な周期性があり今後予測可能になります。約3000万年単位でごっそりと予測可能になる事でしょう。
 19世紀以降の温暖化なる一つの時代。それは法則的に存在する一つのピッチでしかありませんでした。この、常識的な感覚での科学データ読み取り。どうやらアスペルガーの学者さんにはさっぱり難しい模様です。何かしらの事情があり、これまでこういう常識的な理解が登場しなかったのではないでしょうか?この科学データには言葉で直接「周期性がありますよ〜。そこ一番大事ですよ〜」とは、直接明記されておりません。そこは空気読みをして自発的に察する必要があります。そしてCO2人為的温暖化説は、そういう「空気読み」がまるで出来ておらず、健常的な学者さんらに猛ツッコミされてしまっていたのでは?CO2人為的地球温暖化説を、有り体に言えば『ポンコツ社会人』が夢中になってしまう要注意の話です。ポッポ鳩山由紀夫氏やセクシー小泉進次郎氏ら夢中になっているものです。健常セグメントの皆様は、どうぞこの指摘を脳裏に彼らとの適切な距離をとって頂ければと思います。

参考として、精神科においてアスペルガー傾向(最新では自閉症スペクトラム)を探る臨床心理検査において、絵画などを用いる事もあるのですが、アスペルガーでは察する事が出来ないものがあるものです。常識的感覚に沿って察する事が出来ないので、世間的にはどうでもいいポイントに夢中になってしまうものです。この気温変動データも正に臨床心理検査と等しい存在なのでしょう。なお、CO2温暖化説は「頭がおかしい?非常識だ」との指摘は古くより。それはアスペルガーという概念と紐付けされる話だったのでしょう。

では、本編を開始しましょう。
まずはここで示した事実(周期性に関する話)を、一度忘れていただいて読み進めてくださいませ。


東京での猛暑。2010年頃から目立っております。それをもって「地球温暖化は間違いなく起こっている!」と大騒ぎしている方々が多いものです。日本の首都であり各省庁があり多くの関係者の皆さんが住んでいるのが東京であり、東京がこんなにも暑くなっているのは地球温暖化が原因だ!と、妄想し易いのでしょう。しかしその理解は偏差値25相当。
 議員の皆さん達はOBAKA-SANが多いと自ら達で告白しているようなものなのです。というわけで今回は東京など、ある地域で猛暑が連続しようがそれは地球温暖化とは全く関係ありません、というプレゼンテーションを行ないます。常識的感覚が無い人、科学理解がズタボロな人はつまずき易いポイントなのです(大変申し辛い事実なので声を小さく)。


【そもそも論・地球温暖化をリマインド】

そもそも・・・・・・
『地球の平均気温が上昇して固定化してしまう事を地球温暖化』
と理解されています。これが社会通念的理解になります。
 しかしながら地球の平均気温ってどうやって計るの?というと難しい話になります。低緯度、高緯度、陸地、海洋、偏西風の影響を多大に受ける地域・・・・場所により気温がバラバラです。さらには各地点には高度もあるのです。
 地球の全部の地点、全ての高度で長期的に観測する事は予算的にも非現実的です。地球の全地点からの平均気温というものを算出する事は人類には難しいものです。地球の平均気温。その言葉はわりとフツーに用いられていますが生易しいものではありません。

しかし・・・・面白い事に気付いた人が現れました。

hyou-shou-core.jpg
極地(南極)の氷床を掘り進んで(ボーリング)、深いところの氷を取り出すと、その中に古い時代の物質が残留している為に、かなり古い時代の、かつ、極地(南極)の、気温の変化が分かるようになったのです。そこから判明したものを『永年の地球の平均気温の変化』と説明されるようにもなり、それであれば地球の平均気温の変化と言ってもいいだろうと社会通念的にも認められ、つまりここの温度が上昇する事が地球温暖化と、常識的な感覚を理解できる研究者の間では一致した意見になっています。※おバカさんな研究者や政治家らの理解は異なる模様
 言うまでもなく極地(南極)の気温の変化は、偏西風などの大気大循環の影響を受け辛い地域ゆえ、データとして均質性が保たれているのです。例えば東京は偏西風の影響で寒暖の差が容易に起こるために均質性が劣り地球温暖化を論ずる根拠には出来ないのです。つまり仮に東京の平均気温の記録が古くから存在してもそれを地球温暖化の証拠には出来ないものです。この辺の感覚が分からない人は、この問題の理解において最初の一歩目からつまずくことになります。均質性という言葉すら知らない事でしょう。

さて。

もしも真の意味で『地球の平均気温』を求めるならば、世界中の隅々に、10,000平米に一つ程度は温度計を設置すべき。海上にも陸上にも山岳部にも。さらには各ポイントの各高度の要所にも。当然に計画及び設置(イニシャルコスト)だけでなくメンテナンス(ランニングコスト)も必要です。
 さてそんな事が出来るのでしょうか?しかしそこまでやって得られるのが真の意味での『地球の平均気温』となるのです。
 すると極地(南極)の氷床コアから得たものは、より正しくは『地球の平均気温相当』と呼ぶべきでしょうか。そもそも用語からもつまずき易いので注意が必要です。

なおCO2温暖化を主張する人は少なくはないですがこの事実すら知らないで語っている人ばかりです。身近に妄信する人がいたら質問すると良いでしょう。そんなもんです。CO2人為的地球温暖化。この言葉を日本国民で知らない人はいないでしょう。しかしその議論の根拠となる地球の平均気温についてこのように説明出来る人は1000人いないかもしれません。なぜならそもそもメディアの皆さんが理解していないしこの分野の学者の中にも実は理解出来ていない人が多くいるからではないでしょうか?事実上先進国を脱落し始めている日本らしい現実です。
 ちなみに『小泉セクシー進次郎環境相』も知らないと思います。あの温暖化少女グレタさんも知らないでしょう。教えてあげたところで理解出来ないのでしょう。そういうレベルの方々の心にCO2温暖化説は忍び寄るのです。
 繰り返しますが『地球の平均気温』なるものは大変慎重になるべきテーマです。生半可なものではありません。それをそもそも安易に語る人は信用に値しません。

南極に調査に向かうことは大変な挑戦です。各国から勇気がある者が向かいました。そしてその結果として氷床コアからのサンプル採掘などに繋がっています。南極調査に関わられている皆さんにあらためて感謝です。
※どのように掘り出しているのか?などは映画『南極料理人』をどうぞ。

Ice_Age_Temperature.png
ウィキペディア『氷河時代』より引用・地球の過去45万年間の平均気温の変化
※言うまでもなく極地(南極)の氷床コアから得たデータです。
 これが俗にいう氷河期現象、正しくは『氷期サイクル、もしくは急速な氷期サイクルとも』と呼ばれる現象です。氷河期という言葉を知っている日本国民はほぼ100%でしょう。しかしその根拠をしっかりと説明できる人となるとやはり1000人程度になるのでしょうか?このデータは大変面白いものです。みなさんの知能検査を行なえます。のちほど正解を示します。失礼ながらこのデータをどう読み取るか?それで皆さんの知能や科学力が炙り出されてしまいます。
※どんだけ空気を読めるか?それが最も炙り出されます。


あ、今更ですが今回プレゼンテーションでは「おバカさん」などそんな言葉を用いて進行します。お下品な言葉ですがそれを用いさせて頂くだけでテキスト量が格段に削減出来ます。
 遠回しな表現ではテキスト量が膨大になるのです。そしてなによりもCO2温暖化を妄信する人はどうも『空気を読む』ことが著しく苦手なご様子です。バリアフリー的な観点から今回の解説においては誰でも分かるように明確に表現しています。定型発達者の皆さんは驚くかもしれませんが、ご自身のように遠回しな表現でも察知できる人ばかりではないという事をご了承下さいませ。

本筋に入る前に・・・・・本質的な事を指摘させて頂きますが、CO2温暖化を妄信する人はある意味で純粋過ぎるのだと思います。そもそも論として世の中の学術論文の9割以上がウソだと知るべきです。IPCC(CO2温暖化主張の総本山)が国連関連の組織だからという理由だけで彼らの事を妄信している人々が多いですがそもそも国連が純粋なものではありませんし、特に気候変動関連の論文はウソが多いです。信用出来るのは1割以下です。真顔でウソを言ってくるのでたちが悪いのですが(本人達は真剣)。
 学者が言う事を鵜呑みする人間はBAKAだ。そう知っていない時点でこの世界の現実を全く分かっていません。『学者』『論文』と聞いただけで身構えない人間は騙されます。
 これはノーベル賞を受賞した本庶氏の言葉です。「学術誌に掲載される論文のうち9割はその後消える」
 小泉セクシー進次郎大臣も「いい人」なのだと思います。しかしこの世界の現実を知らなければ、一瞬は純粋に思える話に毎度騙される事になります。なお、我々はそのような現実を直視した上でこのような発表を行っています。そもそも論としてCO2温暖化を焚きつけられて妄信してしまう人は疑うことを知らない甘っちょろい性格なのでしょう。インターネット絵本のキャラクターにこんな事を言われるなどショックだと思いますが、特に日本は学者のいう事を妄信する傾向が強いので、本日は丁度よい機会なので指摘しておきます。純粋な気持ちだけで生きていけるのであればとても幸せです。私もそんな世界に生きたいものです。しかしこの現実世界は純粋な気持ちだけで生きていけるほど甘い世界ではありません。
 CO2温暖化を妄信してしまう純粋な人は、純粋な行為に見せかけた詐欺に遭い易いはずです。CO2温暖化ほど胡散臭い話はありません。あんな話を妄信する人は危うい人でしょう。ご注意を。科学の世界の方々ではありませんが人類の皆さんはWHOに欺かれたばかりのはずです。世界的に知られる有名な組織だからと言って信用できる訳ではありません。参考まで。
※世の中にいる学者さん。ごく一部のものすごくまともな学者さんと、ものすごくおっちょこちょいで頓珍漢な学者とで二分できます。ものすごくまともな学者さんは大変慎重で自分を疑う事ができるものです。まともな学者さんに耳を傾けましょう。

【格言】
CO2温暖化を妄信する人々は純粋過ぎる阿呆

続きを読む


nice!(9) 
共通テーマ:学問
気候変動に関わるカテゴリー ブログトップ