もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
SSブログ

鶏口舎さんに納品 天然木曾檜(きそひのき) の巻 [ハンドメイドのはなし]

さて、木彫り作家として人気上昇中の鶏口舎さんに、今回は「天然木曾檜」を納品しました。

天然 木曾 檜 てんねん きそ ひのき。

ヒノキといっても、どうしようもない質の安いヒノキもありますし、超高級ヒノキもあります。

この天然木曾檜は、我が国のヒノキの中で、誰もが認める超高級ヒノキになります。

覚えておいて損はないと思いますよ。

今日は、天然木曾檜について語りましょう。

kiso-003.jpg



天然木曾檜・・・・。

天然って何?という話からですね。

ヒノキやスギは、人工林と言いまして、山に植樹をして、成長が早く進むように木と木の間隔をちゃんと保つなど人工的にヒノキを生産しています。人工林で生産されたヒノキは植樹物と呼びます。

そしてヒノキやスギには天然物もあります。

天然林にて種から発芽して、厳しい自然環境で育ったヒノキを天然物と呼びます。

国営の木曾の山の天然林から切り出され出荷されてくるのが、天然木曾檜なのです。

kiso-002.jpg

厳しい環境ゆえ、成長が著しく遅いのです。

樹齢100年程度の木曾檜なんて、まだまだ細いです。300年程度でそこそこ太い。そんな感じです。

細い年輪が特徴です。

なぜ、そんなに長寿なヒノキが豊富に残っているのか?

江戸時代、木曾の山で違法に伐採したら死罪だったからです。@@,

木は貴重なもの。そこまでして保全していたのです。

kiso-004.jpg

真っ赤なヒノキの材ってありますが、天然木曾檜は白いといわれます。

美白。細い繊細な年輪。手に触れるもの、間近で愛用するものにお勧めです。
さらに、ヒノキ材の中でも特にソフトな触り心地。

彫り物師さん達には、とても彫りやすく、心地よいフィーリングです。

長所はいろいろあります。短所は・・・・・価格です。

樹齢300年でもそこそこ太い程度。ちょっとした大きさの材がとんでもない価格になります・・・・。

例えばこの画像のブロック。この材の価格でホームセンターでは節のある杉の柱が10本以上買えます。
価値が違います。

天然もので、成長が遅いのだから、このブロックの中だけで年輪は150本以上。出荷までに数百年。

彫り物は節があってはいけません。節が全くない部位は入札で天井知らずです。
当然に木曾檜といえど節は入ってしまいます。そこを避けて採った材ですから、高価になる訳です。

川越銘木センターさんには、無節の樹齢千年以上であろう、1千万円の天然檜の盤があります・・・@@,
迫力があるけど、細い木目が縦に流れ、その繊細な美しさに心を奪われます。


kiso-005.jpg

さて、今回の鶏口舎さんへ納品した天然木曾檜。

樹齢は最低でも300年。500年くらいあるかもしれません。

天然木曾檜。かつ四方無節(しほうむぶし)。四面に節が無いという意味です。マグロでいえば大トロみたいなものです。

このブロック状の材を、僕のほうで製材して納品します。乾燥は10年以上。

横割りは、手のノコギリで挽きました。時間はかかりますが、ヒノキの芳香を手ノコギリで味わいつつ。

さらに小さく割るのは電動テーブルノコで。

kiso-006.jpg

挽いたら本来の色が現れました。

この後、鶏口舎のミドリさんが、作品に合わせてもう少し小さくしたり、このまま使ったりするそうです。
ミドリさんは女性作家さんなので、天然木曾檜の柔らかさが体に優しいとのことです。


鶏口舎さんの使用している木材。最近は僕が監修させていただいております。

良い材を厳選し、鶏口舎のミドリさんと、鶏口舎作品のファンの皆様に喜んでいただけるようにと考えます。

良い材は作品のオーラが変わります。今後もお楽しみにです。








共通テーマ:趣味・カルチャー