もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
SSブログ

【警告】夏の車内は60度だよ。常に脳裏に。 [まじめな話系]




※短期間限定メッセージ※2022.06.02
申し訳ないです・・・・スポーツ中に負傷してしまいました@@
大した怪我ではないのですが固定が必要なのでしばらく安静にする必要アリ
詳しくは当記事末尾にて
回復しながらドル円相場で遊んでいます。相場が大きく変動しているので面白いです。
もしかするとリハビリの必要があるらしい。まじか。


定期公開記事

立川市の駐車場

7月7日。気象庁発表では36度の酷暑でーす
自動車の中の温度を調べたよー。測定時間は13時30分だよ~
温度計をダッシュボードの上に置き、直射日光が当たってる条件だよ〜

2016-0707-13-30.jpg

60.1度だよ~

湿度は19パーセントだよ~

ママさんたち、ペットを飼ってる人達は気を付けてね~

暑すぎだよ~。やばいよ~

まわりの人に、気をつけてって言っといてね〜

※13:50分頃に温度計を見たら64.1度まで上がってたよー!カメラ収納しちゃったから撮影出来なかったけどね

18529BEB-3E42-4CCE-AC33-C390F6F63D2B.jpeg

★2021年7月21日
この記事を公開開始したのは2016年・・・・5年前!まじか!まじだ!
あっという間という事はありませんが、その後太陽活動と気候の研究を本格的に開始して、太陽系の基礎的理解を大幅に更新する事になろうとは想像すらしていなかったものです。
この記事の温度計を撮影した瞬間の事を鮮明に覚えています。東京オリンピック開催があと四年か~なんて考えていたような。その夏はレゴテクニックの海洋調査船を組み立てながらブラジルオリンピックを視聴していた記憶があります。

──────────────────────────────────

すみません。一部の方はご存知かもですが(ビジネスパートナーさんにはこの後にご連絡します)、スポーツ中に負傷してしまい固定が必要です。やってしまいました。

頭は使えるので余暇は分析作業に費やします。

nice!(19) 
共通テーマ:地域

UAP】米海軍UFO事案。2004年のティクタク事案のまとめ [宇宙の果てについて真剣に考える]

2022年6月24日・最新の情報を追記。
かなり良い内容に研ぎ澄まされてきました。かなり衝撃的な事件だった模様。あらためて読みなおしてくださいね。筆者は今回の追記で目眩を覚えました。
 お詫びを申し上げなければなりません。その時点でベストを尽くしていますが、今回の追記以前の内容は生ぬるいものでした。実際にはもっと激ヤバな事件だった模様です。

数機のF-18が艦隊本部から集合地点を指示されていた。そこに向かおうとすると謎の飛翔体が先回りしており、そのポイントにて先に待機していたとの事w イージス艦のレーダーにも記録が残っているとの事。ま・じ・かw 謎の飛翔体はお茶目な模様ですw 「ちょっと〜、あんた達〜、遅いんだけど〜w※兎田ぺこらさんの声で脳内再生してください」相手方はこんな風に思っていたのでしょうか?

断片的な情報であっても適切に組み合わせれば、明るみに出来る事が多々あります。

【アメリカ国内の様子】
昨年と今年では、当該事案に間する報道のトーンが変わってきました。昨年の空気としては精神疾患者もしくは精神障害者の妄言を取り扱うようなトーンだったと思います。メジャーメディアのアナウンサーが当該問題を茶化しながら伝えていました。
 しかし今年になると現実問題として受け止めている空気感にシフトしています。そりゃまあ有能な米軍パイロットの複数の証言が上がってきている訳で、それを茶化すなどパイロットへの侮辱に等しいものです。
 アメリカ国内で真面目に受け止めるようになれば、米国務省がもう一歩踏み込んだ情報開示をするかもしれません。
 人類は面白いことになってきました。まさかの展開へ突入するかもしれませんね。

今回深掘りする事案に関しては、茶化す人はよほど物事を知らない頭が弱い人だと思います。少々頭が良い人でないと理解できない複雑な展開を辿っています。





オマケPR
当サイトにて『太陽活動の周期性』を発表しています。宇宙の話好きでもあります。そんな筆者が米軍UFO事案をまとめてみました。

太陽活動の周期性に関する発表もお目通しくだされば幸いです。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2021-02-11-cycle-25-yosoku
↑↑↑太陽活動の周期性に関する最新の発表↑↑↑
66-million-per-year-mogu-03b.jpg
地球の気温変動過去6600万年分のデータ。約3300万年の周期×2

6600-million-years-ago-fig.jpg
こちらが基データ。科学データ見たまんまの理解で恐縮ですがw


2021年7月16日
更新が少々遅れましたが、米国務省から・・・・俗に言うUFO、アメリカ政府の公式用語ではUAPに関するリリースがありました。2021年6月25日付です。少し時間を置いてリリースを読み込むと色々とツッコミできるようになってきました。
https://www.dni.gov/files/ODNI/documents/assessments/Prelimary-Assessment-UAP-20210625.pdf
一言で言えば・・・・かつ日本語で表現すれば、このリリースとは「何かいるっぽい」と、言っています。
 情けないとまでは言えませんが、しかし事実として、現在のアメリカ軍などの装備では捕獲すらできないのが現実であり、しかしその事実については具体的に言及する事は出来ないので、最も大事なそこをボカして「何かいるっぽい」と、それは認める形で〆ています。
 何かいるっぽい事を早い段階から知りえていたのにアメリカ軍としては見て見ぬふりをして組織内で隠していたのです。一連の様子は『現実逃避』という言葉そのもの。現実を受け入れたところで何も出来ないのですから一つの選択肢だと思います。日本政府が都合の悪い事を現実逃避し続けるのであればそれはもう体質ですが、アメリカ政府、アメリカ軍の中で現実逃避を続けていたのはイメージと異なり意外でもありました。
 現実逃避とは問題の先送りでもあります。現在できる最大限の事を行ってこそ健全な未来があります。しかし知ろうともしないで現実逃避をし続けていた事は世界の警察を名乗るアメリカ政府およびアメリカ軍の恥だと思います。ヒーローを歓迎するあのアメリカがどうして。映画コンタクト(1997年)では未知の地球外文明からの接触に対してアメリカ大統領は勇気を持って挑んでいる様子が描かれていました。ところが実際には見なかったふり、出会わなかったふりをして現実逃避。現実というものはそんなものなのでしょう。
 なお、今回振り返る通称TIC TAC事案においては『ある空母打撃群』が遭遇していました。空母打撃群の目的はいくつかありますが先制攻撃も含まれます。そんな部隊が謎の飛翔体に出会っているのに司令官らが見ぬフリ気づかぬフリしてスッとボケていたのですから呆れるしかありません。おいおい、映画の中で見られるような勇気ある司令官はいないのかw

ロシアはどうなのでしょうか?ロシア軍もそれなりに何か知りえていそうな気がしますがダンマリを決め込んでいます。ロシア軍であれば攻撃した経験もありそうです。アメリカ軍の場合はUAPというものに寛容的な雰囲気があります。しかしロシアは不詳な飛行物体があれば即警告して即攻撃すると思うものです。アメリカ軍は少なくとも問題ない範囲の情報は全て公開したと主張しています。つまり公開する事が出来ない体験もある様子ですが、ロシアはアメリカの発表を受けて何か反応するつもりは無い様子です。基本的に共産国は宗教禁止など国家を超える存在を認めないものです。するとロシアがダンマリを決め込んでいるのは政府を超える存在を認めかねない発表をして国民の中で変な宗教などが発生することなど無いように、その件には何も言わないでいるつもりでしょうか。
 地球上で度々出会う謎の飛翔体。それが地球外の生命体にて製造されたものであれば、キリスト教、イスラーム教にとっては教義(旧約聖書)と矛盾が発生してしまいより信憑性を失ってしまいます。ですからロシア政府や中国政府にとってある一面では都合が良いのですが、しかし自国政府を圧倒的に超える存在を認める事にもなります。西側諸国とは異なる理由で認めることが出来ないでしょう。ただしプーチン大統領は個人的には興味を持っている事でしょう。何にせよ米国務省が「何かいるっぽい」と認めたことは事実です。

この場面では他国を出し抜いてとにかく接触すべきです。もちろん余程の理性を持っている存在が飛ばしてきているであろう事は想像に容易。独善的な行動で嫌われかねませんがそれでもまずは接触を試みるべきでしょう。どう接触するべきか?そこが一番難しいものですがw トランプ元大統領及びオバマ元大統領の様子から察するにコンタクトを指示していた事実は無いでしょう。



それではティクタク事案を解説していきます

地球外で製造されたと推認される、超高度技術による飛翔体。

2021年6月1日までに米国務省(通称ペンタゴン)がトランプ大統領(当時)の指示により、追加で情報公開するとの事。

日本は後進国になってしまい、日々の報道や話題も後進国的であり、当該問題についても蚊帳の外といったところです。ですからインターネット上においても日本語での情報が極めて少ないものです。
 この事案を他人事のように眺めているだけではワンテンポ遅れる事になるので率先して調べています。筆者の研究自体には何か影響があると思えませんが自分なりに時系列に沿って理解しておきたいと考えました。

本日時点で(4月20日)ペンタゴンの追加情報を踏まえていません。そちらのほうが衝撃的なモノが出てきそうですが、現時点においては『フライング・ティクタク事案』、『GIMBAL事案』、『GO FAST事案』と3つの事案が主に報道されております。

本日は、そのうち2004年11月14日カリフォルニア沖で発生した『フライング・ティクタク事案』の情報をまとめなおしてみようと思っています。※チックタックと訳されている事もある。この記事ではティクタクで統一します。

事件はかなり複雑な展開を辿っていました。2021年5月になりアメリカの多くのメディアが一斉に報じ始めるも、各コンテンツにて断片的に発信される事となり混沌としております。そこで情報分析のプロが趣味がてらにここにまとめあげておきました。

フライング・ティクタク事案は米国務省(以降ペンタゴン)が一連の動画は実際に米海軍で撮影されたものだと公式見解を発表した3ケースの中の一つとなります。

米国務省公式サイト・動画公開時のプレスリリース
(Statement by the Department of Defense on the Release of Historical Navy Video April27,2020)
https://www.defense.gov/Newsroom/Releases/Release/Article/2165713/statement-by-the-department-of-defense-on-the-release-of-historical-navy-videos/
このプレスリリースのどこに注目すべきか?それはタイトルです。「歴史的な米海軍のビデオ」と表現しています。「歴史的な」という表現ですが、民間の企業が「歴史的な売り上げを記録」などと用いているような状況ではありません。米国務省がこんな表現を使うことは注目に値します。重さが異なります。その歴史において並ならぬものであるとの認識を米国務省もしっかりと持っているわけです。

Luiz Elizondo氏に感謝
luiz-lizondo-cnn.jpg
そもそもは2017年12月19日(現地時間)にLuiz Elizondo氏がCNNに出演し動画を持ち込んで国民そして世界へ向けてアメリカ政府が隠蔽している事実を告発してくれました。それにより情報公開へ大きく前進する事となりました。トランプ政権下だった事も幸いしたかもしれません。勇気あるLuiz Elizondo氏に心から感謝です。
※元国防総省 防諜部員。勤務歴20年。一連の件の為に退職。タリバンやアルカイダ、ISISその全てに対応してきた実績を持つ。
「組織の片隅で尽力してきたが無駄に終わった。最終的に国防総省を去ったのは省や長官に対する忠誠心から。決して背信行為ではない」
※国防上の超重要ポジションで活躍されていたわけで、アメリカに限らずに人類においても目立って優秀な人物と推察される。世界ランキング100位以内?俗に言うネット民(蔑称おまえら)の中には一人もいないようなエリート。こんなレベルの方ですからアメリカそして人類の為にこの件に深入りして下さったのでしょう。

参考として・・・・・・

You Tubeアメリカ軍公式チャンネル「USA Military Channel」
こちらでもこの動画が公開されています。この公式チャンネルでこの動画が公開されている事は押さえておくべきポイントです。このチャンネルでこんな動画が公開される日が来ようとは・・・・

筆者はこのチャンネルにてステルスB-2やSR-71、U-2などのレア機種の動画を視聴していました。日本の同盟国アメリカ。その同盟国の航空兵器を視聴出来る貴重なチャンネルです。まさかこんな動画が・・・・21世紀前半で来るとは・・・・眩暈を覚えますねw
──────────────────────────────────────────────────
先に覚えるべき専門用語

兵装システム士官(へいそうしすてむしかん)
Weapon System Officer
略してWSO。ウィソーという発音で聞き取れる。アメリカ軍の正式用語

今回解説する事案ではF-18スーパーホーネットが登場する。F-18は単座タイプ、複座タイプが存在するが、基本的には複座タイプは前の席がパイロットが搭乗し、後部座席にはWSOが搭乗する。
 以降においては平易な内容にするために『武器オペレータ』と解説するがアメリカ軍の正式用語としてはWSOである事を念頭に。WSOは操縦も許可されているとの事。

※参考としてF-18の中には後部座席にパイロットが搭乗する仕様もあるとの事。しかし今回のケースでは話しぶりから推察するに前座席にパイロットが搭乗していたと思われる。確定次第追記する。

F/A-18F スーパーホーネットの艦載機であり複座タイプ
F/A-18E 上のものの単座タイプ
以降では省略してF-18スーパーホーネットと表記するが上記が正式な表記である。

通常、複座型は後部座席がWSOが着座。しかし必ずしもそうとは限らないとの事。前後の座席で操縦出来るように操縦系統が共有されている。今回深堀りする事案は2004年に発生
。その後機体にアップデートがあったが、あくまでも2004年時点の仕様である事を念頭に。

──────────────────────────────────────────────────
掴んでおくべき当該問題の実態

証言する事を未だに拒んでいる関係者もいるものですが、そのような関係者の事を、敢えて除外して証言しているもので、本当であれば「二機で向かった」というところを「現場に向かった」と証言しているケースがあります。そのような証言では一機で向かったように聞こえてしまいますが、一機で向かったとは断言していません。注意ポイントです。
 そして、これまで証言を拒んでいた人が証言をし始めると、すでに証言している皆さんは空気を読んで「二機で向かった」と、より明確に証言してくださるようになるものです。そんな風に時間経過と共に新事実が少しずつ明るみになっていくもので、そういう細かな新事実をこの記事に随時追記してきておりますが、今回はかなり多くの追記を行なっております(2022.06.20)。

──────────────────────────────────────────────────

フライング・ティクタク事案 概要

※ペンタゴンがリリースした動画及び取材に応じた米海軍関係者以外の画像はイメージ画像。引用元は末尾にて。

2004年11月。空母ニミッツ艦隊群が南カリフォルニア沖、サンディエゴから南西約100kmの地点で演習を行なっていた。※当時はジョージ・W・ブッシュ大統領時代

map-05.jpg

nimitz-fig.jpg

同年11月10日頃から不可思議なレーダー反応があった。

続きを読む


nice!(11) 
共通テーマ:ニュース