もぐらのもぐ インターネット絵本←こちらからリンク
SSブログ
コロナウイルス関連 ブログトップ
前の10件 | -

起源に迫る論考シリーズ】新型コロナウイルス感染症・関連用語命名に関する年表・法学的観点で [コロナウイルス関連]

※より良い内容への追記は随時。常に最新版をどうぞ
さっそくver.2へ移行。本質的には変わらないが、中国側の組織名詳細を追記。より明確になった。
中国の初期対応がなぜデタラメだったのか?明確に解説する事も成しえている。
当該テーマをロジカルに理解したいアクセス者さんはぜひどうぞ。

【注意点】
時間を掛けて裏取しているが、何せ人間なので無意識的な錯誤もあると思われる。中核となるポイント(法律の存在)は確実なものだが、新事実の登場にて〝線の結びつき方が変わる可能性あり〟。
 ここでの内容はあくまでも筆者の脳内で組み立てたものである事に注意。今回示した事を昇華させるのは皆さんの役割かもしれない。頭脳明晰な者よ、任せたぞ。

せめてものプレゼントだ。
chaina-taikei-10.jpg
クリックorタップで拡大する。これを保存しておき、もう1台のハードに表示させながら読み進めればより理解が容易になるだろう。ここでは一切記憶しなくても良い。


あなたの疑問
「SARS-CoV-2」って一体何?え?サーズ?新型コロナウイルス感染症でしょ?
と、困惑し続けているあなた。もしもあなたが偏差値高めの人であれば、以降の内容で真相を知る事が出来るだろう。

おそらくは・・・・世界で初めて言及している新事実が多数あると思われる。インターネット上に陰謀論的な考察が溢れているが(99.9%?)、社会人としてそれなりの経験がある分析者が客観的に情報を取りまとめてみたところ、以降に示す事実が浮かび上がってきた。

コロナウイルスに関する基礎的な理解はこちらの文献を参照している
国立感染症研究所・ウイルス第三部
http://jsv.umin.jp/journal/v70-2pdf/virus70-2_155-166.pdf
プロフェッショナルの文献。
────────────────────────────────────────────────
筆者の私見・強引だがここにこんな事を差し挟んでおく。

〝論理構造〟

まずは・・・・・
霞ヶ関の官僚さんの中には、今回筆者が披露する〝ある事実〟を、定年退職後に
秘話としてまとめて著書を発行しようと考えていた方がいるのでは?と思われるが、
まさかの民間側の者が気づいてしまいこんな場で発表する事となってしまった。
民間側の者がこんな事実に気づく事はかなり難しいと思うが
いなくはないという事になろうか。先に公開する事になり申し訳ない。
ただし官僚ポジションだからこその生々しい証言があろうかと思うので、仔細な秘話を楽しみにしている。言うなれば霞ヶ関ネタと言ったところか。
 なお・・・・筆者としては関連用語の由来を調査している過程で「ああ、そういう事だったのか」と気付く事となった。

中国が何を中心に動いているのか?そんな事を垣間見る論考になる。アカデミックな内容であり民法などのテーマ(いわゆるお茶の間の話題)に採用される事はないであろうが、以降の事実を知らないままに当該テーマを論ずる事は出来ないだろう。
 今夏は筆者のプライベートにおいてある事のアニバーサリーイヤーになる。そんな訳で辣腕を振るっておいた。無料の読み物の域ではないモノをお届けしたいと思う。当サイトでは基本手抜きしてきたが今回は筆者の持っている能力をそこそこ発揮しておいた。まあそれでも遊び半分ではあるが、筆者のキャラクターを窺い知るには面白い記事になるだろう。

主要と言える全ての伏線を回収しておいた。ある事実に気付くと今回事件(新型コロナウイルス感染症パンデミック事件)の実態をクッキリと浮かび上がらせる事が出来る。今回解説する事実を紐といた瞬間・・・・「達した感」は人生においてそう何度も味わえないものであり、それを世界最速?で味わえた事は一生涯忘れないかもしれない。

筆者がここで示す論考レベルの分析を遊び半分で出来るような若き分析者の登場を期待する。
 もしも今回論考を楽しんで頂けたら、筆者による太陽活動と気候変動の論考も楽しめるだろう。よろしければどうぞ。(https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2021-02-11-cycle-25-yosoku

中国サイトのリンクをソースとして設定しているが閲覧はお勧めしない。
まっさらのPCにOSとブラウザだけインストールして公共Wi-Fiなどで閲覧して
常にイニシャライズを行うような方以外はアクセスしない方が良いだろう。

musked-rider-v3mogu01.jpg
「当事件においては法律自体が証拠となり得る.そのような立証は史上初の事ではないか?」2022年8月7日もぐらのもぐ筆者
────────────────────────────────────────────────

このページは・・・・・・
新型コロナウイルス感染症・・・・・この言葉(関連用語)の由来やウイルス自体の起源について探る論考シリーズにおいての『基盤となる主なる論考』として編集した内容である。
 論考シリーズを展開するにあたり、時系列としてまとめた年表(基盤)があったほうが理解が容易と考え、基盤となるこのページを先行で公開しておくものである。

編集に際しての特色として、医学領域の事件であり、その分野の記者による記事が多く公開されているが、今回は法学領域の目線で編集している。新たな発見が多く織り込まれているだろう。結果を残しつつある今だからこそこんな事を言える資格があるが、法学領域目線で振り返らなければいつまで経っても陰謀論的な論考しか登場しなかっただろう。今回の筆者の論考において、やっと、真の意味での史実的振り返りが出来るようになったのだろう。

どの国、どの組織に対しても公平な評価を心がけたコメントを付記している。
しっかりと調査すると中国政府は勘違いされてしまっている事が多々ある。彼らの名誉のためにも公平に評価している。
 世間一般でこれまで語られていたシナリオと異なると思うが、広い視野で、かつ、陰謀論的な捉え方を排除している。史実の出来事としての資料になるのではないか?
もしも以降の編集内容を学業などに利用する場合は、出展を表記してくだされば特に連絡なく利用していただいて結構。内容を踏襲した利用についてはご交渉を。引用して記事を執筆する場合は商用利用でもお気軽に利用して頂ければ。
 サイトは多くの記事が無断で使用されてきたが多少の事は気にしないで運営してきた。しかし今回論考シリーズと太陽活動分析関連のいくつかの事については社会通念的な感覚に照らして対応していきたいと考えている。

まとめサイトさんにはこれまで世話になっているのでまとめサイトの運営者さん(これまで一切絡みが無くても)はご自由にどうぞ。個人ブロガーさんやYouTuberさん(広告付きでご活動なされていても)はネタにしてコンテンツを起こして頂いても構いません。ただし無理に拡散してくださいという訳ではなく、アカデミックな内容なので素人受けは期待出来ないので、それなりのレベルの皆さんだけが知り得る事実として酒の肴にして下さるのが良いだろう。筆者としては自分で理解成し得た満足で十分。2022年においては日本人の中で優秀な人間は3%もいないだろう。ターゲット層は日本人/3%以下といったところか。筆者はそんな現状を諦めている。そんな思いがあり全国民に周知させようとも世界の人々に発信しようとも思わない。(世界的スクープ!そんな内容なのだが、そんな事すらも多くの日本人が理解できないのが実態だろう・・・・嘆いても仕方がないな・・・・)

何にせよ、当該テーマの分析というもののハードルを一気に高める事になる。
今後は質の低い記事が登場してこないことを祈る。世間の皆さんは今回論考を踏まえれば、ここで何を言っているのか?ご理解いただける事だろう。

【当サイト初来訪の皆さまへの補足】
参考として・・・・・

2017年12月28日 CCTV放送・石正麗(シー・ジェンリー)らのSARSコロナウイルス研究を特集した番組
視聴必須。ぜひご視聴を。
唖然とするデタラメな研究実態。コウモリを手づかみしてオモチャのように扱っていたり、マスクもしないでコロナウイルスを取り扱っている。これが武漢ウイルス研究所の石正麗達の幼稚な日常。なおこの放送の直後となる新年早々に科学系のアメリカ外交官が武漢ウイルス研究所に視察へ向かい本国に対して公電で・・・・・

安全性と管理体制にぜい弱性があり、支援が必要」※幼稚な人々だからね・・・・
SARSを発生させかねない」※っていうかその2年後くらいにマジガチでやらかしたっていうね・・・・

と、レポートしていた。この番組を視聴しないで当該テーマについては語ることが出来ないだろう。一言で言えば非科学的とも言えるし幼稚な人々とも言える。
 このTV番組から察するに、コウモリコロナウイルスを研究所外へ漏出させてしまうのは常日頃の事だったのだろう。※SARS様コロナウイルス、SARSコロナウイルスは異なるものである事は知ってこの番組を視聴せねばならない
※SARS様コロナウイルスにも複数系統がある。その辺りのことは別論考にて。
※雲南省の住民に対するスクリーニング血液検査で抗体が確認されていた。つまりこのデタラメな実態は、研究所内で自分の体内でSARS化させ武漢市街にそれを漏出させていた可能性を否定し得ない事を意味する。この番組は大変重要な証拠になりうる。

wohan-map-2021-06-12.jpg
武漢ウイルス研究所と初期患者が搬送された武漢市内の病院の位置関係。参考にどうぞ。

アメリカ外交官視察の件一部引用
「ワシントン・ポスト紙は、入手した外交公電をもとに、これについて報じている。それによると、2018年にアメリカの科学専門の外交官がたびたび、中国の研究施設視察に繰り返し派遣されていた(筆者注・2018年1月のこと。つまり上の放送から一ヶ月以内)。その上で本国の政府へ、研究所の安全性に問題があるという警告を2件送っていた。
記事によると、米外交官たちは、武漢ウイルス研究所(WIV)の安全性と管理体制にぜい弱性があり、支援が必要だと求めていた。
 また、この研究所が行っていたコウモリのコロナウイルスの研究が、重症急性呼吸器症候群(SARS)のようなパンデミックを起こしかねないと、視察した米当局者たちは懸念してたと、ワシントン・ポストは続けている」引用元・https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52335189
公電は2018年1月19日付と報道されている。それが一度目の公電ではないか?
https://www.washingtonpost.com/opinions/2020/04/14/state-department-cables-warned-safety-issues-wuhan-lab-studying-bat-coronaviruses/

石正麗の人柄を窺い知ることが出来る彼女のコメント
外部からの疑惑と非難に直面した石正麗は、2月2日、微信(WeChat)のモーメンツで怒りに燃えて次のように反応した。
「2019年の新型コロナウイルスは大自然が人類の愚かな生活習慣に与えた罰だ。私、石正麗は自分の命をかけて保証する。実験施設とは関係がない。不良メディアのデマを信じて拡散する人、インドの科学者の信頼できないいわゆる学術的な分析を信じる人にご忠告申し上げる。お前たちの臭い口を閉じろ
引用元・https://toyokeizai.net/articles/-/329766?page=2

今回論考は武漢ウイルス研究所の過失については深堀しないが、みなさんが思うような常識的な感覚の研究実態では無かった事は間違い無い。 


今後は・・・・年表的記事(当ページの事)を基盤として
・武漢ウイルス研究所の過失
・WHOテドロス氏そして日本政府らは、なぜ、楽観モードで初期対応を誤ったのか?
・世間で言われている人工ウイルス説を筆者目線で分析
こんなタイトルの個別ページを追って公開していく予定である。

以降の解説を川に例えるならば・・・・〝アジアの大河・長江〟という印象。
今回盛り込めないが必須となる補足が〝長江に接続する各支流〟になろうか。
図太い河川に幾つかの河川が接続する事で全体像が完成する。
今回の内容で全体像というものは炙り出せているので、補足の公開を焦らそうとしているわけではない。ただ単に時間が追いついていないだけ。

何にせよ、大河・長江と各支流が繋がった時、当該事件(新型コロナウイルス感染症パンデミック事件)の体系的理解を成しえる事になる。
 パンデミック突入以降、膨大な報道があったが断片的な情報しか存在しなかったゆえ、雲を掴むような状況だった。しかし今回の論考にて筋道立てた理解を成しえる訳で、責任追及などにおいて明確に指摘出来るようになる訳だ。
 正義の味方の俺様にとっては適任の仕事。正義のヒーローは悪のライダーやクリーチャーと対峙する事だけが仕事ではない。


【ご注意】
この記事の最末尾にいわゆ食用野生動物市場なるものの実際の様子(武漢市のそれではないが)の画像を二点掲載している。大変胸を痛める実態ゆえ、そのような画像は見たくないという方は最末尾まで行かないように。最末尾の前に関係ないネタを引用し始めているので、その辺りに達したらそんな画像が配置されていると察して頂ければ

筆者は実は中国好きだ。無理に褒めはしないし無理に貶しはしないが・・・・論考シリーズの最後の論考として中国の美しい部分をレポートするもので〆たいと思っている。それは今から予告しておく。

────────────────────────────────────
以降の内容における主要なポイント・あらすじ

新型コロナウイルス感染症ってどこから来たネーミング?
SARS-CoV-2って突然何よ?
それはこんな事実から始まっていた。
余程の社会人経験が無いと紐解けない事実を筆者がまとめあげてみた。
───────────────────────────────────────

そもそもは中国側がWHOを置き去りにして「張り切っちゃうアルよ~!」と、暴走開始した事から始まるトラブルなのだが・・・・・

ウイルスの分類には国際基準というものがある。例えば石正麗が勝手に分類してネーミングしても、プライベート分類&ネーミングというものでしかない。それが大前提的理解。

ところが・・・・武漢市でそれが発生し始めた時に石正麗がいわゆるプライベート分類とネーミングを声高にアピールし始めてしまった。中国人は国際ルールの遵守や国際基準という感覚にそもそも疎いものだが、プロのウイルス研究者としては甚だ幼稚と言えよう。

結論を言ってしまえば、少し間を置いて国際基準の分類というものが国際ウイルス分類委員会から公表されたが、「SARS2」「SARS-CoV-2」というわけで、サーズ2型というのが国際基準にのっとった分類だったのだ。

なんにせよ中国側の組織全体が〝石正麗基準 = 頓珍漢 = 全く新しいコロナウイルス〟を盲信してしまった。
 中国の法律ではSARSの対処は法改正して立派な取り組み(政策)が準備されていたので、SARSの2型であっても実務的にはSARSとして対処できたわけだが、細かな事にコダわる幼稚な石正麗が〝全く新しいコロナウイルス!〟と、主張し続けてしまったので、あらためてそれを法律に足す作業(条文の追加)を必要としてしまったのだ。

「命名に関するトラブル?たいしたトラブルではないのでは?」そんな風に軽く受け止めてはならない。

それはなぜか?

中国政府中央が、武漢ウイルス研究所の女性研究員の自己主張に流されてしまい、法律の解釈(感染症対策法における分類)をゼロから仕切り直していた事が判明した。それが中国政府の本格的な対応の遅れに繋がっていた! 具体的には20日間程度遅れていた事になろう。
 つまり・・・・感染力が高い武漢市からのコロナウイルス。その初期対応で空白の20日間が発生していたという事になるのだ。しかも天河国際空港がある武漢市において。

★2019年12月30日に武漢市中央第二医院・李医師の過失から流出したウイルス解析結果はSARSコロナウイルスとの解析結果だった。
dr-ri-report-03.jpg
その現物データの拡大。SARS冠状病毒(コロナウイルス)として解析されていた
実務上ではSARS様のコロナウイルスとSARS様の症状が確認されているのだから、SARSとして対策を始めるべきだった。ウイルスが完全なる一致性ではない(約80%の一致)事が、実務上においては問われないもの。そもそもウイルスの一致性を必須とする条文が存在しない。法律というものは多少曖昧にしてあるもの。実務上足枷になるゆえ。

なんにせよ、実務上においては甲類か?乙類か?丙類か?・・・・・
いずれかに当てはまらないと法律を適用した対策が採れない事になる。
全く新しいウイルスだ!と、表現されてしまうと既存の感染症ではなくなる為に、
ゼロから審理する必要がある。

意外かもしれないが中国は習近平国家主席と言えど法律がなければ出来ぬ事は出来ぬ。
実務上ではSARSとして処理できるはずなのに、幼稚な人々がバカ騒ぎしてしまい、
中国において、世界において、史上初めて発見されたウイルスと感染症という流れに。
そうとなれば法律上の感染症リストに登録する必要があろう。
正式な登録が終わるまでは、ビジネス用語的に言えば〝ドラフト状態〟で何も出来ない日々が続いていたという事。
その間は武漢市で次々と感染者が増えていったという訳だ。

彡(゚)(゚)「はえ~っ 1秒すら惜しいって時に20日間程度も静観!そりゃ世界的パンデミックになるンゴ!」
(´・ω・`)「今回はこの件を主に追及するけれども、この追及が新型コロナウイルス感染症に関する混乱を紐解く大きな鍵になるんだよね。ここが混乱の爆心地ってことになるかな」

あらすじ 終わり
───────────────────────────────────

中国の感染症に関する法律のあらまし

★ここで遠藤誉博士の2020年の記事を振り返ってみよう
◆中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授、理学博士
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200124-00160069
新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れたのか?

筆者は遠藤博士と直接的なお付き合いも間接的なお付き合いもないが・・・・・遠藤博士の古い記事であり、最新の見解ではない。公開から二年以上経過している。それを踏まえて頂きたいが・・・・ただし中国問題グローバル研究所所長が、なぜ、中国の法律事情を一切踏まえない考察を公表していたのか?弁明する必要があるかもしれない。習金平国家主席による本格的な対応が遅れていた事は史実の出来事である。しかし遠藤博士の分析は中国の内政問題をほぼスルーしており、当てずっぽうで陰謀論的な印象である事を否めない・・・・
 初期対応の遅れ・・・・あくまでも習近平国家主席は法律に従って指導しているという事実が今回筆者の調査で判明したという事になろう。どんな危機的状態にあっても、国家主席といえど法律が無ければ、出来ぬことは出来ぬという事。全人民の中から代表が選ばれ、その代表が取り決めた法律のほうが国家主席より重い。これが中国の論理構造でありエッセンスである・・・・。中国という国がどんな国なのか?ものすごく理解を深める今回の論考になろう。遠藤博士の論考をここで引用させて頂くことは大変申し訳ないが、しかし、多くの日本人を誤解させてしまう記事であったので、古い記事ではあるものの正しい史実的解釈の為に、誤った理解の一例として引用させて頂いた。
 読者の皆さんには・・・・もぐらのもぐ筆者と中国問題グローバル研究所所長の分析との異なりを楽しんで頂ければ。日常で見かける中国の内政関連の記事がどんな実態なのか?そんな事も伺い知れるかもしれない。(筆者としては最大レベルの法則(法律)などから下ってくる手法がロジカルな分析になるのではないか?と考えている。)

さて。習近平国家主席の対応が遅れに遅れた事は事実。しかしそれは〝石正麗〟が国際基準という概念を知らない幼稚な人物であり、かつ、独自のマイワールドに執着した事で、まったく新たなる感染症として法律に条文の追加(新たな感染症としての追加)をしなければならなくなってしまったから・・・・SARSがいつ発生してもおかしくない。だから緊急対応用のハードも準備していたが、石正麗の独自のコダわりから、まったく新たな感染症として条文の追加(新規認定)が手順として必要となってしまったという事。繰り返すがSARSの2型という事であれば実務的にはSARSとして感染症対策を行い、ゲノム解析の詳細については追っかけて行えば良い訳で、優先順位としても感染症対策こそが一番高い事は言うまでも無いだろう。今回は詳述しないが石正麗は常識的な感覚での優先順位付けが不得意な様子だが、そういう場面でそういうクセが出てしまったのだろう。

みなさんもすでにご存知であろうが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)という関連用語を日々見かけているだろう。それは国際ウイルス分類委員会という世界的立場の公式かつ正式なウイルス分類を根拠にしたネーミングである。
 石正麗が中国政府や世界に対して主張していた新型コロナウイルス(2019-nCoV・2019 novel corona virus)は、プライベート分類という事になる。それはあくまでも石正麗個人の見解と主張となる。つまり石正麗はプラィベート分類と、国際ウイルス分類委員会による分類の区別がついていなかったのだろう・・・・さきほどの動画を視聴すれば分かるが、この人は〝先天性の何か〟があるのではないか?例えば現代社会になり、主観と客観の区別がつかない気質の人がいると分かってきたが、健常的な感覚ではなく常に独善的であり、社会の中で浮いている印象を拭えない(例えばアスペルガー症候群?)。何にせよ、石正麗は常に独善的な言動で周囲に波紋を広げている事に気付く。本人はウソをついているつもりは無いのだろうが常日頃から主張が何かおかしい事を否めない。実はアスペルガーはそうやって周囲にウソつき扱いされている事が多く、そういう事も一つの要素として疑っておくべき人物である事は間違いない。(中国人のデタラメ気質を踏まえても石正麗はズバ抜けてデタラメ)
こんな指摘をするのは心苦しいが、こんな事を人類で二度と発生しないようにハッキリと指摘しておく。

中国の感染症に関する法律に対して正式に公告(条文の追加)が出されたのが1月20日付。
2020-no-one.jpg
〝新型冠状病毒感染的肺炎〟に注目。
これにより、武漢市から発生したそれは、国家として正式に感染症として決まった。
かつ、乙類として登録されるも甲類として対処する(つまりSARSと同等・ぶっちゃけ同じものなんだけどねw)事も決まった。
 甲類とは、最大レベルであり隔離治療を義務化されたという事。中国における隔離治療・・・・それはもう日本人の思う人権というものが保証されるような実態ではないだろう。しかし何にせよ習近平国家主席がこれにて大号令を発する事が出来るようになった。
 そしてこの公告の3日後に武漢市ロックダウン、5日後には大型隔離治療施設を建造開始。それらが20日間以上前倒しされていても良かったのだ。
 乙類登録。但し甲類として対処。つまり甲類に関する審理をゼロから行うとなればいい加減に済ます訳にはいかない。
彡(゚)(゚)「そもそもSARS-CoV(昔のやつ) と SARS-CoV-2(武漢のやつ)ではゲノムが8割程度一致しているって話ンゴ」
(´・ω・`)「感染症対策の法律はゲノム解析の完全なる一致性って関係ないんだけどね。実社会、実務上っていうのものでは自分のコダわりよりも優先されるものなんだけどね・・・・」

彡(゚)(゚)「WHOを信じて彼らに主導権を渡していれば・・・・・」
(´・ω・`)「今となってはWHOもアレだけど、発展途上国などに出向いてアカデミックな助言や指導を出来る組織だったはずだからね・・・・コミュ障的な振る舞いでWHOと連携できなかったんだろうな・・・さもありなん・・・・」

すでにSARSは法整備してある。武漢市のそれをSARSだと認定していれば20日ほど前倒し出来た事だろう。実際に国際ウイルス分類委員会による実務的な分類では〝SARS 2〟との分類とネーミングだった。(時系列では、国際ウイルス分類委員会の正式な分類とネーミングは後になる。詳しくは後述)
 石正麗のKYな振る舞いでオールニューのコロナウイルスとして、オールニューの感染症として新規登録した事になる。
 あの急造された隔離治療型ユニット式病院。あれは甲類感染症発生時に備えていたものだった事が判明。あれを新年早々に建造出来ていたはずだった。法に沿って厳格に準備されていたのに、その、法というものを、結果として幼稚な石正麗がイタズラに動かしてしまったが為に、多様なハードを準備していたのに何も出来ない日々が続いてしまっていたのだ。

皆さんも下調べしていると思うが、SARSと新型コロナウイルス感染症の症状は基本的には同じ。亜種というものであり、まったく新しい疾病という事はありえない。それを石正麗の『KY&独自の強いコダワリ』が周囲の人々を勘違いさせてしまい、こんな大事になってしまった。後述するが多くの組織を通過して最終的には国務院の承認を得るような、通常起こり得ない珍事が発生してしまっていたのだ。検査キットもワクチンもSARS用のそれを少々の変更をすれば使用できたそれが何を意味しているのか?実務的、常識的には亜種という事になる。

「SARSの亜種だ」国際基準かつ常識的な感覚ではそれが適切な分類だが、石正麗は常に頓珍漢な様子だが、国際基準という感覚も知らなかった様子であり、自分の研究が自国の法律による事実上の甲類として対処される感染症を引き起こすウイルスを研究しているという大前提の理解が出来ていなかったのだ。KYとも言えるし幼稚とも言える。冒頭の動画を視聴すれば分かるが研究の実態はまるで幼児のお遊び。彼女の主張の基盤と言える〝中間宿主媒介説〟もデタラメだった様子だ。(雲南省住民の血液スクリーニング検査研究の登場にて)
 勉強は出来るタイプだったようだが常に常識的な感覚を欠いてしまっており、自分が研究しているコロナウイルスは、自国ではペストと同類として扱われているからこそ、石正麗には研究資金が他のウイルス研究よりも流れ込んでいただろう。それは石正麗が優れた研究者という訳ではなく事実上の甲類として対処するコロナウイルス研究だったからと言える。実際に中国の法律において(後述)感染症の研究の充実についても条文があり、2005年の法改正はSARS対策を盛り込む事が要件だったわけで、石正麗のコウモリコロナウイルス研究には積極的に資金が流れ込んでいた事は想像に容易であり、実際に彼女は多くの発表をネイチャー誌に投稿している。

中国において法律用語にもなっていたSARSという用語を好き勝手に変えてしまったらマズいだろう。特にSARSは隔離治療が義務化される扱いであった。国家としてそんなに重く受け止めている感染症のSARSという用語を好き勝手に入れ換えてしまうなど、頭がおかしいとか、非健常的と言えるレベルだろう。しかしそれがまかり通ってしまったという訳だ。

世界的パンデミック突入直前の危機的状況において何が大切なのか?石正麗は他人への迷惑や自分が置かれている立場や責任をまるで理解出来ていない幼児のような人物で、コロナウイルス遊びを楽しんでいたのが実際のところだろう。
 コロナウイルス遊びを楽しんで、楽しんで、楽しんでいた。それだけの人。常識的な大人であれば自分の取り扱っているコウモリコロナウイルスが国家がどんだけ重く受け止めているそれなのか?察する事が出来るだろうに、彼女は頭が空っぽで何も考えていなかった事が判明したと言える。
 そもそも常日頃から常識的な感覚での想像力を常に欠いている様子なので、土壇場の場面でもマイペースに振舞ってしまったのだろう。そんな彼女の研究所から地下鉄にてすぐにアクセス出来るような範囲で2019年末にSARSコロナウイルスの亜種が発生。しかし全然へっちゃらな態度。よほど幼稚なのだろう。

では、中国の法律をここで紹介しておく。
★重要ポイント先程の〝2002年第1号〟公告はここで紹介する法律に対する条文の追加(新たなる感染症の追加)だった。

中华人民共和国传染病防治法(全国人民代表大会2005年8月5日)※日本で云う改正法
下記リンク先は原文および公式法解釈。平易な解説。

※以降では〝感染症の予防と治療に関する法律〟と用語統一する事とする。
※この和訳は中国政府公式ではなく、あくまでも今回記事に対して筆者が独自に翻訳したものである。

ttp://www.npc.gov.cn/npc/c2193/200508/8d0a5e301e9341d8b4e5afa99c9b675f.shtml
上記は引用元サイト。

https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2022-08-07-chinese-law
上記は当サイト内に全文を引用掲載させて頂いたページ。完全引用。レイアウトだけは見やすく強弱を付けるなどしている。2005年の法改正はSARS対策が要件だった事が分かるだろう。

第一条のみ引用掲載する。
第一条 为了预防、控制和消除传染病的发生与流行,保障人体健康和公共卫生,制定本法。
(第一条 この法律は、伝染病の発生及び蔓延を予防し、抑制し、及び根絶し、人の健康及び公衆の健康を保護することを目的として制定する。)※この翻訳は中国政府公式のものではない。
日本の法律用語において「および」は、同列を意味している。中国の法律用語において「および」が同列を意味しているか?それは調査継続中。たったそれだけの事と思うなかれ。その解釈で別次元の法律になるのだ。日本の法律用語においては「ならびに」という表現はレベル落としを意味する。例・○○及び○及び○。並びに○○は・・・・
補足。冒頭のTV番組と同法の関係・同法の第10条にて感染症に関するCMや番組を無償で放送すべしとの規定があり、かつCCTVが名指しで指名されている。新華社と異なりCCTVは基本公告収入で経営されている。民間的メディアなのでそのような指名があったのだろう。それもありCCTVは何度か武漢ウイルス研究所の発見についても報道している。別の論考で詳しく)

★この法律の特徴として・・・・
第1条にある〝予防〟その文言の解釈として、予防出来れば治療は必要無い。なので予防に重きを置く。予防しつつ治療するのであれば予防をしっかりと行う事で治療する必要が無くなる。それゆえ第1条にて〝予防〟が前面にて強調されている。中華的合理的理解。
 〝および根絶※中国政府公式翻訳ではない事に注意〟
その文言からの法解釈として隔離治療が義務化されている。つまりロックダウン政策は法的根拠が存在したのだ。
 何にせよ中国のSARSおよび新型コロナウイルス肺炎の対策は、この第1条から全て始まっており、各条文を基に厳格に決定されている。この事実を知れば中国各省のやり方に多少の異なりがあるも法を天上に頂いた論理構造があって遂行されていた事を窺い知る事が出来る。まさにロジカル。
 残念ながら日本政府のほうが非ロジカルで場当たり的、人治的なものとなってしまっている。中国の法律と法解釈を手放しに素晴らしいとは言えないが、そのブレ無さは日本政府と比較にならない。日本人が中国を誤解しがちなのは上部だけの事実を日本人的にあてずっぽうに解釈した情報が溢れているからだろう(99.9%?)。
 さて。組織と個人は、防疫機関と医療機関が実施した防除措置が違法であり、正当な権利と利益を侵害していると信じる場合、人民法院に関連する侵害について民事訴訟を起こすことができる。との規定もある。(中国の裁判所でそんな訴えが通るとは思えないが)

中国のこの〝感染症の予防と治療に関する法律〟では、感染症は甲類と乙類と丙類に類別される。(第3条)
※甲が最も高く、乙から丙へとレベルダウンしていく。日本においても甲乙の概念(レベル分け)が法律用語として採用されている。いまでは法律用語として以外ではあまり聞かれないが戦前では日常でも用いられていた(成績評価などにおいて)。

SARSは乙類とするが、治療法が無いことや感染力が高い事から甲類として対処すると定められている。(第4条)。

注目のポイントは乙類感染症としてSARSがトップに表記されている。関心の高さをそのような形でも表していると言えるだろう。何よりも公式法解釈においてSARSという用語が繰り返し登場している。並ならぬ危機感の現れでもあろう。
 注意点は甲か?乙か?その最初の判断で迷ってしまうと厄介な事になり責任を負う組織が異なってしまう事になる。「ウチの組織じゃないアルね〜!」と、一つ一つステップを踏んでいく事になる。つまり土壇場の場面で手間が掛かる。

今更のツッコミになるが、この法改正時に踏まえた〝SARS〟という感染症のネーミングはWHOが行い、ウイルス分類とネーミングは国際ウイルス分類委員会が行っていた。つまり世界基準で設定されたもの。しっかりと熟考されたものであったのだ。
 今回のケースでは、世界基準ではなく〝石正麗基準〟のモノを条文として追加してしまったという事で、前提としたモノ(情報としての質)が、まったく別次元のモノであり大慌ての中国人はそのような冷静な判断が出来なくもなっていたのだろう。
 2020年の初動において中国は張り切り過ぎてしまいWHOを置き去りで突っ走ってしまっていた。WHOに主導権を渡し、ウイルス分類やネーミングなどを国際機関に預けて判断しなかった事から、〝石正麗基準〟を基にしてまったく新たなるウイルスだ!感染症だ!と、法律の条文を追加する手間が掛かってしまった事になろう。

【最大限に強調しておくべきポイント】
この〝感染症の予防治療に関する法律〟はWHOが定めたIHR2005(国際保健規則2005)を踏まえた内容である事に注意。つまりWHOが定めた規則に対して真摯に向き合い大きく改正していた。主にはSARSに対した法改正が行われていたと解釈して良いだろう。
──────────────────────────────────────
IHR2005補足
IHR(2005)は, 1969年に採択されたIHR(1969)の後継として, 2005年5月の世界保健総会(WHA)にて満場一致で採択され、2007年6月15日に発効された。2007年にIHR(2005)に改定があった。
※補足
この規則は中国広東省広州で発生したSARS(2002年発生〜2003年終息)の際に、中国政府からの報告が遅れて世界30の地域と国に感染者を発生させた事を重く受け止めて制定してきた規則。中国へのSARS対策規則と受け取るべき内容。当時のWHOはルーズな中国政府を深刻に捉えていた。この辺りの経緯は下記に示すWHO公式ドキュメントが参考になろう。
WHO SARS集団発生の状況と近い将来への教訓
http://idsc.nih.go.jp/disease/sars/sars03w/03sars.body.pdf
──────────────────────────────────────
 このポイントは太文字で強調しておくが・・・・WHOの感染症におけるレベル分けと中国のレベル分けは全てが同調したものではなく、SARSに限定して言えばWHOの示したレベルと合わせているが(乙類相当)、もしも発生してしまったら大変な事になるであろうと想像に容易なので中国においては独自に甲類として取り扱う事が法改正時に取り決められていた。(第4条)  つまりWHOの指針以上の取り扱い。我が国の指定と中国の指定は異なり様々な諸事情から各国で異なるものとなる。中国としてはSARSは事実上の甲類として扱うというわけで、WHOの指針以上の取り扱いであり、その危機意識は並ならぬものであった事が法律の改正で踏まえられていたという事になる。
 2002年~2003年に発生および終息した広東省広州仏山発症とされるSARSは言うまでも無く中国発生であり、中国の不衛生な生活実態が背景にあった新型感染症だったことから、中国政府は深刻に受け止めていたようだ。ただし時間の経過で警戒心が緩んでしまっていた事は否めない。例えば食用野生動物市場の廃絶をなし得なかった等(本当に発生源かはいまだに確証が無いが)。
 中国政府中枢(=全人民代表)が、WHOがいう事を絶対的なものと受け止めている・・・・筆者としては意外な印象。自国政府より上の存在を認めている事になり、WHOの言う事など端から聞かないのでは?と思っていたが・・・・この法律を精読して中国に対する偏見を持っていた事を猛省した。
 なお〝感染症の予防と治療に関する法律〟はロックダウン(=根絶)などの法的根拠になる。
 さきほどのリンク先の条文と法解釈の丁寧なコンテンツ。人民共和国らしいコンテンツ言えよう。もちろんあまりにも無学であれば理解できないが、最大限に多くの人民に対して法律と法解釈を理解してもらおうとこのように公開している。これは人民共和国らしい素晴らしい取り組みだろう。中国は明確で合理的でロジカルな様子。我が国は抽象的で曖昧な事が溢れている。そのどちらも良い面がある。筆者は今回の調査で中国の印象が良い方向へ数段階上がった。(かなり強引な法解釈が散見されるがそれは中国の法律という事で)

さて。 
もしも・・・・ウイルス漏出も彼女が関わっていたとすれば、そのウイルスの命名においても独善的に振舞って中国政府中央の対応も遅らせていたという事になろう。
 そのような事実は法学的観点で振り返ると判明する事実であり、異色の分析者(筆者自身の自己評価)らしい真実の探求となっている。

WHOはネーミングにおけるゴタゴタについて経緯を説明しようとすらしないが、
自分達が八方美人的に対応していた事で中国政府中央の感染症における判断と決断を遅らせてしまい、結果として本格的な対策を明らかに遅らせてしまった事を、彼らは実は気付いているはず。中国人女性研究員が自己主張しようとしても強いリーダーシップで防疫ファーストで進めるできであった。
 中国政府は2020年1月20日なって、やっと、武漢市からの肺炎を、〝感染症の予防と治療に関する法律〟における「正式な感染症」「甲類但し乙類として対処」と条文の追加に関する公告を行う事ができた。つまりそれによって国家として正式に隔離治療などを義務化する事ができた。
 WHOが曖昧な態度を取らないで2020年新年早々に「武漢市で発生しているのはSARS」と公表していれば、中国政府は2020年新年早々から隔離措置などを発効できていたのだ!全く新しい感染症として実のところSARSを名前を変えて新規承認し直していた訳で、非合理極まりないが石正麗にすれば全く新しいコロナウイルスを解析して発表したという実績が得られるが土壇場の場面でそんな事をしている場合では無かっただろう。

なお、武漢市ロックダウンは2020年1月23日より。武漢市の大型野戦病院の建造は1月25日より。その全てが20日間ほど遅れてしまっていたと言える状況。その理由は、ある女性研究者の幼稚な行動が原因だったと言えよう。(第39条・隔離措置、個別隔離措置、強制隔離措置などが定められいる)
 その石正麗が周囲の状況を読み取って余計な事をしていなければ・・・・・なお、我が国においても、〝新型コロナウイルス感染症〟として、つまりあらたな感染症として認定するために仕切り直している。石正麗による強情の余波が我が国にも届いていた。※当時の我が国の官報を以降にて引用している。


空白20日間それは前期と後期に渡る合計40日間だったのだ!

【前期・空白の20日間】
そもそも・・・・・武漢市の医師が上位組織に通報していなかった模様。
というのは武漢市では2019年12月8日には武漢市に病院に謎の肺炎患者が搬送され始めていた。
同法第7条では未知の感染症でも流行でもその手の類の事実を察知したら上位組織に報告する義務があった。意図的に破れば懲役刑(最大七年)。
 そもそもその報告義務は・・・・2003年SARSの対応において中国政府からWHOへの報告が数ヶ月遅れてしまい結果として世界の国と地域30ポイントに患者が発生してしまった。それを受けてWHOが政府機関が知り得て24時間以内に報告せよとの規則が制定された。(IHR2005)
 それを受けての大幅な法改正を行なっていたが、2019年12月の武漢市においては、政府の公式記録で明かされた所によると同年12月27日になり、病院の上位組織になる江漢区CDCに病院から報告があったとの事。おおよそ空白の20日間が発生してしまっていた。
 それは同法第7条の徹底が各病院の隅々まで徹底していなかった事が判明。それが武漢市だけの徹底不足なのか?それは定かではないが武漢市の全区で通報の義務が徹底されていなかったようだ。

【後期・空白の20日間】
その上で・・・・2020年に入り今度は石正麗が頓珍漢な主張を開始してしまい、SARSとして猛ダッシュしなければならないところを、本格対応をさらに遅らせるKY行動によってグダグダになってしまったという事になろう。

これにて
空白の20日間+空白の20日間。合計40日間の空白期間が発生してしまったのだ。

それが・・・・2019年12月上旬から2020年1月下旬までの空白期間発生の理由であり
武漢市ロックダウンが2020年1月23日開始と、本格的な対応が遅れに遅れた理由である。

武漢市には天河国際空港があり常に武漢市から海外へ。海外から武漢市へ人の移動があった。そんな武漢市においてSARSと疑わしき患者が発生しているのにどうして武漢市の病院が上位組織に通報しなかったのか?(もしくは武漢CDCが止めていたのか?)首を傾げるしかない。人口1340万人とされる武漢市。地方都市の片田舎の部落での20日間とは異なる条件。
 さらにはもう20日間ほど、特殊な状況が発生して大規模な対策がスタートしなかった。その40日間で世界の運命が決まってしまっていたのだ。

武漢市で始まってしまった事がどんだけ様々なリスクを抱えていたのか?世界中のほとんどの人が気付いていない。

ものすごく砕けた表現をすれば・・・・
めっちゃ中国な事件!だったのだ・・・・

この件で中国の皆さんは、自覚的には嘘をついていないし捏造をしていない。※都合が悪い事は隠し気味だが
無意識的な仕事の甘さやデタラメコミュニケーションで初期対応を誤っており、それに無自覚なだけだろう。せっかく法改正を行っていたのに、その法を巡る人々があまりにも至っていなかった。しかも自覚すら持っていない。そんな生々しい実態も今回論考で浮かび上がってくる。

「なんで我々は隠蔽とか捏造とか言われるアルね?我々はルール通りに進めていたアルね」
こんな風に彼らは考えているのだろう。

実際にはまるで仕事が出来ていなかった。大国にはなったが基本的な事をまるで徹底できていないのだろう。中国の常識は中国国内でしか通じない。今回出しゃばって世界のリーダー気取りで振る舞ってみたら、まるで出鱈目なリードによって世界中を大混乱させてしまった。
 新型コロナウイルスの発生も大迷惑だったが、その初期対応でも最大限にやらかしてくれていた事を今回炙り出す事になる。
 中国の外交を一言で印象を表現するとすれば〝稚拙な印象〟と指摘されがちだが、土壇場の場面になった時にその稚拙さが現れてしまったのだろう。

WHOというそのような状況でのリーダーとなる組織がいるが、中国はその辺の理解も稚拙であり、張り切り過ぎてしまいWHOを置き去りで突っ走ってしまった。主導権をWHOに預けて進めれば良かったのだが・・・・本人達は純粋に頑張っていたのだろうが質の高いコミュニケーションというものを彼らが意識する事は今後数千年以上無いかもしれない。

cctv-2018-04-05-new-corona.jpg
今回論考では詳述しないが、WHOや国際ウイルス分類委員会の国際基準を無視して、少しでもゲノムが異なるものを石正麗ら武漢ウイルス研究所では〝新型冠状病毒〟と独自に表現するようになっていた。そしてTV局に報道させていた事もあり(2018年4月5日CCTV)、その頃から石正麗が主張の発端となり、少しでもゲノムが異なるコウモリコロナウイルスをそう呼ぶ空気が流れ始めていたようだ。
 石正麗ワールド、石正麗基準というものがジワジワと周囲に広まりつつあったのだろう。国際基準という概念をそもそも思い至らない様子であり、言うまでもなく実務的な事も思い至らなかったのだろう。
 常識的な感覚があれば〝亜種〟という概念もある事を理解出来るのだが、石正麗らは完全なる一致以外を新型コロナウイルスなる概念で捉え始めていた事は間違いない。
(なお、このような感染症に関する報道の義務(第10条)がCCTVにあり、法解釈においてCCTVが直接指名されている。すべての事が〝ある一つの法律〟から始まっている。石正麗のウイルス研究の資金も(第8条)。)

では、時系列に沿って詳述して行こう。
以上の事実を時系列に沿って詳しく検証して行こう。
中国組織の動きには論理構造があった。
あの時期の中国組織の動き全てに法的根拠があった事に驚く事だろう。

────────────────────────────────────
おさらい
2002年
中国広東省広州にて謎の肺炎患者が発生。
2003年
中国厚労省がWHOに報告。報告が遅れた事でその謎の肺炎患者は世界30の地域と国に広まってしまった。WHOはその謎の肺炎をSARSとネーミングした。その肺炎を引き起おこすコロナウイルスに対して国際ウイルス分類委員会はSARS-CoVとネーミングした。初期に中国政府からの報告が遅れた事をWHOは問題視していた。
 この頃石正麗はSARSコロナウイルスの起源について興味を持ち研究開始し始める
2005年
WHOは中国政府の報告の遅れが世界的パンデミックに至るのでは?と強い懸念を感じていた。そこでIHR(国際保健規則)を改定した。端的に言えば各国の政府が事実確認から24時間以内にWHOに報告せよとの内容。

中国はWHOのIHR2005を踏まえ法改正した。かなり突っ込んだ法改正。
参考・中国の法律
下記リンク先は原文および公式法解釈。平易な解説。必読の内容
〝感染症の予防と治療に関する法律〟
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2022-08-07-chinese-law
中国のこの法律では、感染症は甲類と乙類と丙類に区別される。※甲が最も高く、乙から丙へとレベルダウンしていく。(第3条)

SARSは乙類とするが治療法が無いことや感染力が高い事から甲類として扱うと定められていた(第4条)。WHOの指針そのままでは乙類であるが、中国としてはSARSを重く受け止めて甲類として対策する事を定めていた。その他全ての国の感染症分類を筆者は調べていないが中国のそれは世界で最も高く評価していたという事になると思われる。

甲類となると、報告、隔離などが義務化されることとなる。他の法律にてその義務に背くと懲役刑が規定されている。
★この法解釈における最大のポイントは中国政府にとっての〝SARS〟は、日本政府や日本人のそれとは比ではなく、今この瞬間に発生してもおかしくない!という最大レベルの危機感を持っているという事。〝中国政府とSARS〟それを窺い知るに第一級の価値ある資料と言える。
★中国政府はこのように人民に対して丁寧に法解釈をかなり突っ込んで解説してくれている。これは良い面と言えよう。ただし共産主義国の法律なので「強引やでw」と思う解釈が散見されるが他人事なのでヨシとする。言ってしまえば結論ありき。しかし結論ありきでは無いというような体(てい)で法解釈されている。

WHOが2020年新年早々に「武漢市でSARS発生!」と宣言すれば中国は即日に〝感染症の予防と治療に関する法律〟における乙類但し甲類感染症として対処する事がその時点で確定し、厳格な隔離治療を伴う対策に打って出る事ができた。
 しかし・・・・ある女性研究者が自分の名声や実績つくりにこだわり、再解析をマイペースに始め、「その実SARSコロナウイルス(2月7日に国際的権威である組織からSARS-CoV-2と分類されネーミングされたとおり)」を、新しいコロナウイルスだ!と、主張開始。ウイルス学者は法制度に関して無知だったのだろう。市レベル、省レベル、そして国家レベルにおいて、まったく新しいウイルスと、それによるまったく新しい感染症が発生したと受け止めて、まったく新しい新感染症として条文に追加する為に動き始めるも相当な時間を要してしまったという事になろう(詳しい経緯は後述)。
 土壇場の場面で悪夢と言える事態。人類史にも残るであろうワーストクラスの大失態。映画化決定レベル。(そんな事実が2022年になってとある日本人の分析者によるプライベート分析で明るみになったというのだから、それはそれでどうなのかっていうね)

────────────────────────────────────
中国側の動きを主に振り返る
今回の中国側の時系列は、中国在長崎総領事官公式サイトの「中国の初期対応は本当に遅れたのか?」との日本語コンテンツからも拾っている。中国大使館名義で発表された情報を中国在長崎総領事官公式サイトにて公開しているコンテンツとなる。以降では〝中国大使館情報〟と表記統一する。
 後述するがそこで示された時系列は確かにウソではないし、史実の出来事が述べられている。ただし〝中国大使館情報〟の見解は〝感染症の予防と治療に関する法律〟の条文、そのエッセンス、その意味する事の理解が中途半端なものであり、結果として日本の人々を説得出来るに至っていないのだろう。こんな指摘を日本人にされるなど面子を汚されたと怒るかもしれないが、まあ、事実は事実。筆者が以降にて示していこう。中国在長崎総領事官公式サイトから引用した時系列はその旨を付記する。
ttps://www.mfa.gov.cn/ce/cgnaga/jpn/zlgdt/t1791898.htm
中国在長崎総領事官経由の情報ではあるが、中国大使館名義で発表された情報であり、実際には政府中央(国家衛生健康委?)発の情報と受け止めて差し支え無いだろう。これまたツッコミ処満載。中国政府は真剣に向き合ってみるとこれまた当てずっぽうなものだ・・・・官僚の質というものも伺えてしまう。


2019年12月8日~
wohan-map-2021-06-12.jpg
武漢ウイルス研究所から半径10~15km圏内の病院にSARS様の肺炎を発症した患者が受診したり搬送されてきたりした。
 SARS様の肺炎患者は武漢市内者で次々と確認され始めた。現時点で確認がとれていないが、各病院のドクターが上位組織に通報していたとの証言がない。法律上では義務があり上位組織は武漢CDCと推認される(第7条)。
 武漢市のドクターらはある事実(2003年終息SARSとのいくつもの共通点)からSARSが再発生していると確信し始めていた。しかし上位組織に通報していたとの証言が無い。まあ、所詮は中国国務院ではなく中国在長崎総領事官の見解であるが、中国の初期対応が遅れていたかいないか?第7条の徹底が成されていなかった事から、流行初期に上位組織に連絡が入らなかった事は間違いが無い。それゆえ「100%初期対応に遅れていた」と断言できる。この指摘に異を唱える事は本国の法を都合良く解釈してしまう事になる。繰り返す。第7条を参照せよ。
 常識的な感覚による指摘になるが、そもそも武漢市にはSARSコロナウイルスを掻き集めている女性研究者のチームがいる武漢ウイルス研究所というリスク要因が確実に存在していた。絶対という事はないわけで武漢市内での肺炎患者情報は他の都市以上に見張る体制が敷かれていて当然では?しかもスパイク蛋白質の遺伝子交換を行い論文投稿もしているし江夏区には中国初のP4研究室もある。感覚がズレ過ぎている。


おススメの記事・注意が必要だが時系列を拾うに役立つ
【資料・1】中国・新型コロナ「遺伝子情報」封じ込めの衝撃 武漢「初動対応」の実態、1万3000字リポート 東洋経済 2020/03/05 5:30
https://toyokeizai.net/articles/-/334358?page=1
今回発表している我々の論考を踏まえると、史実の出来事として時系列的な出来事を拾うには参考となる情報。今回論考の内容を十分に把握してこの記事を精読すると、結局は法律を知らないが為に右往左往している事に気づく。最終的な話の落とし所は、〝感染症の予防と治療に関する法律〟での判断。SARSコロナウイルスと一致性が高くSARS様の肺炎を起こしているのであれば、SARS(乙類但し甲類対処)を国家として出来れば良い事で、法による判断は明言はされていなくとも100%の一致を必ずしも求めないという事。ウイルス研究者は物事の細部にコダわり過ぎて全体像視点での判断が出来ていない事をこの記事でも伺い知れるだろう。
 病院のドクターによってはその辺りの空気感を知っており「SARSだ」とコメントし始めていたという事。今回の事件ではウイルス研究者(物事の細部にこだわり過ぎて云々)が、法的な判断の範疇に飛び込んできてしまったという事になろうか。さらにはWHOおよび国際ウイルス分類委員会を無視して中国人が勝手に突っ走った結果至ってしまったトラブルケースと言えるだろう。
 この記事の内容をこちらには反映させない。膨大になり過ぎる。なんにせよ、各社ウイルス分析側は新発見!という栄誉が欲しかったのだろう。

こんな会話が早々にあれば良かったのだ。
中国人ウイルス研究者「ほんの少しでも一致していなければSARSコロナウイルスではない。これは新型だ!まったく新しい新型だ!新発見!新発見!」
お役人さん「SARS的なものはSARSとして感染症対策すれば良い。話の落とし処はそこやからね。ほら、感染症の対策をしないとだめやん?法律は感染症対策の観点で立法されてるやん?ウイルスのゲノム配列に関する法律じゃないやん?」
お医者さん「そうそう。物事の細部にこだわり過ぎちゃダメ。SARSと同様の対策と治療が通じればオッケーなのよね。細かい事にこだわり過ぎてちゃダメ。全体像視点で考えて。大変な状況だよ?今すぐ隔離治療を適用させないと。一刻を争うよ」
もぐらのもぐ筆者「幼稚過ぎるよね。国家はウイルス登録管理センターなんかじゃねーし」
↓↓↓↓
中国人ウイルス研究者「あーあー聞こえない。SARSとは完全な一致をしていない!まったく新しいコロナウイルスだ!新型だ!あーあー」

※SARS-CoV(2002-2003・広東省広州発生)と、SARS-CoV-2(2019- 湖北省武漢発生)におけるゲノム一致率は約80%。しかもバックボーンが同じ(雲南省の廃坑に生息するキクガシラ科コウモリ由来のコロナウイルス)。それを全く新しいコロナウイルスと勝手に定義するなど無神経。よほど周囲のことが意識に届いていないのだろう。
 実際にSARSの検査キットやワクチンを少々の変更でほぼ利用できた。コロナウイルスゲノムの一致性に関する議論は身内で行い、国家感染症対策の法に関わる(かつ甲類対処に関わる)事に影響を与える等越権行為と言えよう。KYにも程がある。

彡(゚)(゚)「まずは市中の感染者を押さえ込むべきだろっていう・・・・オメーもオメーの家族も感染するぞっていう・・・・幼稚な奴らンゴ」
(´・ω・`)「コミュ障な人には曖昧な表現が通じない・・・・法律の条文で●●%の一致は亜種認定!と、明確なラインを引いておくべきだった・・・・現実的じゃね?・・・・そもそも研究機関はゲノム解析以外の事に口を挟まないで、黙って上に解析結果だけ投げりゃいいんだよ」


2019年12月27日 (中国大使館情報より)
(原文ママ)湖北省中西医結合医院〈中国・西洋医学併用病院〉江漢区疾病制御センター(CDC)に、原因不明の肺炎の症例を報告した。
★筆者補足★
実際にはいくつもの病院から、それぞれが選択した研究機関にウイルス解析依頼と結果が飛び交っていたが・・・・
 中国政府側組織の公式発表では、この日の CDC組織への報告が政府組織が把握した最初の瞬間であると主張している事になる。
 なお、武漢市江漢区といえばファッション流行の発信地としても知られており、いわゆる歩行者天国にしており若年層をターゲット層にしたショッピングセンター街という雰囲気だ。江漢区はそれなりに広いので若年層が発症したのか?それは定かでは無いが参考としてどうぞ。景観はとても美しい。

2019年12月30日(中国大使館情報より)
(原文ママ)武漢市衛生健康委員会が管轄区の医療機関に「原因不明肺炎救護への取り組みに関する緊急通知」を出した。 

以降は筆者による同日のレポート
武漢中心第二医院 眼科医 李文亮・医師(後に感染して死去享年34歳・合掌)が17時48分頃、李医師ら約150人が参加する『WeChat』のグループチャットにおいてにてチャットグループ内のメンバーに『武漢華南海鮮市場の関係者からSARS七人』と投稿。
 北京博奥医学検験所(公式・https://www.biodx.com/)が行なった会計士男性のウイルス検査の解析結果がプリントされたペーパーとCT映像を撮影した動画を投稿。パニックになっていたのだろう。チャットサービスを利用する第三者のユーザーがそのやりとりを目撃してスクリーンショットで保存。さらなる第三者への拡散が始まり、世界中へあっという間に広まった。日本でも大型掲示板などですぐに話題になっていた。

先ほどの記事(https://toyokeizai.net/articles/-/334358?page=1)を踏まえると、記事のライター氏は理路整然とそこを区別できていなかったが・・・・・
○実務派(SARSって事で進めてええんやで。そりゃそうや)※症状も対策も大よそ同じ。だったらそれでいい大局派。さっさと現実認めて告知しよう!
●細部コダワリKY派(ほんの少しでも違えばSARSじゃない!新型のウイルスや!)※大よそ8割一致していたんだけど大局が見えていない細部コダワリ幼稚派。ダメったらダメ!ほんの少しでも違ってたらSARSじゃないの!

↑↑↑のような二大派閥が事実上形成されていた。そして、武漢中心医院、武漢中心第二医院のドクターらは、〝実務派=SARSで話をすすめりゃいいんじゃん〟だったのだろう。
 そのような二大派閥がこの年末に形成され始めた事を明確に意識して読み進めていこう。

 
中国側の全ての組織(中国大使館情報よりも含む)は、この北京博奥医学検験所の解析を公式なものとしては認めていない。
 しかし後述するが流出した情報(ペーパー)が偽物ではなかったと認めている。それは公安の裁判にて珍事が発生していた。※ソースリンク設定
※武漢市にて初めてSARS患者が運び込まれたと考えられているのは12月8日という情報もある。諸説あり。
sars-ri-dr.jpg
李文亮氏投稿。チャットのスクリーンショット現物データ
dr-ri-report-01.jpg

dr-ri-report-03.jpg
拡大。SARS冠状病毒として解析されていたつまり2002年の時のそれとゲノムがほぼ一致していたという見解。多少精度が低かったという指摘があるが、法律的な判断では取りあえずSARSという実務処理で進めて追っかけで詳細な解析を継続するべきだったのだろう・・・・

今更言っても仕方が無いが・・・・・中国各地の各病院に、SARSなどと疑われる患者が発生したら、疑いの段階でも報告せよとのルール徹底が成されていれば(第7条・感染症の流行の報告も義務)、2019年12月の第二週目には中国政府もWHOも迅速に対応へ迎えた事だろう。結果として12月27日になってやっと上位組織が気付くこととなったようだ。日本人の常識的感覚であれば仮に上位組織に通報義務がなかったとしても、自発的に上位組織に早急に通報していたのではないか?なんにせよ、そうして約20日間程度の時間は、感染者が次々と増えていくのに上位組織には伝わらずにいたのだろう。報告、連絡、相談・・・・報連相というものだが、中国ではそんな概念が一般用語になっていないのだろう。
★この辺りの詳しい経緯は東洋経済の記事が秀逸
https://toyokeizai.net/articles/-/329129
【注意】
北京博奥医学検験所の解析・・・・先ほどの記事を精読して思い至る事は〝SARS冠状病毒〟という解析結果は空気読んだ(実務的)解析結果を出してきたのだと思われる。その解析結果がどう使われるのか?そこまでを汲み取った結果だったのではないか?すると人類全体としては神解析と言えるものだったのではないか・・・・・?北京博奥医学検験所の名誉の為にここで言及しておく。

さて。
当然に中国政府中央レベルでも、この解析結果は法律的な判断の論拠にするに十分な精度であったと推認される。つまりこの時点で中国政府中央が「武漢市でSARSが発生している」と認定すれば、この解析日から数日以内に、隔離治療などが義務化される強力な感染症対策体制に移る事が出来たはず。患者の容態などから法律的な判断をするに十分な情報がこの時点では集まっていた事は間違いない。

話が前後するが、〝中国大使館情報〟の示したシナリオでは、江漢区CDCに対し西洋医学併用病院から謎の肺炎が発生していると12月27日に報告があったというが、他の病院で8日には初期患者(謎の肺炎患者)が確認され始めているので、すでに19日が経過していたという事。これにて推認されるのはそれぞれの病院がそれぞれウイルス検査などに動いていたが、なんにせよ正式に上位組織に連絡があったのは27日だったのだろう。その報告があった数日後に李ドクターの流出があり、その正式報告よりもかなり先行して武漢中心医院はウイルス解析を北京市に依頼していたのだろう。
 本当はこの正式な報告をもっと前倒しして中国側がウソをつかないと、初期対応が遅れていない!とは主張できない。第7条の条文がある。この〝中国大使館情報〟の時系列は本人らとしては自身満々で公開してしまったが、このように法解釈をしっかりと踏まえてくると、やはり初期対応は100%遅れていた事になる。繰り返すが第7条を参照せよ。そこには真っ先に通報する事を義務化している。中国大使館、加油!

同日(12月30日)夜
【資料・1より】
ウイルス解析は中国各地の各組織で進行していたが武漢ウイルス研究所はこの日の夜からウイルス解析に入ったとの事。
一部引用
「中国科学院武漢ウイルス研究所は公開文『武漢ウイルス研究所が全力で新型コロナウイルス肺炎の科学研究を展開』の中で、「12月30日夜、ウイルス研究所は金銀潭医院から送付された原因不明の肺炎のサンプルを受け取って72時間にわたる検査を行い、2020年1月2日に新型コロナウイルスの全遺伝子配列であると確定し、1月11日にGISAIDにアップロードした」と発表した。」
72時間。3日程度でアップしたようだ。その解析は石正麗がリーダー。金銀潭医院は武漢市天河国際空港2019年9月の防疫演習に参加していた高度な治療が出来る病院であり、初期患者を積極的に引き受けていた。そんなパイプで石正麗のところにウイルスが届いたようだが、解析に当たったグループの中では遅い部類になる。武漢ウイルス研究所がSARSコロナウイルスに力を入れている事はCCTVの報道もあったし何よりも武漢市にあったが、12月30日に解析開始という遅れは何を意味していたのか?直接的な証言は無い。
 石正麗は幼稚なのでケロリとしていたようだ。気まずい心境になっている様子も無かったようだ。そもそも自分達が疑われているとすら思っている様子も無かったようだ。むしろ解析してやるぞと意気込んでいたのかもしれない。当時の石正麗とその周囲の人々もケロリとしており、武漢市で発生しているという事が何を意味しているのか?最も理解していなかったのが石正麗かもしれない。


2019年12月31日朝(中国大使館情報より)
(原文ママ)国家衛生健康委員会が工作組〈作業班〉、専門家組を武漢市に急行させ、感染処理の取り組みを指導し、現場調査を繰り広げた。
 武漢市衛生健康委が公式サイトで、27の症例を発見したとする、「当面の当市の肺炎の状況に関する通報」を発表した。この日から、武漢市衛生健康委は法に基づいて感染情報を発表し、同時に市民に密閉された、空気の流れない場面や人の集中した場所に行くのをできるだけ避け、外出するときはマスクを着けるよう指示した。

以下、筆者独自調査より
武漢市衛生健康委員会:武汉市卫健委关于当前我市肺炎疫情的情况通报)(訳・私たちの街での肺炎の流行の現状に関するブリーフィング)
http://wjw.wuhan.gov.cn/front/web/showDetail/2019123108989
wohan-2019-12-31.jpg
中国国内そして武漢市において公式リリースとして最初のものとされているのがこのリリースになる。
これはインターネット上で騒ぎになって中国政府が隠蔽できなくなり、慌てて対応してきたという陰謀的な推理がなされているものだが、時系列に失当と言える推理となる。

 法による報告義務について指摘してみよう。
中国における感染症に関する法律(後述)で、医療機関においても、流行の察知を報告する事は定められた義務になる。もしも報告しないと懲役刑(最大七年)とも定められている。
 武漢市のドクターが仲間内でパニックを起こしてしまっていたようだが、そもそも、ウイルス解析に出す前に「SARS患者疑い」として上位組織に通報していれば、中国政府は2019年12月の早い段階で隔離治療を義務化できていたはず。
 たしかに中国の法律は感染症対策に対してかなり突っ込んで改正されていたが、病院やドクターに法律による報告の義務があった事を周知仕切れていなかったのだろう・・・・・それが出来ていれば人類の今の状況がかなり変わっていた可能性。(北京市の組織=政府中枢は法を厳密に遵守していたが末端へ行くほどその意識が薄く実効的なもので無くなっていた事は間違いない

★補足
〝感染症の予防と治療に関する法律〟の大幅な改定はWHOが制定したIHR2005(国際保健規則)を踏まえてのもの。その規則を端的に言えば政府機関が把握してから24時間以内に通報せよ。との内容。

李ドクターの流出騒動で台湾政府関係者も知りえてWHOに報告していた。そしてWHOが中国政府に対して武漢市の件を24時間以内に報告せよとコンタクトを取っており、中国政府が隠蔽していたのを台湾政府のファインプレーがあった!と、世間では言われているが、中国の上位組織も似たようなタイミングで武漢市の事実を知りえていたのではないか?ドクターは報連相を知らなかった。医療機関という情報収集の最前線にて報告義務の徹底が至っていなかったという訳で、関連省庁のお役人さんも及第点に至っていなかったという事になろう。

そうして20日間ほど、感染対策がほぼ無いままに武漢市内で次々とウイルス感染が始まってしまっていたのだろう・・・・・この期間を後世の歴史研究家が「空白の20日間・合計40日間のうち前期」と呼ぶのでは無いか?
 中国人には階層や職業の違いがるが、医師という職業でも当然に日常においての発言やネットでの投稿には神経を使っている事だろう。現に武漢市では大通りにいれば公安のパトカー(公安とクルマに表記されている)を1時間に一回以上は見かけるであろうし、街中でも公安のパトカーを見かけるもの。
 SARS疑いの患者が発生した時も日本人のように「上席に連絡しよう」と思うよりも「余計な事は言わないようにしよう」と、考えがちだったのだろう。まあ、日本の省庁や大手企業の中でもそのような空気があるものだが、中国生活者の場合は〝公安〟が身近なところで市民を監視しているからだろう。
 李医師については、ウイルス解析で事実確定した瞬間に、ドクター仲間にだけは共有しておこうと思い、パニックにもなっており、冷静さを欠いてチャットにて情報共有してしまったのだろう。

この、12月における武漢市病院側から北京の組織に託されたウイルス解析。地元武漢市にウイルス研究所があるわけだが、なぜ、北京市の組織に託さたのか?確実な証言を筆者のところでは拾えていない。コネがあったのか?武漢以外に意図的に託したのか?いくつものシナリオが考えられるが推理するにも情報が少ないので現時点では理由不詳としておく。武漢市から北京市はそれなりに距離があるゆえ、陰謀論的に受け止めてしまってはいけないが、本来詳しい理由を知って起きたいポイントだ。


【本来あるべき対応】
理想としては・・・・
A・2019年12月上旬~中旬に武漢の病院が上位組織に連絡→解析などがアップして→数日内にロックダウン開始
もしくは・・・・
B・12月31日にウイルス解析結果→上位組織へ→法解釈においてはSARSと認定して新年早々にロックダウン。より詳細なウイルス解析は追って行う。

このような2つの理想的な対応が結局は実現する事がなかった。
何にせよ物事の理解において優先順位理解がおかしい。

〝中国大使館情報〟はさりげなく重要な「あの件」をさらりと触れていない・・・・・・
 IHR2005はいわゆる当局が知り得て24時間以内にWHOに報告せよという規則だった。その解釈からすれば12月28日にWHOに通報されていて然るべきだった。WHOテドロス氏は中国側からいつ報告があったのか?明確な日付を示さないで「それは守られていた。もうその話はやめよう」と会見上でコメントを残していたと報道があった。結局は守られていなかったのだろう。
 それ以前の問題として武漢市各病院からもっと早く報告が上がってきていて然るべきだった。報告の義務があったのだから(第7条)。せっかく法整備していてもそれが徹底していなければ何の意味も無い。

中国人的感覚では完璧な初期対応。
客観的感覚ではすでに低空飛行なスタートだったと言えるだろう。
感覚があまりにも異なる事に注目。
ウソというものが日本人の思うウソと異なるのだろう。
都合が悪い事を隠すという事に後ろめたさが微塵も無いのだろう。
同じアジア人であるが、多くの事の感覚がそもそも異なるのではないか?
〝中国大使館情報〟・・・・これを真顔で公表してくるという事はそういう事になるのだろう。

 

続きを読む


現在準備中 [コロナウイルス関連]

新型コロナウイルス感染症。
その起源に関する新論考を執筆中です。
二年ぶりの仕切り直しになりますが、二年ほどじっくりと取材していました。
近日公開版は主要なポイントといえる『伏線』を全て回収しているはずです。
みなさんが衝撃を受ける内容になると思います。「筋が通りまくりじゃん!」と。

────────────────────────────────
緊急告知
とりあえず1エントリ公開開始しています。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/sar-cov-2-ronkou-main-2022-08-04
いかがでしょうか。結論を知ってしまえば「ああ。そういうことだったのか」
そんな程度の話ですが、ゼロベースでその結論に至るには膨大な裏取が必要でした。
まだまだ世界初言及の事実が隠されています。
この一連の件も仕事ではなく遊び半分の分析ですがそこそこいい線突いているはずです
そこで示した事実を広げていくと全ての事実が一本の線で繋がるものです。

────────────────────────────────
こんな場所で難だけれれども・・・・・
新型コロナウイルスなるものがかなり身近なところにやってきました。
筆者は先天性の呼吸器疾患を抱えていまして、最新の変異株でも、少々の悪化をすればコロリと逝く事でしょう。覚悟は出来ています。

そんな理由があって、新型コロナウイルスの起源に迫る論考をダッシュで完成させました。
ある瞬間にハッとひらめいておおよそのシナリオが浮かび上がり、そこからは不眠不休の執筆で現在の質に高めてしまいました。

真の意味での遺書は2020年3月に執筆済みで、そこから気づけば二年以上過ぎて、流行で即死ぬかなと思っていましたが、なんだかんだとここまで生きてこれました。

好きな事を好きなだけやってきた人生なので、ここで逝っても悔いはありません。
筆者の三大目標
宇宙の概括的理解を成し得る。新型コロナウイルスの起源を特定する。例の米海軍が接触しているアレの真相を解明する。
こんな三つの三大目標があり、どれも中途半端ですが、いい線までチャージしたと思うようにしています。

当サイトにおいて念のために言い残しておく事は、例の安部元総理のヒットマン君の件で。
彼はそこそこ頭が良い優秀な奴だったようです。
しかし少年期に味わった理不尽さをずっと引き摺ってしまったようですね。
人間はエネルギーを持っている訳ですが、彼はハンパないエネルギーを持っているのに
そのエネルギーを暗殺に向けてしまったわけです。

もしも彼の天才性、そのエネルギーをガンプラ製作でもいいし、盆栽でもいいし、ネットを使った真実の追求をしても良いし、健康的な事にエネルギーを注いでいれば人生が異なったのかなと。
要するに統一協会への復讐、かつ、インパクトのある復讐に拘ってしまっていたようですが、
工学系のセンスがあったようですから、ガンプラに情熱をブツけていれば凄いモノを生み出していたような気がします。

一回きりの人生ですから、どんな理不尽な事件に遭遇しても忘れる事が大事だと思います。
筆者がプライベートで信仰がある某精神科のドクターは「どんなに大きな震災があろうと、どんな大事件があろうと、忘れるべき。忘れていい。メモリアルなどと称して無理にひきづらなくていい。忘れろ。常にそんな事を言っています。

優秀な人間はこの世界の宝です。優秀な者全てが恵まれた環境からスタートする訳ではありません。
彼の人生にとって統一教会の件は前半のエピソードです。それを一生引き摺っては勿体ないです。

もぐらもぐサイトに来訪してくださっている全ての方と面識はありませんが、何にせよ、常に過去にこだわらずに、常に、今この瞬間にベストを尽くして、笑って生きていくべき。人間のエネルギー常に周囲に良い影響を与える事に注ぐべきだと思っています。

コロナ禍になって、大変な事が多くなりました。進学に影響が出ている方もいるでしょう。それは悔しい事かもしれませんが、かといってそれを引き摺るなと言い残しておきます。
 
それはそれで運命と割り切るべき。何を隠そうそんな体験をしたのが筆者です。
ところが大爆笑の展開で、あれよあれよとそれなりに楽しい人生にむかってしまい
良い人ばかりに巡り合う人生であり、あの時思い通りになっていたら、案外フツーな人生だったのでは?と、思うものです。

そういう運命に遭ってしまったからって、何も低空飛行で人生が進んでいく訳ではないという事。
だからこそうまく行っているんだ!そう思う事を繰り返していると、あれよあれよと良い方向に向かうのだと思います。

転機というものは自分から掴むものであり、誰かが与えてくれるものではないかもです。
筆者の場合は大きな転機は自分から掴んだけど、与えられたものでもあったと思います。

まあとにかく、コロナ禍で進学で思うように行かなかったからってイジけてはいけないよと。
そこで何かを恨んだりしない事。ケロリと忘れて目の前課題に向かって飛び込むべき。

素直な受け止めを常に心掛けて2022年以降の世界を生きていってください。
地球はやはり美しい惑星です。
そんな場所に生きているだけでもすでにすごい人生。
多くを求め過ぎない事も大事でしょうか。
本当に凄い事ですからね?

筆者は朝焼けの風景が好きです。この世界が最も美しく感じる瞬間です。
その風景にある太陽。その実態の理解を深められた事は、筆者の人生におけるいくつかの美しい思い出の一つです。

こうしてインターネットを通して筆者の自説に耳を傾けて下さった皆様には本当に感謝致します。
皆さんの心の中に、少しでも残る言葉があったとしたら、筆者の人生にとってそんなに嬉しい事はありません。

もしも残っていればどんな言葉が残っているでしょうか。

今夏に宇宙における時間というものの概括的理解を示したいと思っておりますが、先日の新型コロナの論考でエネルギーを使ってしまい、しばらく手が動かないですね。それがいければまあいいかな・・・・

先天性の疾患で長生きは出来ないと覚悟していたので、わりと割り切っているものです。
突然のお別れというものが妄想の世界の事ではなく、本当にありえそうなご時世ですから、もしもそんな事が起こったら、当サイトでのそういうものはこれだと思っておいてくださいな。









全文引用・感染症の予防と治療に関する法律 [コロナウイルス関連]

日本語・このページは中国の法律研究の為に、全文を引用掲載させて頂いている。
(日文 ・本页以中国法律研究为目的。)

日本語・IHR2005を踏まえた法改正。
(日文 ・本基于 IHR2005 的法律修订。)

日本語中国の国策は法律に沿って厳格に進められていた。
(日文・中国的国策严格依法执行。)

習国家主席が何を基に国を指導しているのか。それを私は学ぶ事が出来ました。秀逸な法解釈でした。
(日文・习主席在什么基础上指导国家? 我能够学会它。 这是一个极好的法律解释。)


中华人民共和国传染病防治法释义

目录绪论 重筑抵御传染病的法律长城

第一章 总则
第二章 传染病预防
第三章 疫情报告、通报和公布
第四章 疫情控制
第五章 医疗救治
第六章 监督管理
第七章 保障措施
第八章 法律责任
第九章 附则


続きを読む


武漢ウイルス・起源の真相 第四者究明委員会 [コロナウイルス関連]

リニューアル公開日2020年8月4日

※より良い内容への追記は随時。常に最新版をどうぞ
さっそくver.2へ移行。本質的には変わらないが、中国側の組織名詳細を追記。より明確になった。
中国の初期対応がなぜデタラメだったのか?明確に解説する事も成しえている。
当該テーマをロジカルに理解したいアクセス者さんはぜひどうぞ。

【注意点】
時間を掛けて裏取しているが、何せ人間なので無意識的な錯誤もあると思われる。中核となるポイント(法律の存在)は確実なものだが、新事実の登場にて、線の結びつき方が変わる可能性あり。ここでの内容はあくまでも筆者の脳内で組み立てたものである事に注意。今回示した事を基に昇華するのは皆さんの役割かもしれない。頭脳明晰な者よ、任せたぞ。

せめてものプレゼントだ。
chaina-taikei-03.jpg
クリックorタップで拡大する。これを保存しておいてもう1台のハードに表示させながら読み進めればより理解が容易になるだろう。ここでは一切記憶しなくても良い。


あなたの疑問
「SARS-CoV-2」って一体何?え?サーズ?新型コロナウイルス感染症でしょ?
と、困惑し続けているあなた。もしもあなたが偏差値高めの人であれば、以降の内容で真相を知る事が出来るだろう。

おそらくは・・・・世界で初めて言及している新事実が多数あると思われる。インターネット上に陰謀論的な考察が溢れているが(99.9%?)、社会人としてそれなりの経験がある分析者が客観的に情報を取りまとめてみたところ、以降に示す事実が浮かび上がってきた。

コロナウイルスに関する基礎的な理解はこちらの文献を参照している
国立感染症研究所・ウイルス第三部
http://jsv.umin.jp/journal/v70-2pdf/virus70-2_155-166.pdf
プロフェッショナルの文献。
────────────────────────────────────────────────
筆者の私見・強引だがここにこんな事を差し挟んでおく。

〝論理構造〟

まずは・・・・・
霞ヶ関の官僚さんの中には、今回筆者が披露する〝ある事実〟を、定年退職後に
秘話としてまとめて著書を発行しようと考えていた方がいるのでは?と思われるが、
まさかの民間側の者が気づいてしまいこんな場で発表する事となってしまった。
民間側の者がこんな事実に気づく事はかなり難しいと思うが
いなくはないという事になろうか。先に公開する事になり申し訳ない。
ただし官僚ポジションだからこその生々しい証言があろうかと思うので、仔細な秘話を楽しみにしている。言うなれば霞ヶ関ネタと言ったところか。
 なお・・・・筆者としては関連用語の由来を調査している過程で「ああ、そういう事だったのか」と気付く事となった。

中国が何を中心に動いているのか?そんな事を垣間見る論考になる。アカデミックな内容であり民法などのテーマ(いわゆるお茶の間の話題)に採用される事はないであろうが、以降の事実を知らないままに当該テーマを論ずる事は出来ないだろう。
 今夏は筆者のプライベートにおいてある事のアニバーサリーイヤーになる。そんな訳で辣腕を振るっておいた。無料の読み物の域ではないモノをお届けしたいと思う。当サイトでは基本手抜きしてきたが今回は筆者の持っている能力をそこそこ発揮しておいた。まあそれでも遊び半分ではあるが、筆者のキャラクターを窺い知るには面白い記事になるだろう。

主要と言える全ての伏線を回収しておいた。ある事実に気付くと今回事件(新型コロナウイルス感染症パンデミック事件)の実態をクッキリと浮かび上がらせる事が出来る。今回解説する事実を紐といた瞬間・・・・「達した感」は人生においてそう何度も味わえないものであり、それを世界最速?で味わえた事は一生涯忘れないかもしれない。

筆者がここで示す論考レベルの分析を遊び半分で出来るような若き分析者の登場を期待する。
 もしも今回論考を楽しんで頂けたら、筆者による太陽活動と気候変動の論考も楽しめるだろう。よろしければどうぞ。(https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2021-02-11-cycle-25-yosoku

中国サイトのリンクをソースとして設定しているが閲覧はお勧めしない。
まっさらのPCにOSとブラウザだけインストールして公共Wi-Fiなどで閲覧して
常にイニシャライズを行うような方以外はアクセスしない方が良いだろう。

musked-rider-v3mogu01.jpg
「当事件においては法律自体が証拠となり得る.そのような立証は史上初の事ではないか?」2022年8月7日もぐらのもぐ筆者
────────────────────────────────────────────────

このページは・・・・・・
新型コロナウイルス感染症・・・・・この言葉(関連用語)の由来やウイルス自体の起源について探る論考シリーズにおいての『基盤となる主なる論考』として編集した内容である。
 論考シリーズを展開するにあたり、時系列としてまとめた年表(基盤)があったほうが理解が容易と考え、基盤となるこのページを先行で公開しておくものである。

編集に際しての特色として、医学領域の事件であり、その分野の記者による記事が多く公開されているが、今回は法学領域の目線で編集している。新たな発見が多く織り込まれているだろう。結果を残しつつある今だからこそこんな事を言える資格があるが、法学領域目線で振り返らなければいつまで経っても陰謀論的な論考しか登場しなかっただろう。今回の筆者の論考において、やっと、真の意味での史実的振り返りが出来るようになったのだろう。

どの国、どの組織に対しても公平な評価を心がけたコメントを付記している。
しっかりと調査すると中国政府は勘違いされてしまっている事が多々ある。彼らの名誉のためにも公平に評価している。
 世間一般でこれまで語られていたシナリオと異なると思うが、広い視野で、かつ、陰謀論的な捉え方を排除している。史実の出来事としての資料になるのではないか?
もしも以降の編集内容を学業などに利用する場合は、出展を表記してくだされば特に連絡なく利用していただいて結構。内容を踏襲した利用についてはご交渉を。引用して記事を執筆する場合は商用利用でもお気軽に利用して頂ければ。
 サイトは多くの記事が無断で使用されてきたが多少の事は気にしないで運営してきた。しかし今回論考シリーズと太陽活動分析関連のいくつかの事については社会通念的な感覚に照らして対応していきたいと考えている。

まとめサイトさんにはこれまで世話になっているのでまとめサイトの運営者さん(これまで一切絡みが無くても)はご自由にどうぞ。個人ブロガーさんやYouTuberさん(広告付きでご活動なされていても)はネタにしてコンテンツを起こして頂いても構いません。ただし無理に拡散してくださいという訳ではなく、アカデミックな内容なので素人受けは期待出来ないので、それなりのレベルの皆さんだけが知り得る事実として酒の肴にして下さるのが良いだろう。筆者としては自分で理解成し得た満足で十分。2022年においては日本人の中で優秀な人間は3%もいないだろう。ターゲット層は日本人/3%以下といったところか。筆者はそんな現状を諦めている。そんな思いがあり全国民に周知させようとも世界の人々に発信しようとも思わない。(世界的スクープ!そんな内容なのだが、そんな事すらも多くの日本人が理解できないのが実態だろう・・・・嘆いても仕方がないな・・・・)

何にせよ、当該テーマの分析というもののハードルを一気に高める事になる。
今後は質の低い記事が登場してこないことを祈る。世間の皆さんは今回論考を踏まえれば、ここで何を言っているのか?ご理解いただける事だろう。

参考として・・・・・

2017年12月28日 CCTV放送・石正麗(シー・ジェンリー)らのSARSコロナウイルス研究を特集した番組
視聴必須。ぜひご視聴を。
唖然とするデタラメな研究実態。コウモリを手づかみしてオモチャのように扱っていたり、マスクもしないでコロナウイルスを取り扱っている。これが武漢ウイルス研究所の石正麗達の幼稚な日常。なおこの放送の直後となる新年早々に科学系のアメリカ外交官が武漢ウイルス研究所に視察へ向かい本国に対して公電で・・・・・

安全性と管理体制にぜい弱性があり、支援が必要」※幼稚な人々だからね・・・・
SARSを発生させかねない」※っていうかその2年後くらいにマジガチでやらかしたっていうね・・・・

と、レポートしていた。この番組を視聴しないで当該テーマについては語ることが出来ないだろう。一言で言えば非科学的とも言えるし幼稚な人々とも言える。
 このTV番組から察するに、コウモリコロナウイルスを研究所外へ漏出させてしまうのは常日頃の事だったのだろう。※SARS様コロナウイルス、SARSコロナウイルスは異なるものである事は知ってこの番組を視聴せねばならない
※SARS様コロナウイルスにも複数系統がある。その辺りのことは別論考にて。
※雲南省の住民に対するスクリーニング血液検査で抗体が確認されていた。つまりこのデタラメな実態は、研究所内で自分の体内でSARS化させ武漢市街にそれを漏出させていた可能性を否定し得ない事を意味する。この番組は大変重要な証拠になりうる。

wohan-map-2021-06-12.jpg
武漢ウイルス研究所と初期患者が搬送された武漢市内の病院の位置関係。参考にどうぞ。

アメリカ外交官視察の件一部引用
「ワシントン・ポスト紙は、入手した外交公電をもとに、これについて報じている。それによると、2018年にアメリカの科学専門の外交官がたびたび、中国の研究施設視察に繰り返し派遣されていた(筆者注・2018年1月のこと。つまり上の放送から一ヶ月以内)。その上で本国の政府へ、研究所の安全性に問題があるという警告を2件送っていた。
記事によると、米外交官たちは、武漢ウイルス研究所(WIV)の安全性と管理体制にぜい弱性があり、支援が必要だと求めていた。
 また、この研究所が行っていたコウモリのコロナウイルスの研究が、重症急性呼吸器症候群(SARS)のようなパンデミックを起こしかねないと、視察した米当局者たちは懸念してたと、ワシントン・ポストは続けている」引用元・https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52335189
公電は2018年1月19日付と報道されている。それが一度目の公電ではないか?
https://www.washingtonpost.com/opinions/2020/04/14/state-department-cables-warned-safety-issues-wuhan-lab-studying-bat-coronaviruses/

石正麗の人柄を窺い知ることが出来る彼女のコメント
外部からの疑惑と非難に直面した石正麗は、2月2日、微信(WeChat)のモーメンツで怒りに燃えて次のように反応した。
「2019年の新型コロナウイルスは大自然が人類の愚かな生活習慣に与えた罰だ。私、石正麗は自分の命をかけて保証する。実験施設とは関係がない。不良メディアのデマを信じて拡散する人、インドの科学者の信頼できないいわゆる学術的な分析を信じる人にご忠告申し上げる。お前たちの臭い口を閉じろ
引用元・https://toyokeizai.net/articles/-/329766?page=2

今回論考は武漢ウイルス研究所の過失については深堀しないが、みなさんが思うような常識的な感覚の研究実態では無かった事は間違い無い。 


今後は・・・・年表的記事(当ページの事)を基盤として
・武漢ウイルス研究所の過失
・WHOテドロス氏そして日本政府らは、なぜ、楽観モードで初期対応を誤ったのか?
・世間で言われている人工ウイルス説を筆者目線で分析
こんなタイトルの個別ページを追って公開していく予定である。

以降の解説を川に例えるならば・・・・〝アジアの大河・長江〟という印象。
今回盛り込めないが必須となる補足が〝長江に接続する各支流〟になろうか。
図太い河川に幾つかの河川が接続する事で全体像が完成する。
今回の内容で全体像というものは炙り出せているので、補足の公開を焦らそうとしているわけではない。ただ単に時間が追いついていないだけ。

何にせよ、大河・長江と各支流が繋がった時、当該事件(新型コロナウイルス感染症パンデミック事件)の体系的理解を成しえる事になる。
 これまでは膨大な報道があったが断片的な情報しか存在しなかったので、雲を掴むような状況だった。これにて筋道立てた理解を成しえる訳で、責任追及などにおいて明確に指摘出来るようになる訳だ。
 正義の味方の俺様にとっては適任の仕事だったって事さ。正義のヒーローは悪のライダーやクリーチャーと対峙する事だけが仕事ではない。


【ご注意】
この記事の最末尾にいわゆ食用野生動物市場なるものの実際の様子(武漢市のそれではないが)の画像を二点掲載している。大変胸を痛める実態ゆえ、そのような画像は見たくないという方は最末尾まで行かないように。最末尾の前に関係ないネタを引用し始めているので、その辺りに達したらそんな画像が配置されていると察して頂ければ

筆者は実は中国好きだ。無理に褒めはしないし無理に貶しはしないが・・・・論考シリーズの最後の論考として中国の美しい部分をレポートするもので〆たいと思っている。それは今から予告しておく。

────────────────────────────────────
以降の内容における主要なポイント・あらすじ

新型コロナウイルス感染症ってどこから来たネーミング?
SARS-CoV-2って突然何よ?
それはこんな事実から始まっていた。
余程の社会人経験が無いと紐解けない事実を筆者がまとめあげてみた。
───────────────────────────────────────

そもそもは中国側がWHOを置き去りにして「張り切っちゃうアルよ~!」と、暴走開始した事から始まるトラブルなのだが・・・・・

ウイルスの分類には国際基準というものがある。例えば石正麗が勝手に分類してネーミングしても、プライベート分類&ネーミングというものでしかない。それが大前提的理解。

ところが・・・・武漢市でそれが発生し始めた時に石正麗がいわゆるプライベート分類とネーミングを声高にアピールし始めてしまった。中国人は国際ルールの遵守や国際基準という感覚にそもそも疎いものだが、プロのウイルス研究者としては甚だ幼稚と言えよう。

結論を言ってしまえば、少し間を置いて国際基準の分類というものが国際ウイルス分類委員会から公表されたが、「SARS2」「SARS-CoV-2」というわけで、サーズ2型というのが国際基準にのっとった分類だったのだ。

なんにせよ中国側の組織全体が〝石正麗基準 = 頓珍漢 = 全く新しいコロナウイルス〟を盲信してしまった。
 中国の法律ではSARSの対処は法改正して立派な取り組み(政策)が準備されていたので、SARSの2型であっても実務的にはSARSとして対処できたわけだが、細かな事にコダわる幼稚な石正麗が〝全く新しいコロナウイルス!〟と、主張し続けてしまったので、あらためてそれを法律に足す作業(条文の追加)を必要としてしまったのだ。

「命名に関するトラブル?たいしたトラブルではないのでは?」そんな風に軽く受け止めてはならない。

それはなぜか?

中国政府中央が、武漢ウイルス研究所の女性研究員の自己主張に流されてしまい、法律の解釈(感染症対策法における分類)をゼロから仕切り直していた事が判明した。それが中国政府の本格的な対応の遅れに繋がっていた! 具体的には20日間程度遅れていた事になろう。
 つまり・・・・感染力が高い武漢市からのコロナウイルス。その初期対応で空白の20日間が発生していたという事になるのだ。しかも天河国際空港がある武漢市において。

★2019年12月30日に武漢市中央第二医院・李医師の過失から流出したウイルス解析結果はSARSコロナウイルスとの解析結果だった。
dr-ri-report-03.jpg
その現物データの拡大。SARS冠状病毒(コロナウイルス)として解析されていた
実務上ではSARS様のコロナウイルスとSARS様の症状が確認されているのだから、SARSとして対策を始めるべきだった。ウイルスが完全なる一致性ではない(約80%の一致)事が、実務上においては問われないもの。そもそもウイルスの一致性を必須とする条文が存在しない。法律というものは多少曖昧にしてあるもの。実務上足枷になるゆえ。

なんにせよ、実務上においては甲類か?乙類か?丙類か?・・・・・
いずれかに当てはまらないと法律を適用した対策が採れない事になる。
全く新しいウイルスだ!と、表現されてしまうと既存の感染症ではなくなる為に、
ゼロから審理する必要がある。

意外かもしれないが中国は習近平国家主席と言えど法律がなければ出来ぬ事は出来ぬ。
実務上ではSARSとして処理できるはずなのに、幼稚な人々がバカ騒ぎしてしまい、
中国において、世界において、史上初めて発見されたウイルスと感染症という流れに。
そうとなれば法律上の感染症リストに登録する必要があろう。
正式な登録が終わるまでは、ビジネス用語的に言えば〝ドラフト状態〟で何も出来ない日々が続いていたという事。
その間は武漢市で次々と感染者が増えていったという訳だ。

彡(゚)(゚)「はえ~っ 1秒すら惜しいって時に20日間程度も静観!そりゃ世界的パンデミックになるンゴ!」
(´・ω・`)「今回はこの件を主に追及するけれども、この追及が新型コロナウイルス感染症に関する混乱を紐解く大きな鍵になるんだよね。ここが混乱の爆心地ってことになるかな」


★ここで遠藤誉博士の2020年の記事を振り返ってみよう
◆中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授、理学博士
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200124-00160069
新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れたのか?

筆者は遠藤博士と直接的なお付き合いも間接的なお付き合いもないが・・・・・遠藤博士の古い記事であり、最新の見解ではない。公開から二年以上経過している。それを踏まえて頂きたいが・・・・ただし中国問題グローバル研究所所長が、なぜ、中国の法律事情を一切踏まえない考察を公表していたのか?弁明する必要があるかもしれない。習金平国家主席による本格的な対応が遅れていた事は史実の出来事である。しかし遠藤博士の分析は中国の内政問題をほぼスルーしており、当てずっぽうで陰謀論的な印象である事を否めない・・・・
 初期対応の遅れ・・・・あくまでも習近平国家主席は法律に従って指導しているという事実が今回筆者の調査で判明したという事になろう。どんな危機的状態にあっても、国家主席といえど法律が無ければ、出来ぬことは出来ぬという事。全人民の中から代表が選ばれ、その代表が取り決めた法律のほうが国家主席より重い。これが中国の論理構造でありエッセンスである・・・・。中国という国がどんな国なのか?ものすごく理解を深める今回の論考になろう。遠藤博士の論考をここで引用させて頂くことは大変申し訳ないが、しかし、多くの日本人を誤解させてしまう記事であったので、古い記事ではあるものの正しい史実的解釈の為に、誤った理解の一例として引用させて頂いた。
 読者の皆さんには・・・・もぐらのもぐ筆者と中国問題グローバル研究所所長の分析との異なりを楽しんで頂ければ。日常で見かける中国の内政関連の記事がどんな実態なのか?そんな事も伺い知れるかもしれない。(筆者としては最大レベルの法則(法律)などから下ってくる手法がロジカルな分析になるのではないか?と考えている。)

さて。習近平国家主席の対応が遅れに遅れた事は事実。しかしそれは〝石正麗〟が国際基準という概念を知らない幼稚な人物であり、かつ、独自のマイワールドに執着した事で、まったく新たなる感染症として法律に条文の追加(新たな感染症としての追加)をしなければならなくなってしまったから・・・・SARSがいつ発生してもおかしくない。だから緊急対応用のハードも準備していたが、石正麗の独自のコダわりから、まったく新たな感染症として条文の追加(新規認定)が手順として必要となってしまったという事。繰り返すがSARSの2型という事であれば実務的にはSARSとして感染症対策を行い、ゲノム解析の詳細については追っかけて行えば良い訳で、優先順位としても感染症対策こそが一番高い事は言うまでも無いだろう。今回は詳述しないが石正麗は常識的な感覚での優先順位付けが不得意な様子だが、そういう場面でそういうクセが出てしまったのだろう。

みなさんもすでにご存知であろうが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)という関連用語を日々見かけているだろう。それは国際ウイルス分類委員会という世界的立場の公式かつ正式なウイルス分類を根拠にしたネーミングである。
 石正麗が中国政府や世界に対して主張していた新型コロナウイルス(2019-nCoV・2019 novel corona virus)は、プライベート分類という事になる。それはあくまでも石正麗個人の見解と主張となる。つまり石正麗はプラィベート分類と、国際ウイルス分類委員会による分類の区別がついていなかったのだろう・・・・さきほどの動画を視聴すれば分かるが、この人は〝先天性の何か〟があるのではないか?例えば現代社会になり、主観と客観の区別がつかない気質の人がいると分かってきたが、健常的な感覚ではなく常に独善的であり、社会の中で浮いている印象を拭えない(例えばアスペルガー症候群?)。何にせよ、石正麗は常に独善的な言動で周囲に波紋を広げている事に気付く。本人はウソをついているつもりは無いのだろうが常日頃から主張が何かおかしい事を否めない。実はアスペルガーはそうやって周囲にウソつき扱いされている事が多く、そういう事も一つの要素として疑っておくべき人物である事は間違いない。(中国人のデタラメ気質を踏まえても石正麗はズバ抜けてデタラメ)
こんな指摘をするのは心苦しいが、こんな事を人類で二度と発生しないようにハッキリと指摘しておく。

中国の感染症に関する法律に対して正式に公告(条文の追加)が出されたのが1月20日付。
2020-no-one.jpg
〝新型冠状病毒感染的肺炎〟に注目。
これにより、武漢市から発生したそれは、国家として正式に感染症として決まった。
かつ、乙類として登録されるも甲類として対処する(つまりSARSと同等・ぶっちゃけ同じものなんだけどねw)事も決まった。
 甲類とは、最大レベルであり隔離治療を義務化されたという事。中国における隔離治療・・・・それはもう日本人の思う人権というものが保証されるような実態ではないだろう。しかし何にせよ習近平国家主席がこれにて大号令を発する事が出来るようになった。
 そしてこの公告の3日後に武漢市ロックダウン、5日後には大型隔離治療施設を建造開始。それらが20日間以上前倒しされていても良かったのだ。
 乙類登録。但し甲類として対処。つまり甲類に関する審理をゼロから行うとなればいい加減に済ます訳にはいかない。
彡(゚)(゚)「そもそもSARS-CoV(昔のやつ) と SARS-CoV-2(武漢のやつ)ではゲノムが8割程度一致しているって話ンゴ」
(´・ω・`)「感染症対策の法律はゲノム解析の完全なる一致性って関係ないんだけどね。実社会、実務上っていうのものでは自分のコダわりよりも優先されるものなんだけどね・・・・」

彡(゚)(゚)「WHOを信じて彼らに主導権を渡していれば・・・・・」
(´・ω・`)「今となってはWHOもアレだけど、発展途上国などに出向いてアカデミックな助言や指導を出来る組織だったはずだからね・・・・コミュ障的な振る舞いでWHOと連携できなかったんだろうな・・・さもありなん・・・・」

すでにSARSは法整備してある。武漢市のそれをSARSだと認定していれば20日ほど前倒し出来た事だろう。実際に国際ウイルス分類委員会による実務的な分類では〝SARS 2〟との分類とネーミングだった。(時系列では、国際ウイルス分類委員会の正式な分類とネーミングは後になる。詳しくは後述)
 石正麗のKYな振る舞いでオールニューのコロナウイルスとして、オールニューの感染症として新規登録した事になる。
 あの急造された隔離治療型ユニット式病院。あれは甲類感染症発生時に備えていたものだった事が判明。あれを新年早々に建造出来ていたはずだった。法に沿って厳格に準備されていたのに、その、法というものを、結果として幼稚な石正麗がイタズラに動かしてしまったが為に、多様なハードを準備していたのに何も出来ない日々が続いてしまっていたのだ。

皆さんも下調べしていると思うが、SARSと新型コロナウイルス感染症の症状は基本的には同じ。亜種というものであり、まったく新しい疾病という事はありえない。それを石正麗の『KY&独自の強いコダワリ』が周囲の人々を勘違いさせてしまい、こんな大事になってしまった。後述するが多くの組織を通過して最終的には国務院の承認を得るような、通常起こり得ない珍事が発生してしまっていたのだ。
 SARSの亜種だ。国際基準かつ常識的な感覚ではそれが適切な分類だが、石正麗は常に頓珍漢な様子だが、国際基準という感覚も知らなかった様子であり、自分の研究が自国の法律による事実上の甲類として対処される感染症を引き起こすウイルスを研究しているという大前提の理解が出来ていなかったのだ。KYとも言えるし幼稚とも言える。冒頭の動画を視聴すれば分かるが研究の実態はまるで幼児のお遊び。彼女の主張の基盤と言える〝中間宿主媒介説〟もデタラメだった様子だ。(雲南省住民の血液スクリーニング検査研究の登場にて)
 勉強は出来るタイプだったようだが常に常識的な感覚を欠いてしまっており、自分が研究しているコロナウイルスは、自国ではペストと同類として扱われているからこそ、石正麗には研究資金が他のウイルス研究よりも流れ込んでいただろう。それは石正麗が優れた研究者という訳ではなく事実上の甲類として対処するコロナウイルス研究だったからと言える。実際に中国の法律において(後述)感染症の研究の充実についても条文があり、条文はそこまでは言及していないが、SARS対策の為の改正法となったわけで、石正麗のようにコロナウイルス研究には積極的に資金が流れ込んでいた事は想像に容易であり、実際に彼女は多くの発表をネイチャー誌に投稿している。

中国において法律用語にもなっていたSARSという用語を好き勝手に変えてしまったらマズいだろう。特にSARSは隔離治療が義務化される扱いであった。国家としてそんなに重く受け止めている感染症のSARSという用語を好き勝手に入れ換えてしまうなど、頭がおかしいとか、非健常的と言えるレベルだろう。しかしそれがまかり通ってしまったという訳だ。

世界的パンデミック突入直前の危機的状況において何が大切なのか?石正麗は他人への迷惑や自分が置かれている立場や責任をまるで理解出来ていない幼児のような人物で、コロナウイルス遊びを楽しんでいたのが実際のところだろう。
 コロナウイルス遊びを楽しんで、楽しんで、楽しんでいた。それだけの人。常識的な大人であれば自分の取り扱っているコロナウイルスが国家がどんだけ重く受け止めているそれなのか?察する事が出来るだろうに、彼女は頭が空っぽで何も考えていなかった事が判明したと言える。
 そもそも常日頃から常識的な感覚での想像力を常に欠いている様子なので、土壇場の場面でもマイペースに振舞ってしまったのだろう。そんな彼女の研究所から地下鉄にてすぐにアクセス出来るような範囲で2019年末にSARSコロナウイルスの亜種が発生。しかし全然へっちゃらな態度。よほどの幼稚なのだろう。

では、中国の法律をここで紹介しておく。
★重要ポイント先程の〝2002年第1号〟公告はここで紹介する法律に対する条文の追加(新たなる感染症の追加)だった。

中华人民共和国传染病防治法(全国人民代表大会2005年8月5日)※日本で云う改正法
下記リンク先は原文および公式法解釈。平易な解説。

※以降では〝感染症の予防と治療に関する法律〟と用語統一する事とする。
※この和訳は中国政府公式ではなく、あくまでも今回記事に対して筆者が独自に翻訳したものである。

ttp://www.npc.gov.cn/npc/c2193/200508/8d0a5e301e9341d8b4e5afa99c9b675f.shtml
上記は引用元サイト。

https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2022-08-07-chinese-law
上記は当サイト内に全文を引用掲載させて頂いたページ。完全引用。レイアウトだけは見やすく強弱を付けるなどしている。2005年の法改正はSARS対策が要件だった事が分かるだろう。

第一条のみ引用掲載する。
第一条 为了预防、控制和消除传染病的发生与流行,保障人体健康和公共卫生,制定本法。
(第一条 この法律は、伝染病の発生及び蔓延を予防し、抑制し、及び根絶し、人の健康及び公衆の健康を保護することを目的として制定する。)※この翻訳は中国政府公式のものではない。
日本の法律用語において「および」は、同列を意味している。中国の法律用語において「および」が同列を意味しているか?それは調査継続中。たったそれだけの事と思うなかれ。その解釈で別次元の法律になるのだ。日本の法律用語においては「ならびに」という表現はレベル落としを意味する。例・○○及び○及び○。並びに○○は・・・・
補足。冒頭のTV番組と同法の関係・同法の第10条にて感染症に関するCMや番組を無償で放送すべしとの規定があり、かつCCTVが名指しで指名されている。新華社と異なりCCTVは基本公告収入で経営されている。民間的メディアなのでそのような指名があったのだろう。それもありCCTVは何度か武漢ウイルス研究所の発見についても報道している。別の論考で詳しく)

★この法律の特徴として・・・・
第1条にある〝予防〟その文言の解釈として、予防出来れば治療は必要無い。なので予防に重きを置く。予防しつつ治療するのであれば予防をしっかりと行う事で治療する必要が無くなる。それゆえ第1条にて〝予防〟が前面にて強調されている。中華的合理的理解。
 〝および根絶※中国政府公式翻訳ではない事に注意〟
その文言からの法解釈として隔離治療が義務化されている。つまりロックダウン政策は法的根拠が存在したのだ。
 何にせよ中国のSARSおよび新型コロナウイルス肺炎の対策は、この第1条から全て始まっており、各条文を基に厳格に決定されている。この事実を知れば中国各省のやり方に多少の異なりがあるも法を天上に頂いた論理構造があって遂行されていた事を窺い知る事が出来る。まさにロジカル。
 残念ながら日本政府のほうが非ロジカルで場当たり的、人治的なものとなってしまっている。中国の法律と法解釈を手放しに素晴らしいとは言えないが、そのブレ無さは日本政府と比較にならない。日本人が中国を誤解しがちなのは上部だけの事実を日本人的にあてずっぽうに解釈した情報が溢れているからだろう(99.9%?)。
 さて。組織と個人は、防疫機関と医療機関が実施した防除措置が違法であり、正当な権利と利益を侵害していると信じる場合、人民法院に関連する侵害について民事訴訟を起こすことができる。との規定もある。(中国の裁判所でそんな訴えが通るとは思えないが)

中国のこの〝感染症の予防と治療に関する法律〟では、感染症は甲類と乙類と丙類に類別される。(第3条)
※甲が最も高く、乙から丙へとレベルダウンしていく。日本においても甲乙の概念(レベル分け)が法律用語として採用されている。いまでは法律用語として以外ではあまり聞かれないが戦前では日常でも用いられていた(成績評価などにおいて)。
SARSは乙類とするが、治療法が無いことや感染力が高い事から甲類として対処すると定められている。(第4条)。
 注意点は甲か?乙か?その最初の判断で迷ってしまうと厄介な事になり責任を負う組織が異なってしまう事になる。「ウチの組織じゃないアルね〜!」と、一つ一つステップを踏んでいく事になる。つまり土壇場の場面で手間が掛かる。

今更のツッコミになるが、この法改正時に踏まえた〝SARS〟という感染症のネーミングはWHOが行い、ウイルス分類とネーミングは国際ウイルス分類委員会が行っていた。つまり世界基準で設定されたもの。しっかりと熟考されたものであったのだ。
 今回のケースでは、世界基準ではなく〝石正麗基準〟のモノを条文として追加してしまったという事で、前提としたモノ(情報としての質)が、まったく別次元のモノであり大慌ての中国人はそのような冷静な判断が出来なくもなっていたのだろう。
 2020年の初動において中国は張り切り過ぎてしまいWHOを置き去りで突っ走ってしまっていた。WHOに主導権を渡し、ウイルス分類やネーミングなどを国際機関に預けて判断しなかった事から、〝石正麗基準〟を基にしてまったく新たなるウイルスだ!感染症だ!と、法律の条文を追加する手間が掛かってしまった事になろう。

【最大限に強調しておくべきポイント】
この〝感染症の予防治療に関する法律〟はWHOが定めたIHR2005(国際保健規則2005)を踏まえた内容である事に注意。つまりWHOが定めた規則に対して真摯に向き合い大きく改正していた。主にはSARSに対した法改正が行われていたと解釈して良いだろう。
──────────────────────────────────────
IHR2005補足
IHR(2005)は, 1969年に採択されたIHR(1969)の後継として, 2005年5月の世界保健総会(WHA)にて満場一致で採択され、2007年6月15日に発効された。2007年にIHR(2005)に改定があった。
──────────────────────────────────────
 このポイントは太文字で強調しておくが・・・・WHOの感染症におけるレベル分けと中国のレベル分けは全てが同調したものではなく、SARSに限定して言えばWHOの示したレベルと合わせているが(乙類相当)、もしも発生してしまったら大変な事になるであろうと想像に容易なので中国においては独自に甲類として取り扱う事が法改正時に取り決められていた。(第4条)  つまりWHOの指針以上の取り扱い。我が国の指定と中国の指定は異なり様々な諸事情から各国で異なるものとなる。中国としてはSARSは事実上の甲類として扱うというわけで、WHOの指針以上の取り扱いであり、その危機意識は並ならぬものであった事が法律の改正で踏まえられていたという事になる。
 2002年~2003年に発生および終息した広東省広州仏山発症とされるSARSは言うまでも無く中国発生であり、中国の不衛生な生活実態が背景にあった新型感染症だったことから、中国政府は深刻に受け止めていたようだ。ただし時間の経過で警戒心が緩んでしまっていた事は否めない。例えば食用野生動物市場の廃絶をなし得なかった等(本当に発生源かはいまだに確証が無いが)。
 中国政府中枢(=全人民代表)が、WHOがいう事を絶対的なものと受け止めている・・・・筆者としては意外な印象。自国政府より上の存在を認めている事になり、WHOの言う事など端から聞かないのでは?と思っていたが・・・・この法律を精読して中国に対する偏見を持っていた事を猛省した。
 なお〝感染症の予防と治療に関する法律〟はロックダウン(=根絶)などの法的根拠になる。
 さきほどのリンク先の条文と法解釈の丁寧なコンテンツ。人民共和国らしいコンテンツ言えよう。もちろんあまりにも無学であれば理解できないが、最大限に多くの人民に対して法律と法解釈を理解してもらおうとこのように公開している。これは人民共和国らしい素晴らしい取り組みだろう。中国は明確で合理的でロジカルな様子。我が国は抽象的で曖昧な事が溢れている。そのどちらも良い面がある。筆者は今回の調査で中国の印象が良い方向へ数段階上がった。(かなり強引な法解釈が散見されるがそれは中国の法律という事で)

さて。 
もしも・・・・ウイルス漏出も彼女が関わっていたとすれば、そのウイルスの命名においても独善的に振舞って中国政府中央の対応も遅らせていたという事になろう。
 そのような事実は法学的観点で振り返ると判明する事実であり、異色の分析者(筆者自身の自己評価)らしい真実の探求となっている。

WHOはネーミングにおけるゴタゴタについて経緯を説明しようとすらしないが、
自分達が八方美人的に対応していた事で中国政府中央の感染症における判断と決断を遅らせてしまい、結果として本格的な対策を明らかに遅らせてしまった事を、彼らは実は気付いているはず。中国人女性研究員が自己主張しようとしても強いリーダーシップで防疫ファーストで進めるできであった。
 中国政府は2020年1月20日なって、やっと、武漢市からの肺炎を、〝感染症の予防と治療に関する法律〟における「正式な感染症」「甲類但し乙類として対処」と条文の追加に関する公告を行う事ができた。つまりそれによって国家として正式に隔離治療などを義務化する事ができた。
 WHOが曖昧な態度を取らないで2020年新年早々に「武漢市で発生しているのはSARS」と公表していれば、中国政府は2020年新年早々から隔離措置などを発効できていたのだ!全く新しい感染症として実のところSARSを名前を変えて新規承認し直していた訳で、非合理極まりないが石正麗にすれば全く新しいコロナウイルスを解析して発表したという実績が得られるが土壇場の場面でそんな事をしている場合では無かっただろう。

なお、武漢市ロックダウンは2020年1月23日より。武漢市の大型野戦病院の建造は1月25日より。その全てが20日間ほど遅れてしまっていたと言える状況。その理由は、ある女性研究者の幼稚な行動が原因だったと言えよう。(第39条・隔離措置、個別隔離措置、強制隔離措置などが定められいる)
 その石正麗が周囲の状況を読み取って余計な事をしていなければ・・・・・なお、我が国においても、〝新型コロナウイルス感染症〟として、つまりあらたな感染症として認定するために仕切り直している。石正麗による強情の余波が我が国にも届いていた。※当時の我が国の官報を以降にて引用している。


空白20日間それは前期と後期に渡る合計40日間だったのだ!

【前期・空白の20日間】
そもそも・・・・・武漢市の医師が上位組織に通報していなかった模様。
というのは武漢市では2019年12月8日には武漢市に病院に謎の肺炎患者が搬送され始めていた。
同法第7条では未知の感染症でも流行でもその手の類の事実を察知したら上位組織に報告する義務があった。意図的に破れば懲役刑(最大七年)。
 そもそもその報告義務は・・・・2003年SARSの対応において中国政府からWHOへの報告が数ヶ月遅れてしまい結果として世界の国と地域30ポイントに患者が発生してしまった。それを受けてWHOが政府機関が知り得て24時間以内に報告せよとの規則が制定された。(IHR2005)
 それを受けての大幅な法改正を行なっていたが、2019年12月の武漢市においては、政府の公式記録で明かされた所によると同年12月27日になり、病院の上位組織になる江漢区CDCに病院から報告があったとの事。おおよそ空白の20日間が発生してしまっていた。
 それは同法第7条の徹底が各病院の隅々まで徹底していなかった事が判明。それが武漢市だけの徹底不足なのか?それは定かではないが武漢市の全区で通報の義務が徹底されていなかったようだ。

【後期・空白の20日間】
その上で・・・・2020年に入り今度は石正麗が頓珍漢な主張を開始してしまい、SARSとして猛ダッシュしなければならないところを、本格対応をさらに遅らせるKY行動によってグダグダになってしまったという事になろう。

これにて
空白の20日間+空白の20日間。合計40日間の空白期間が発生してしまったのだ。

それが・・・・2019年12月上旬から2020年1月下旬までの空白期間発生の理由であり
武漢市ロックダウンが2020年1月23日開始と、本格的な対応が遅れに遅れた理由である。

武漢市には天河国際空港があり常に武漢市から海外へ。海外から武漢市へ人の移動があった。そんな武漢市においてSARSと疑わしき患者が発生しているのにどうして武漢市の病院が上位組織に通報しなかったのか?(もしくは武漢CDCが止めていたのか?)首を傾げるしかない。人口1340万人とされる武漢市。地方都市の片田舎の部落での20日間とは異なる条件。
 さらにはもう20日間ほど、特殊な状況が発生して大規模な対策がスタートしなかった。その40日間で世界の運命が決まってしまっていたのだ。

武漢市で始まってしまった事がどんだけ様々なリスクを抱えていたのか?世界中のほとんどの人が気付いていない。

ものすごく砕けた表現をすれば・・・・
めっちゃ中国な事件!だったのだ・・・・

この件で中国の皆さんは、自覚的には嘘をついていないし捏造をしていない。※都合が悪い事は隠し気味だが
無意識的な仕事の甘さやデタラメコミュニケーションで初期対応を誤っており、それに無自覚なだけだろう。せっかく法改正を行っていたのに、その法を巡る人々があまりにも至っていなかった。しかも自覚すら持っていない。そんな生々しい実態も今回論考で浮かび上がってくる。

「なんで我々は隠蔽とか捏造とか言われるアルね?我々はルール通りに進めていたアルね」
こんな風に彼らは考えているのだろう。

実際にはまるで仕事が出来ていなかった。大国にはなったが基本的な事をまるで徹底できていないのだろう。中国の常識は中国国内でしか通じない。今回出しゃばって世界のリーダー気取りで振る舞ってみたら、まるで出鱈目なリードによって世界中を大混乱させてしまった。
 新型コロナウイルスの発生も大迷惑だったが、その初期対応でも最大限にやらかしてくれていた事を今回炙り出す事になる。
 中国の外交を一言で印象を表現するとすれば〝稚拙な印象〟と指摘されがちだが、土壇場の場面になった時にその稚拙さが現れてしまったのだろう。

WHOというそのような状況でのリーダーとなる組織がいるが、中国はその辺の理解も稚拙であり、張り切り過ぎてしまいWHOを置き去りで突っ走ってしまった。主導権をWHOに預けて進めれば良かったのだが・・・・本人達は純粋に頑張っていたのだろうが質の高いコミュニケーションというものを彼らが意識する事は今後数千年以上無いかもしれない。

cctv-2018-04-05-new-corona.jpg
今回論考では詳述しないが、WHOや国際ウイルス分類委員会の国際基準を無視して、少しでもゲノムが異なるものを石正麗ら武漢ウイルス研究所では〝新型冠状病毒〟と独自に表現するようになっていた。そしてTV局に報道させていた事もあり(2018年4月5日CCTV)、その頃から石正麗が主張の発端となり、少しでもゲノムが異なるコウモリコロナウイルスをそう呼ぶ空気が流れ始めていたようだ。
 石正麗ワールド、石正麗基準というものがジワジワと周囲に広まりつつあったのだろう。国際基準という概念をそもそも思い至らない様子であり、言うまでもなく実務的な事も思い至らなかったのだろう。
 常識的な感覚があれば〝亜種〟という概念もある事を理解出来るのだが、石正麗らは完全なる一致以外を新型コロナウイルスなる概念で捉え始めていた事は間違いない。
(なお、このような感染症に関する報道の義務(第10条)がCCTVにあり、法解釈においてCCTVが直接指名されている。すべての事が〝ある一つの法律〟から始まっている。石正麗のウイルス研究の資金もしかり)

では、時系列に沿って詳述して行こう。
以上の事実を時系列に沿って詳しく検証して行こう。
中国組織の動きには論理構造があった。
あの時期の中国組織の動き全てに法的根拠があった事に驚く事だろう。

────────────────────────────────────
おさらい
2002年
中国広東省広州にて謎の肺炎患者が発生。
2003年
中国厚労省がWHOに報告。報告が遅れた事でその謎の肺炎患者は世界30の地域と国に広まってしまった。WHOはその謎の肺炎をSARSとネーミングした。その肺炎を引き起おこすコロナウイルスに対して国際ウイルス分類委員会はSARS-CoVとネーミングした。初期に中国政府からの報告が遅れた事をWHOは問題視していた。
 この頃石正麗はSARSコロナウイルスの起源について興味を持ち研究開始し始める
2005年
WHOは中国政府の報告の遅れが世界的パンデミックに至るのでは?と強い懸念を感じていた。そこでIHR(国際保健規則)を改定した。端的に言えば各国の政府が事実確認から24時間以内にWHOに報告せよとの内容。

中国はWHOのIHR2005を踏まえ法改正した。かなり突っ込んだ法改正。
参考・中国の法律
下記リンク先は原文および公式法解釈。平易な解説。必読の内容
〝感染症の予防と治療に関する法律〟
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2022-08-07-chinese-law
中国のこの法律では、感染症は甲類と乙類と丙類に区別される。※甲が最も高く、乙から丙へとレベルダウンしていく。(第3条)
SARSは乙類とするが、治療法が無いことや感染力が高い事から甲類として扱うと定められていた(第4条)。WHOの指針そのままでは乙類であるが、中国としてはSARSを重く受け止めて甲類として対策する事を定めていた。その他全ての国の感染症分類を筆者は調べていないが中国のそれは世界で最も高く評価していたという事になると思われる。
甲類となると、報告、隔離などが義務化されることとなる。他の法律にてその義務に背くと懲役刑が規定されている。
★この法解釈における最大のポイントは中国政府にとっての〝SARS〟は、日本政府や日本人のそれとは比ではなく、今この瞬間に発生してもおかしくない!という最大レベルの危機感を持っているという事。〝中国政府とSARS〟それを窺い知るに第一級の価値ある資料と言える。
★中国政府はこのように人民に対して丁寧に法解釈をかなり突っ込んで解説してくれている。これは良い面と言えよう。ただし共産主義国の法律なので「強引やでw」と思う解釈が散見されるが他人事なのでヨシとする。言ってしまえば結論ありき。しかし結論ありきでは無いというような体(てい)で法解釈されている。

WHOが2020年新年早々に「武漢市でSARS発生!」と宣言すれば中国は即日に〝感染症の予防と治療に関する法律〟における乙類但し甲類感染症として対処する事がその時点で確定し、厳格な隔離治療を伴う対策に打って出る事ができた。
 しかし・・・・ある女性研究者が自分の名声や実績つくりにこだわり、再解析をマイペースに始め、「その実SARSコロナウイルス(2月7日に国際的権威である組織からSARS-CoV-2と分類されネーミングされたとおり)」を、新しいコロナウイルスだ!と、主張開始。ウイルス学者は法制度に関して無知だったのだろう。市レベル、省レベル、そして国家レベルにおいて、まったく新しいウイルスと、それによるまったく新しい感染症が発生したと受け止めて、まったく新しい新感染症として条文に追加する為に動き始めるも相当な時間を要してしまったという事になろう(詳しい経緯は後述)。
 土壇場の場面で悪夢と言える事態。人類史にも残るであろうワーストクラスの大失態。映画化決定レベル。(そんな事実が2022年になってとある日本人の分析者によるプライベート分析で明るみになったというのだから、それはそれでどうなのかっていうね)

────────────────────────────────────
中国側の動きを主に振り返る
今回の中国側の時系列は、中国在長崎総領事官公式サイトの「中国の初期対応は本当に遅れたのか?」との日本語コンテンツからも拾っている。中国大使館名義で発表された情報を中国在長崎総領事官公式サイトにて公開しているコンテンツとなる。以降では〝中国大使館情報〟と表記統一する。
 後述するがそこで示された時系列は確かにウソではないし、史実の出来事が述べられている。ただし〝中国大使館情報〟の見解は〝感染症の予防と治療に関する法律〟の条文、そのエッセンス、その意味する事の理解が中途半端なものであり、結果として日本の人々を説得出来るに至っていないのだろう。こんな指摘を日本人にされるなど面子を汚されたと怒るかもしれないが、まあ、事実は事実。筆者が以降にて示していこう。中国在長崎総領事官公式サイトから引用した時系列はその旨を付記する。
ttps://www.mfa.gov.cn/ce/cgnaga/jpn/zlgdt/t1791898.htm
中国在長崎総領事官経由の情報ではあるが、中国大使館名義で発表された情報であり、実際には政府中央(国家衛生健康委?)発の情報と受け止めて差し支え無いだろう。これまたツッコミ処満載。中国政府は真剣に向き合ってみるとこれまた当てずっぽうなものだ・・・・官僚の質というものも伺えてしまう。


2019年12月8日~
wohan-map-2021-06-12.jpg
武漢ウイルス研究所から半径10~15km圏内の病院にSARS様の肺炎を発症した患者が受診したり搬送されてきたりした。
 SARS様の肺炎患者は武漢市内者で次々と確認され始めた。現時点で確認がとれていないが、各病院のドクターが上位組織に通報していたとの証言がない。法律上では義務があり上位組織は武漢CDCと推認される(第7条)。
 武漢市のドクターらはある事実(2003年終息SARSとのいくつもの共通点)からSARSが再発生していると確信し始めていた。しかし上位組織に通報していたとの証言が無い。まあ、所詮は中国国務院ではなく中国在長崎総領事官の見解であるが、中国の初期対応が遅れていたかいないか?第7条の徹底が成されていなかった事から、流行初期に上位組織に連絡が入らなかった事は間違いが無い。それゆえ「100%初期対応に遅れていた」と断言できる。この指摘に異を唱える事は本国の法を都合良く解釈してしまう事になる。繰り返す。第7条を参照せよ。
 常識的な感覚による指摘になるが、そもそも武漢市にはSARSコロナウイルスを掻き集めている女性研究者のチームがいる武漢ウイルス研究所というリスク要因が確実に存在していた。絶対という事はないわけで武漢市内での肺炎患者情報は他の都市以上に見張る体制が敷かれていて当然では?しかもスパイク蛋白質の遺伝子交換を行い論文投稿もしているし江夏区には中国初のP4研究室もある。感覚がズレ過ぎている。


おススメの記事・注意が必要だが時系列を拾うに役立つ
【資料・1】中国・新型コロナ「遺伝子情報」封じ込めの衝撃 武漢「初動対応」の実態、1万3000字リポート 東洋経済 2020/03/05 5:30
https://toyokeizai.net/articles/-/334358?page=1
今回発表している我々の論考を踏まえると、史実の出来事として時系列的な出来事を拾うには参考となる情報。今回論考の内容を十分に把握してこの記事を精読すると、結局は法律を知らないが為に右往左往している事に気づく。最終的な話の落とし所は、〝感染症の予防と治療に関する法律〟での判断。SARSコロナウイルスと一致性が高くSARS様の肺炎を起こしているのであれば、SARS(乙類但し甲類対処)を国家として出来れば良い事で、法による判断は明言はされていなくとも100%の一致を必ずしも求めないという事。ウイルス研究者は物事の細部にコダわり過ぎて全体像視点での判断が出来ていない事をこの記事でも伺い知れるだろう。
 病院のドクターによってはその辺りの空気感を知っており「SARSだ」とコメントし始めていたという事。今回の事件ではウイルス研究者(物事の細部にこだわり過ぎて云々)が、法的な判断の範疇に飛び込んできてしまったという事になろうか。さらにはWHOおよび国際ウイルス分類委員会を無視して中国人が勝手に突っ走った結果至ってしまったトラブルケースと言えるだろう。
 この記事の内容をこちらには反映させない。膨大になり過ぎる。なんにせよ、各社ウイルス分析側は新発見!という栄誉が欲しかったのだろう。

こんな会話が早々にあれば良かったのだ。
中国人ウイルス研究者「ほんの少しでも一致していなければSARSコロナウイルスではない。これは新型だ!まったく新しい新型だ!新発見!新発見!」
お役人さん「SARS的なものはSARSとして感染症対策すれば良い。話の落とし処はそこやからね。ほら、感染症の対策をしないとだめやん?法律は感染症対策の観点で立法されてるやん?ウイルスのゲノム配列に関する法律じゃないやん?」
お医者さん「そうそう。物事の細部にこだわり過ぎちゃダメ。SARSと同様の対策と治療が通じればオッケーなのよね。細かい事にこだわり過ぎてちゃダメ。全体像視点で考えて。大変な状況だよ?今すぐ隔離治療を適用させないと。一刻を争うよ」
もぐらのもぐ筆者「幼稚過ぎるよね。国家はウイルス登録管理センターなんかじゃねーし」
↓↓↓↓
中国人ウイルス研究者「あーあー聞こえない。SARSとは完全な一致をしていない!まったく新しいコロナウイルスだ!新型だ!あーあー」


中国人のコミュニケーションレベルでは尚更このような〝実務的=常識的な現場の判断などなどを、理路整然と捉える事〟が難しいのだろう。
彡(゚)(゚)「・・・・・まるでコミュ障とリア充の会話ンゴw細かい事を気にし過ぎて周囲の足を引っ張るアレw」
(´・ω・`)「ほらさ、まずは市中の感染者を押さえ込むべきだろっていう・・・・オメーもオメーの家族も感染するぞっていう・・・・幼稚だよね」


2019年12月27日 (中国大使館情報より)
(原文ママ)湖北省中西医結合医院〈中国・西洋医学併用病院〉江漢区疾病制御センター(CDC)に、原因不明の肺炎の症例を報告した。
★筆者補足★
実際にはいくつもの病院から、それぞれが選択した研究機関にウイルス解析依頼と結果が飛び交っていたが・・・・
 中国政府側組織の公式発表では、この日の CDC組織への報告が政府組織が把握した最初の瞬間であると主張している事になる。
 なお、武漢市江漢区といえばファッション流行の発信地としても知られており、いわゆる歩行者天国にしており若年層をターゲット層にしたショッピングセンター街という雰囲気だ。江漢区はそれなりに広いので若年層が発症したのか?それは定かでは無いが参考としてどうぞ。景観はとても美しい。

2019年12月30日(中国大使館情報より)
(原文ママ)武漢市衛生健康委員会が管轄区の医療機関に「原因不明肺炎救護への取り組みに関する緊急通知」を出した。 

以降は筆者による同日のレポート
武漢中心第二医院 眼科医 李文亮・医師(後に感染して死去享年34歳・合掌)が17時48分頃、李医師ら約150人が参加する『WeChat』のグループチャットにおいてにてチャットグループ内のメンバーに『武漢華南海鮮市場の関係者からSARS七人』と投稿。
 北京博奥医学検験所(公式・https://www.biodx.com/)が行なった会計士男性のウイルス検査の解析結果がプリントされたペーパーとCT映像を撮影した動画を投稿。パニックになっていたのだろう。チャットサービスを利用する第三者のユーザーがそのやりとりを目撃してスクリーンショットで保存。さらなる第三者への拡散が始まり、世界中へあっという間に広まった。日本でも大型掲示板などですぐに話題になっていた。

先ほどの記事(https://toyokeizai.net/articles/-/334358?page=1)を踏まえると、記事のライター氏は理路整然とそこを区別できていなかったが・・・・・
○実務派(SARSって事で進めてええんやで。そりゃそうや)※症状も対策も大よそ同じ。だったらそれでいい大局派。さっさと現実認めて告知しよう!
●細部コダワリKY派(ほんの少しでも違えばSARSじゃない!新型のウイルスや!)※大よそ8割一致していたんだけど大局が見えていない細部コダワリ幼稚派。ダメったらダメ!ほんの少しでも違ってたらSARSじゃないの!

↑↑↑のような二大派閥が事実上形成されていた。そして、武漢中心医院、武漢中心第二医院のドクターらは、〝実務派=SARSで話をすすめりゃいいんじゃん〟だったのだろう。
 そのような二大派閥がこの年末に形成され始めた事を明確に意識して読み進めていこう。

 
中国側の全ての組織(中国大使館情報よりも含む)は、この北京博奥医学検験所の解析を公式なものとしては認めていない。
 しかし後述するが流出した情報(ペーパー)が偽物ではなかったと認めている。それは公安の裁判にて珍事が発生していた。※ソースリンク設定
※武漢市にて初めてSARS患者が運び込まれたと考えられているのは12月8日という情報もある。諸説あり。
sars-ri-dr.jpg
李文亮氏投稿。チャットのスクリーンショット現物データ
dr-ri-report-01.jpg

dr-ri-report-03.jpg
拡大。SARS冠状病毒として解析されていたつまり2002年の時のそれとゲノムがほぼ一致していたという見解。多少精度が低かったという指摘があるが、法律的な判断では取りあえずSARSという実務処理で進めて追っかけで詳細な解析を継続するべきだったのだろう・・・・

今更言っても仕方が無いが・・・・・中国各地の各病院に、SARSなどと疑われる患者が発生したら、疑いの段階でも報告せよとのルール徹底が成されていれば(第7条・感染症の流行の報告も義務)、2019年12月の第二週目には中国政府もWHOも迅速に対応へ迎えた事だろう。結果として12月27日になってやっと上位組織が気付くこととなったようだ。日本人の常識的感覚であれば仮に上位組織に通報義務がなかったとしても、自発的に上位組織に早急に通報していたのではないか?なんにせよ、そうして約20日間程度の時間は、感染者が次々と増えていくのに上位組織には伝わらずにいたのだろう。報告、連絡、相談・・・・報連相というものだが、中国ではそんな概念が一般用語になっていないのだろう。
★この辺りの詳しい経緯は東洋経済の記事が秀逸
https://toyokeizai.net/articles/-/329129
【注意】
北京博奥医学検験所の解析・・・・当然に中国政府中央レベルでも、この解析結果は法律的な判断の論拠にするに十分な精度であったと推認される。つまりこの時点で中国政府中央が「武漢市でSARSが発生している」と認定すれば、この解析日から数日以内に、隔離治療などが義務化される強力な感染症対策体制に移る事が出来たはず。
 患者の容態などから法律的な判断をするに十分な情報がこの時点では集まっていた事は間違いない。

話が前後するが、〝中国大使館情報〟の示したシナリオでは、江漢区CDCに対し西洋医学併用病院から謎の肺炎が発生していると12月27日に報告があったというが、他の病院で8日には初期患者(謎の肺炎患者)が確認され始めているので、すでに19日が経過していたという事。これにて推認されるのはそれぞれの病院がそれぞれウイルス検査などに動いていたが、なんにせよ正式に上位組織に連絡があったのは27日だったのだろう。その報告があった数日後に李ドクターの流出があり、その正式報告よりもかなり先行して武漢中心医院はウイルス解析を北京市に依頼していたのだろう。
 本当はこの正式な報告をもっと前倒しして中国側がウソをつかないと、初期対応が遅れていない!とは主張できない。第7条の条文がある。この〝中国大使館情報〟の時系列は本人らとしては自身満々で公開してしまったが、このように法解釈をしっかりと踏まえてくると、やはり初期対応は100%遅れていた事になる。繰り返すが第7条を参照せよ。そこには真っ先に通報する事を義務化している。中国大使館、加油!

同日(12月30日)夜
【資料・1より】
ウイルス解析は中国各地の各組織で進行していたが武漢ウイルス研究所はこの日の夜からウイルス解析に入ったとの事。
一部引用
「中国科学院武漢ウイルス研究所は公開文『武漢ウイルス研究所が全力で新型コロナウイルス肺炎の科学研究を展開』の中で、「12月30日夜、ウイルス研究所は金銀潭医院から送付された原因不明の肺炎のサンプルを受け取って72時間にわたる検査を行い、2020年1月2日に新型コロナウイルスの全遺伝子配列であると確定し、1月11日にGISAIDにアップロードした」と発表した。」
72時間。3日程度でアップしたようだ。その解析は石正麗がリーダー。金銀潭医院は武漢市天河国際空港2019年9月の防疫演習に参加していた高度な治療が出来る病院であり、初期患者を積極的に引き受けていた。そんなパイプで石正麗のところにウイルスが届いたようだが、解析に当たったグループの中では遅い部類になる。武漢ウイルス研究所がSARSコロナウイルスに力を入れている事はCCTVの報道もあったし何よりも武漢市にあったが、12月30日に解析開始という遅れは何を意味していたのか?直接的な証言は無い。
 石正麗は幼稚なのでケロリとしていたようだ。気まずい心境になっている様子も無かったようだ。そもそも自分達が疑われているとすら思っている様子も無かったようだ。むしろ解析してやるぞと意気込んでいたのかもしれない。当時の石正麗とその周囲の人々もケロリとしており、武漢市で発生しているという事が何を意味しているのか?最も理解していなかったのが石正麗かもしれない。


2019年12月31日朝(中国大使館情報より)
(原文ママ)国家衛生健康委員会が工作組〈作業班〉、専門家組を武漢市に急行させ、感染処理の取り組みを指導し、現場調査を繰り広げた。
 武漢市衛生健康委が公式サイトで、27の症例を発見したとする、「当面の当市の肺炎の状況に関する通報」を発表した。この日から、武漢市衛生健康委は法に基づいて感染情報を発表し、同時に市民に密閉された、空気の流れない場面や人の集中した場所に行くのをできるだけ避け、外出するときはマスクを着けるよう指示した。

以下、筆者独自調査より
武漢市衛生健康委員会:武汉市卫健委关于当前我市肺炎疫情的情况通报)(訳・私たちの街での肺炎の流行の現状に関するブリーフィング)
http://wjw.wuhan.gov.cn/front/web/showDetail/2019123108989
wohan-2019-12-31.jpg
中国国内そして武漢市において公式リリースとして最初のものとされているのがこのリリースになる。
これはインターネット上で騒ぎになって中国政府が隠蔽できなくなり、慌てて対応してきたという陰謀的な推理がなされているものだが、北京博奥医学検験所が然るべき機関(おそらくは中国国家衛生健康委員会?)に、SARSコロナウイルスの検出を報告していたはずである。それは中国における感染症に関する法律(後述)で定められた義務になる。もしも報告しないと懲役刑(最大七年)とも定められている。
 武漢市のドクターが仲間内でパニックを起こしてしまっていたようだが、ウイルス解析に出す前に「SARS患者疑い」として上位組織に通報していれば、中国政府は2019年12月の早い段階で隔離治療を義務化できていたはず。
 たしかに中国の法律は感染症対策に対してかなり突っ込んで改正されていたが、病院やドクターに法律による報告の義務があった事を周知仕切れていなかったのだろう・・・・・それが出来ていれば人類の今の状況がかなり変わっていた可能性。
※ 〝感染症の予防と治療に関する法律〟の大幅な改定はWHOが制定したIHR2005(国際保健規則)を踏まえてのもの。その規則を端的に言えば政府機関が把握してから24時間以内に通報せよ。との内容。
 これは筆者による推理になるが・・・・北京博奥医学検験所から中国政府中央?(2003年では中国厚労省)に通報があり、中国政府中央はWHOに対して2020年12月31日付で報告していたのではないか?
 李ドクターの流出騒動で台湾政府関係者も知りえてWHOに報告していた。そしてWHOが中国政府に対して武漢市の件を24時間以内に報告せよとコンタクトを取っており、中国政府が隠蔽していたのを台湾政府のファインプレーがあった!と、世間では言われているが、中国の上位組織も似たようなタイミングで武漢市の事実を知りえていたのではないか?ドクターは報連相を知らなかった。医療機関という情報収集の最前線にて報告義務の徹底が至っていなかったという訳で、関連省庁のお役人さんも及第点に至っていなかったという事になろう。

そうして20日間ほど、感染対策がほぼ無いままに武漢市内で次々とウイルス感染が始まってしまっていたのだろう・・・・・この期間を後世の歴史研究家が「空白の20日間」と呼ぶのでは無いか?
 中国人には階層や職業の違いがるが、医師という職業でも当然に日常においての発言やネットでの投稿には神経を使っている事だろう。現に武漢市では大通りにいれば公安のパトカー(公安とクルマに表記されている)を1時間に一回以上は見かけるであろうし、街中でも公安のパトカーを見かけるもの。
 SARS疑いの患者が発生した時も日本人のように「上席に連絡しよう」と思うよりも「余計な事は言わないようにしよう」と、考えがちだったのだろう。まあ、日本の省庁や大手企業の中でもそのような空気があるものだが、中国生活者の場合は〝公安〟が身近なところで市民を監視しているからだろう。
 李医師については、ウイルス解析で事実確定した瞬間に、ドクター仲間にだけは共有しておこうと思い、パニックにもなっており、冷静さを欠いてチャットにて情報共有してしまったのだろう。

この、12月における武漢市病院側から北京の組織に託されたウイルス解析。地元武漢市にウイルス研究所があるわけだが、なぜ、北京市の組織に託さたのか?確実な証言を筆者のところでは拾えていない。コネがあったのか?武漢以外に意図的に託したのか?いくつものシナリオが考えられるが推理するにも情報が少ないので現時点では理由不詳としておく。武漢市から北京市はそれなりに距離があるゆえ、陰謀論的に受け止めてしまってはいけないが、本来詳しい理由を知って起きたいポイントだ。


【本来あるべき対応】
理想としては・・・・
A・2019年12月上旬~中旬に武漢の病院が上位組織に連絡→解析などがアップして→数日内にロックダウン開始
もしくは・・・・
B・12月31日にウイルス解析結果→上位組織へ→法解釈においてはSARSと認定して新年早々にロックダウン。より詳細なウイルス解析は追って行う。

このような2つの理想的な対応が結局は実現する事がなかった。
何にせよ物事の理解において優先順位理解がおかしい。

〝中国大使館情報〟はさりげなく重要な「あの件」をさらりと触れていない・・・・・・
 IHR2005はいわゆる当局が知り得て24時間以内にWHOに報告せよという規則だった。その解釈からすれば12月28日にWHOに通報されていて然るべきだった。WHOテドロス氏は中国側からいつ報告があったのか?明確な日付を示さないで「それは守られていた。もうその話はやめよう」と会見上でコメントを残していたと報道があった。結局は守られていなかったのだろう。
 それ以前の問題として武漢市各病院からもっと早く報告が上がってきていて然るべきだった。報告の義務があったのだから(第7条)。せっかく法整備していてもそれが徹底していなければ何の意味も無い。

中国人的感覚では完璧な初期対応。
客観的感覚ではすでに低空飛行なスタートだったと言えるだろう。
感覚があまりにも異なる事に注目。
ウソというものが日本人の思うウソと異なるのだろう。
都合が悪い事を隠すという事に後ろめたさが微塵も無いのだろう。
同じアジア人であるが、多くの事の感覚がそもそも異なるのではないか?
〝中国大使館情報〟・・・・これを真顔で公表してくるという事はそういう事になるのだろう。

 

続きを読む



共通テーマ:ニュース

WHOがSARSだと暗に認め始める [コロナウイルス関連]

当ブログにて告発してきた

『武漢肺炎は新型SARS』

この事実についてWHOがこっそりと公式サイトを編集して暗に認め始めている。

★追記2020/07/25★
なぜSARSという疾病名が突如放棄されたのか?深堀りする追求するエントリは下記リンクエントリにて
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2020-07-04-covid-19-is-sars2
様々な事情があっての事。時系列に沿って整理整頓してみた。
以降の内容はあくまでもWHO公式サイトの不可思議ポイントを指摘する内容となっている。
かなり重要な補足として、そもそも論として中国政府はさまざまな事に規制を設けているが外来語の翻訳にも目を光らせている事も知られている。SARSについてだけは不思議な事に英字で発音もサーズだったが、武漢肺炎以降はSARSという用語の使用を認めていない様子。そのかわりに新型冠状病毒感染(新型コロナウイルス感染症)という用語が採用され、そして不思議な事にWHOまでSARSという用語を廃して新型コロナウイルス感染症との新概念と用語を採用してしまったようだ。
 中国寄りという指摘があるが、寄りというよりも中国の一機関のような振る舞い。なぜ中国政府に沿ってWHOまでがSARSという用語と概念を廃したのか?第三者機関の調査が必要であろう。中国以外の政府はその実SARSと知らず後手に回って世界的パンデミックに繋がった事は間違いない。

さて
様々な言い逃れを後付で主張しているが、正気の沙汰とは思えない筋が通らないことを縷々述べている。もしも本気でこんな内容を発信しているとすれば精神鑑定を踏まえたほうが良い。デタラメ過ぎるのだ。テドロスによる公式会見での発言などとこのページでの主張がまるで噛み合っていない。世界を馬鹿にし過ぎている。本気で主張していない事を願う。

仮にWHO公式サイトの明らかなる詭弁が事実であったとすれば、SARSであると早々に知りながら渡航制限に苦言を呈していた事はパンデミックを意図的に発生させたと言っているに等しいもの。その場を凌ぐ嘘なのだがその嘘はさらに自らの立場を苦しくするだけなのだが。

WHOの言い訳としてはアジアの一部(2002年の広東SARS発生地域?)の人々に対しSARSとの疾病名を用いるとその地域の住民がパニックを起こすので、SARSとの用語を使わなかったと言い訳している。
ただしその説明が事実であっても一部地域の住民のパニックを回避する為にその他全人類を欺いた正当な理由にはなりはしないし、そもそもその言い訳は嘘であり、中国政府という一国の都合にWHOが全面協力していた結果である事は状況証拠から明らかである。

しかもその言い逃れはWHOの過去の発言と矛盾する。当時に教訓として発行したドキュメントにてこのように述べている。

社会的および経済的結果を恐れて感染症の症例を隠そうとする努力は短期的な一時しのぎの手段に過ぎず、むしろ国際社会における信頼の喪失、国内経済に対するマイナスの影響の増幅、近隣諸国の健康と経済に対する危害、そしてその国自身の領土内における集団発生が手に負えない状況に陥るという、極めて現実的なリスクなどの、非常に高い代償を払うことにつながることを認識しなければならない。
WHO SARS集団発生の状況と近い将来への教訓

いずれにしても「SARSと名付けなかったのは理由があるのよ」と認め始めている。その為には理由があったと多くの言い逃れをしているのだがそのどれもがあやふやな表現に終始している。裏を返せば理由があったから世間の人が軽く受け止めるように疾病名を変えたと告白しているに等しい。

WHOがあやふやなリリースで事実を歪曲し始めている事は今回が初めてではなく武漢肺炎騒動初期から常態化している。

筆者がすでに繰り返し指摘しているが、国際ウイルス分類委員会は武漢肺炎患者から分離されたウイルスを『SARSコロナウイルス2。コード名SARS-CoV-2』と命名していた。

しかしWHOはSARSという事実に一切触れないで中国側の組織(武漢ウイルス研究所、中国科学院大など)が連名で考案した「新型冠状病毒感染。日本語では新型コロナウイルス感染症」という概念と用語に一新していたのだ。おそらくは中国側が国際ウイルス分類委員会の買収に失敗したのだろう。用語命名については空白の約40日があった事を筆者が時系列に沿って証明している。WHOはSARという事実に一切触れないも国際ウイルス分類委員会はSARSコロナウイルス2と発表。いわゆるダブルスタンダードでここまできたが、批判の声に反応してWHOは公式サイトをこっそり編集し、訳の分からない言い逃れを開始し始めたのが下記リンク先の情報。

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/technical-guidance/naming-the-coronavirus-disease-(covid-2019)-and-the-virus-that-causes-it
who-misleading-full-02.jpg
※キャプチャーは2020年7月4日 13時頃
※このページの公開日がどこにも明記されていない。意図的。しかも常に更新を繰り返しておりファイル制作日などを分からないように工作しているという悪質さ。
※この小狡さは中国政府がWHO公式サイトを更新しているのでは?と疑うほど。
※WHOのミスリーディングは今回指摘を始め他にも具体例が指摘されている。テドロスらは何を見返りに世界を売ったのだろうか?
※筆者はWHO本部にメールし取材した。このページの公開日を明らかにしてほしいと。しかし現時点において返答が無い。
※原文へのツッコミの前に参考情報を挟む事とする。

【参考】
SARSコロナウイルスという事実を伏せ、ふつうのコロナウイルスと歪曲する事で発生した具体的な問題点

ふつうのコロナウイルス
いわゆる “かぜ” 症候群を引き起こす病原体。WHOは、この、ふつうのコロナウイルスに因る感染症という印象で発表してきた。つまり悪性の重症急性な呼吸器疾患を、まるでただの風邪のように表現した事にる。
中国政府は国内がパニックになる事を恐れたと推認される。そしてSARSという用語を伏せさせた犯人だろう。中国政府はパニックを防げるが・・・・

SARSコロナウイルス
重症急性呼吸器症候群を引き起こす。ふつうのコロナウイルスが何らかの理由で遺伝子に変異が起こりより悪質化。肺炎はCTで確認できるので主要な症状として受け取られがちだが免疫系が暴走する、全身の血管にも感染するので、新型コロナウイルス感染症と呼ぶか?新型SARSコロナウイルス感染症と呼ぶか?全く次元違いの印象となる。

スウェーデンが集団免疫獲得戦術に出たが、SARSコロナウイルスにおいてそんなモノは検討された過去が無い。おそらくは、ふつうのコロナウイルスに因る感染症と勘違いしたのだろう。
 さらには現時点においてSARSコロナウイルス及び今回武漢から発生したSARSコロナウイルス2は治療法や特効薬、ワクチンが存在しない。バイオセーフティレベル4相当の病原体だったという事。(WHOは広東SARSはバイオセーフティレベル3と規定しているが、今回のSARS2は明らかにより悪質でありバイオセーフティの指針の正しい解釈では今回の武漢肺炎はレベル4だったと推認されるがその議論は世界でなされていない)
 バイオセーフティレベル4相当の病原体に因る感染症が次々と広まる中、ふつうのコロナウイルスはバイオセーフティレベル2程度の扱い。WHOが取り決めた規定に沿っても『その実SARS』という事実を伏せたことは万死に値する人類史上において類を見ない悪質な事実の歪曲になろう。
※どの段階でより悪質化したか不明だが、いわゆる欧州株はあきらかにレベル4相当だっただろう。ちなみにレベル4相当の病原体はエボラウイルス、天然痘ウイルスなど。

広東SARS(2002~2003)の教訓を活かして最大限に被害を抑えるべき状況。しかしWHOがまるで未知の疾病のようにリセットしてゼロベースに戻してしまった。それゆえ対策や研究がゼロ地点から始まる事になってしまい世界的パンデミックに向かってしまった。WHO自身が発行していた『WHO SARS集団発生の状況と近い将来への教訓・2003年発行』で言及していた数々の対策と真逆の選択肢を採り続けた2019年以降のWHO。中国に買収されて中国の指示通りに動いていたとしか思えないほど支離滅裂。
 その教訓ドキュメントにてSARSは病院内での集団感染が起こると言及されている。もしも2020年1月の時点で正直に『SARSだ』と認めていればその時点から各国の医療機関が集団感染防止対策の議論及び準備開始できたはずだ。日本ではダイヤモンドプリンセス号の対応で広東SARSでの教訓を活かす事ができたはずだ。緊急事態の土壇場で疾病名を操作する事がいかに罪深い事か

安倍総理が1月下旬に春節における中国人観光客を歓迎して受け入れたが────物理的に祭典では12月30日もしくは31日に発表可能だった。遅くとも1月3日もしくは4日には可能だっただろう────レベル4相当の病原体であると知っていれば即刻入国制限に動いたはず。
 
中国以外の国には何のメリットもない、コッソリと行なったSARSという事実の歪曲。世界的パンデミックに発展した原因と言えよう。

かるくまとめ:SARSコロナウイルス2による感染症という事実を伏せたが為に世界中の国々が適切な防疫体制を敷くことができなかった。なお中国政府はちゃっかりと『SARS対応モデル』に沿って展開していた。

新華社 武漢市に新型肺炎専門病院を建設 SARS対応をモデルに  2020-01-25 09:11:50
ttp://jp.xinhuanet.com/2020-01/25/c_138732450.htm


pre-rump-2020-02-26.jpg
(c)ANN トランプ大統領「アメリカ国民の感染リスクは低い」2020.02.26
アメリカ大統領として当該問題の初正式会見でのコメント。
※2020.7.8時点では感染者数、死者数が世界トップの国。SARSであると知っていればこの緊張感に欠けた会見の内容が変わっていたはずだ。
中国とアメリカの状況は明らかに異なる。欺いた側と欺かれた側の違いと言えるだろう。2月16~17日にフロリダにてDAYTONA500が開催されていた事を日本人の多くの人が知らないが、トランプ大統領が専用車ビーストで開会式に登場していた。武漢肺炎がSARS2だと知っていれば・・・・


追記7月8日
WHOが空気感染の可能性について正式に言及したとの報道あり。さきほどリンクを紹介した教訓ドキュメントにて広東SARSで空気感染の可能性に言及していた。今更何を言っているのか?
 最初から国際ウイルス分類委員会が発表したSARSコロナウイルス2とのウイルス名に合わせてWHOがSARSコロナウイルス2感染症と発表していれば広東SARSでの知見を活かせてゼロベーススタートしないで済んだのだ。正気の沙汰とは思えない。

続きを読む


nice!(6) 
共通テーマ:ニュース

新型コロナ・世界感染者を予測 [コロナウイルス関連]

【こちらのエントリは2020年3月30日に公開しました】

新型コロナ、世界70万人超感染 検査態勢充実で増加続く
3/30(月) 6:05 配信共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000007-kyodonews-soci


共同通信配信のこちらの記事。この数字を算出しないとダメでしょ
現在世界人口は約77億人。まあそれをざっくりと70億人としましょう。
そのうち70万人が感染しているということは・・・・・

少なくとも・・・・約1万人に一人は感染済みという事。
実際には各国で正式な数を把握できていないのでこれはあくまでも一つの参考でしかありません。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計情報に拠る算出というものになりますが・・・・

もしも単純に実際の数が2倍,140万人の感染者であれば五千人に一人・・・・もっと多そうな気がしますが。
【追記・4月8日 140万人突破の報あり】

5倍という数字でも大げさではない様子です。5倍であれば2千人に一人・・・・あらららら

約7.7億人が感染すると・・・・・・世界人口10%の人が感染した事になります。
約7700万人が感染すると・・・・世界人口1%の人が感染した事になります。
約770万人が感染すると・・・・世界人口0.1%の人が感染した事になります。←本当はココ?
約77万人が感染すると・・・・世界人口00.1%の人が感染した事になります。←今ココ



ご参考まで

【補足】
ヤフーポータルで更新されている新型コロナ感染症まとめ
https://hazard.yahoo.co.jp/article/20200207


world-date-corona-20200330.jpg
そちらから3月1日~3月31日のデータ(実際には31日に達していないが)を抜き出して、その上昇率を根拠に3月31日から+30日、+60日の感染者数をシミュレートしてみましょう。

corona-curve.jpg
結果はこんな感じです。かなりあてずっぽうなシミュレーションなのであくまでも参考程度に。

3月30日 約77万人

+30日 = 280万人突破

+60日 = 480万人突破

細かな計算をしないでビジュアルで追っているので・・・・繰り返しますが参考程度に。
しかも紫外線が強まってきているのでこのカーブがそのまま続くとは思えません。
しかしもしもこんな推移で展開すればこんな数字が見えてきます。

【追記4月8日・この指数関数的なラインをなぞるかのような展開が続いています。各国で手洗い、接触回避が広まっているので途中で下落傾向へ向かうと思います。ただし一部宗教においてそれを拒むことがある様子なので全世界が一致して感染を防ごうとしているという事はない】

【追記5月4日・おおよそ予測通りの展開を辿っています。予測より実際の展開の方がやや患者数が多い結果となりました。例えば+30日で280万人との予測は実際には+27日で通過していました。


共通テーマ:ニュース

新型コロナ】日本経済崩壊を予測。及び回避へのシナリオ [コロナウイルス関連]




jyoushikidekangaero.jpg

2020年3月4日に公開した記事です。

2020年秋に・・・・・新型コロナウイルスの第二波が始まる可能性について言及しています。
太陽光と紫外線。その観点から第二波を予測。それを阻止する具体策についても言及。
現在進行形で高緯度地域の欧州にて勢いが増しています。その事実は2020年秋以降の第二波が起こる前兆であると理解できます。

以降の内容はかなり好評でした。
もしも以降の内容がとても有意義だと評価して下さったとしたら・・・・・

このテーマの最新記事を公開開始しています。
【WHOは具体的に何を企てたのか?時系列に沿って推理】
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2020-06-27-history-of-china-sars

中国政府はSARSとして対応している事は状況証拠から明らか。
なによりも国際ウイルス分類委員会は今回のウイルスを「SARS-CoV-2」と命名。
あくまでもSARS変異後のコロナウイルスと分類している。
中国の機関はSARSとの名を避けるように「2019-nCoV」なる独自のウイルス名を立ち上げた。
そもそも新型冠状病毒感染(新型コロナウイルス感染症)との用語は中国人研究者が考案した概念と用語。いわば中国のローカル用語。それが2020年になり突如WHO公式用語として採用され、その瞬間からWHOでもSARSとの用語がタブーになってしまった………

─────────────────────────
正式タイトル
新型コロナ今後どうなる?太陽活動及び気候の研究者の観点で
サブタイトル
新型コロナウイルスの今後。日本経済崩壊を防ぐ具体策

【なぜこのような発表を行うか?】
先に言っておくとこのままでは2021年の春までに日本は経済的に破綻する可能性。
そうならないようにするには?その対策について。具体策を示す
日本がヒャッハー状態になってほしい人は黙っていればいい。それは困るだろうという人は読んでおこう。

以降では2021年の春(来春)までの世界のおおよその展開について以降で解説する内容になります。


突如現れた伝説の研究チーム
★我々もぐらのもぐ太陽活動気候変動研究プロジェクトチームは、数々の世界的発見を発表し関係筋の間で衝撃が走っている(太陽活動の大周期とその繰り返しを発見など)。
★我々は全体像視点での研究や分析が得意。
★今回は新型コロナウイルスに関して分析を行なったので発表する。
【参考・我々のこれまでの発表】
こちらの図は世界的に有名。現代から過去45万年間の地球の平均気温の推移
ice-age-temprature-350.jpg
法則性があり繰り返しています。この推移がいわゆる氷河期といわれる現象です。これがなぜ起こっているのか?人類は明確に説明できませんでした。
しかし我々は明確に説明する事ができます・・・・太陽活動の法則がリピートしていただけの事・・・我々がその確たる証拠を発見しました。よく言われる氷河期とは太陽活動の大周期がリピートしていただけの事。なんと太陽黒点グラフを重ね合わせると法則がリピートしていた・・・・。一同ズッコケ。発見してしまえば最も単純な話だった。つまり上の図は太陽さんのパワーカーブの記録だったのです。
 最長の大周期は約3200万年単位。恐竜が絶滅したのが約6500万年前。その後にその単位の法則性が二回繰り返しています・・・・・楽しそうな話でしょ?まあそれは後で楽しんで下さい。

https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2021-04-30-mogu-taiyou-katsudou-housokusei
上のリンクは科学センスに自信がある方へ向けて。太陽系と地球の気候の理解を深める内容。一度でも『天才』と他人から評価されたことがある方々に向けています。大学、大学院、プロの研究者向け。アインシュタイン相対性理論を補完する内容です。騙されたと思って読み込んで下さい。そして腰を抜かしてください。



【序章】
俺は死なないけどお前らはきっと死ぬ
musked-rider-v3mogu01.jpg
謎のライダー
・・・・・。本当に日本人はBAKAだらけだな・・・・同盟国のトランプ大統領が日本人の入国拒否を検討しているとの報道があった(2020.03.04)。
 脳内がお花畑の人間が多い日本では現在の状況がいかに深刻か理解できないのだろう。まあ、そんな脳内お花畑の人間が次々と新型コロナウイルス(COVID-19)に感染して日本経済を崩壊させることになるのだろう・・・・・

一人の正義のヒーローとして、この後日本がどうなるのか?すでに現実的なシナリオを思い描いているのだが、そのシナリオを一応は日本国民に投げかけておこうと思ってな・・・・

本音を言えば脳内お花畑の日本人がどんだけ斃(たお)れようと俺は心を痛める事は無いけどな・・・・

しかし今ならあと数ヶ月は猶予がありそうだ。あの時言っておけば良かったと後悔したくはない・・・・そんな気持ちでもある・・・・



kaerusan02.jpg
かえるさん博士
みなさんこんにちはケロ。

謎のライダーさんは決してそんな事を本心では思っていないケロ(日本崩壊を心配していない訳がない)。現在の日本が深刻な状況である事を理解してもらう為にそういう言い方をしているケロ。かえるさんとしても、日本が世界から孤立し始めている状況に強い懸念を抱いているケロ。崖っぷちだったらまだ崖に戻れるけど、どうも崖から飛び出してしまっているように思うケロ。そんな訳で今回のエントリを立ち上げたケロ。

お役人さんになってみると・・・・国民からすれば不満を感じる対応が続いている事に何か理由があるかもしれないのだけれども・・・・・しかし理由があろうとベストな対応があることは否めないケロ。



musked-rider-v3mogu01.jpg
謎のライダー
そうフォローしてもらえたら幸いだ。とりあえずこの問題がいかに深刻なのか?全国民間で共有する為に、極めて当たり前な事からリマインド(思い起こし)しよう。かつ最大限分かりやすく進行する事としよう。まあ、そもそも『インターネット絵本もぐらのもぐ』はチビっ子向けのサイトなので常にそのような更新を心がけているが。

それじゃあ今回も『ぱぱもぐ教授』の解説から始めるか・・・・・新型コロナウイルスで日本経済の崩壊を防ぐには?その理解の為に初歩的なところから始めることにしよう。

続きを読む



共通テーマ:ニュース

新型コロナ】死ぬ前にこの世界の真実知っとけ [コロナウイルス関連]




【緊急告知】
太陽系の真実知りたい奴は来い!

https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2021-04-30-mogu-taiyou-katsudou-housokusei

以降の内容は・・・・上記リンク先にて大幅アップデートされています。
より良い内容なので是非どうぞ。一時でも公開していた内容なので以降の内容は公開設定のままにしておきますが、もうこちらのページは一切編集しません。

先に言っておきますが、常識的思考の決定版という内容です。日本人は基本的に本音を言わない(結果として嘘つき気質)民族であり、現実を直視しないで歪めて理解する事が常。新型コロナ騒動でも嘘平気。そんな日本に現実を直視させる内容となっています。日本人の中にこんな分析力を持つ者達がいるのか!と評価して下さったら・・・・新型コロナ騒動が落ち着いたら現実を直視していかないと国が滅びますよ、と言っておきます。

CO2温暖化へのアルティメットツッコミはこれ
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2021-08-10-ipcc-report-waroenai
今すぐにこちらにどうぞ♪



2020年3月7日公開
※最終章が書きかけです。最終章はさほど意味がないので読み通していただいて大丈夫です。

2020年3月13日 追記編集
図版などの引用お気軽にどうぞです!


正式タイトル
新型コロナウイルス対策に兆円単位の埋蔵金があります
サブタイトル
めちゃめちゃ面白い話もついでに教えてやんよ

【なぜこのような発表を行うか?】
下記エントリの続編です。
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2020-03-04-corona-presen-01-jp
秋までに日本政府のトップダウンでワクチンの完成及び量産に入り接種開始しないと日本経済崩壊の可能性・・・・その事実について発表しました。

しかし今日本政府は財政が厳しい。そこで具体的で実現可能な予算捻出企画を発表します。


前提
★我々もぐらのもぐ太陽活動気候変動研究プロジェクトチームは、数々の世界的発見を発表し関係筋の間で衝撃が走っている(太陽活動の大周期とその繰り返しを発見など)。
★我々は全体像視点での研究や分析が得意。


【序章】
この世界の真実、お前らが死に絶える前に教えてやるよ
musked-rider-v3mogu01.jpg
謎のライダー

さっそく始めるか。日本政府が新型コロナウイルスワクチンの早急(さっきゅう)な完成と量産に莫大なカネが必要だが、その捻出の具体的方法を発表するが、その前に・・・・この世界の真実を知ってもらおう。


日本政府は欧米の機関に、天動説(地球が世界の中心という考え・つまり壮大な勘違い)のようなモノを焚き付けられ巨額の投資をし続けている。総額100兆円の計画(うち実際に40兆円は出資)。1日に約150億円もの投資。それを今すぐ止めれば新型コロナウイルスのワクチン完成へ向けて大きな投資ができるだろう。

・・・・・何を言っているのか?もう分かった人も多いだろう。

そう・・・・『CO2人為的温暖化』。あの話は完全にデタラメだ。温暖化対策を今すぐ中止すべき。

今回の話を分かりやすくする為に、こんな話から入っておこう

────────────────────────────────────────
天動説
地球が宇宙の中心であり、地球を中心に宇宙が構成されているという考え。科学的根拠が無く荒唐無稽。

地動説
地球はあくまでも宇宙の中のある一つの惑星。地球はあくまでも太陽の周囲(公転軌道)を周回しているだけの存在という、結果として事実だった理解。しかし発表当時は迫害されるなど大変な目に遭った
────────────────────────────────────────

明らかに客観性がない気候理解・・・・CO2人為的温暖化は、現代の天動説といえよう。

それに対し・・・・我々がこの後に解説する『太陽活動のリピート』は、全ての科学データで確認できる合理的な気候の理解になる・・・・つまり現代の地動説といえよう。(それゆえ我々の活動を現代のコペルニクス、現代のガリレオ・ガリレイなどと評価してくださる方々がいらっしゃるのだろう)

【この後にCO2人為的温暖化説を完全否定する絶対的な気候の真実を発表】

数分で概要をつかめるように編集しておいたので、みなさんもあと数分もすれば『CO2人為的温暖化ってBAKAじゃね!』と気付くことになろう。そして・・・・『おいおい・・・・地球の気候って繰り返されていたのかよ・・・・』とも。そう。それが氷河期の原因。

さて

日本の全ての国民にとって、欧米の機関が焚き付けてくる『現代の天動説、CO2人為的温暖化』を一蹴して、新型コロナウイルス対策にカネを回し、特にワクチン開発を秋までになしえて国家破綻を免れたほうが良いだろう?それだけの金額があればその他の事にも手が回ろう。

仮に・・・・まあ、明らかに嘘や妄想の類の話なので仮定すら本来成立しないのだが、仮に、今、温暖化対策を中止して、地球の温度が上昇するのでれば、多少なりとも新型コロナウイルスは温度が高いほうが活動が鈍る様子なのだから・・・・欧州や北欧は緯度が高い地域にあるのでそもそもとして気温が低い傾向があるのだから、今すぐに温暖化対策を中止して、みんなで協力してCO2量を急増させて、今年の秋~冬までに地球の平均気温を10度くらい高めれば良いだろう・・・・まあ・・・・そんなBAKAな事が出来るワケがないだろうが・・・・CO2人為的温暖化が本当だと言うのであれば、それをこのような場面では利用すれば良いわけだ・・・・・出来るわけがないが・・・・

今は冗談や妄想に付き合っている暇などない。そんな莫大な無駄なカネを、当然に有意義に使うべきだ・・・・それゆえ渾身のプレゼンテーションを行なうことにした。

繰り返すが日本政府は総額100兆円の計画(うち実際に40兆円は出資)。1日あたり約150億円もの金額を温暖化対策なるものに投じている。しかしだ・・・例の温暖化少女グレタ氏らは、そんな金額では足りないと息巻いているし、新型コロナウイルスが流行している今日も各国の政府に偉そうに「もっとカネを出せ」と歩き回っている。まあ、他国は良いとしよう。少なくとも日本ではそんな下らない話に付き合っている余裕は無い。

【参考】
「温暖化対策」100兆円をドブに、日本はバカなのか?
異論を許さない地球温暖化問題はもはやカルト宗教だ
2019.11.15(金) 渡辺 正
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58217


この話はみなさんにとっても他人事ではなくなってしまったという事。このまま全く意味がない温暖化対策に莫大なカネを投じ続けるのか?今すぐやめて新型コロナウイルス対策に投じるのか?そのような選択肢に迫られている。それについて国民から声を上げなければならない時にあろう。

以降の発表はすでに公開済みの内容をあらためて最大限簡潔に再編集したものであり、関連エントリの総アクセス数は10万ヒットを超えている。科学関連のエントリにしては異例の多さであり、客観性についての指摘は一度もない。おおよそ事実であろうとの評価を頂いている。

【CO2人為的温暖化なんて嘘過ぎ。これが太陽と地球の真実!】

では、ぱぱもぐ教授にバトンタッチしよう。



【第一章】
地球の真実。客観的データ、科学データのみを根拠に
papamogu01.jpg
ぱぱもぐ教授
みなさんこんにちは。

時間がありません。発見への経緯を順を追って発表すると推理小説的展開で楽しい内容になりますが、今、世界は、日本は切羽詰っています。ですから効率的に結果から発表していきます。

地球の気候の真実・・・・意外な事が起こっていたのです。
かなりシンプルな話です。な~んだ。そんな話だったのか。皆さんはそう仰ることでしょう。


sunspot-earth.jpg
(C)SOHO・ESA・NASA
【図版】太陽黒点
この太陽黒点はガリレオ・ガリレイさんが観測し記録に残し始めました。


sun-spot-1700-2020.jpg
※出典元・SILSO・ベルギー王立天文台http://www.sidc.be/silso/dayssnplot
こちらは太陽黒点観測数グラフです。今回のプレゼンテーションでは細かいことを省きます。
西暦1700年~2020年までのデータです。


model-a-b.jpg
この黒点観測数グラフの中から・・・・・120年ジャストの時代を二つ切り出します。
モデルAとモデルBの時代とします。なぜ120年ジャストなのか・・・・


mr-masamura-yomiuri.jpg
正村史朗氏の発表を基にしています。正村史朗氏は西暦1950年代に太陽活動120年周期を発見していました。

・読売新聞:西暦1954年昭和29年6月15日号
・中部日本新聞:西暦1955年昭和30年8月21日号


まあとにかく、モデルAとモデルBの、それぞれ120年ジャストの太陽黒点のデータをピッタリと重ね合わせましょう。
superimpose.jpg

モデルAとモデルBの時代をピッタリと重ね合わせると?



なんと・・・・見事に重なり合います。
mogura-no-mogu-kakudai-silso.jpg
※一部拡大


太陽活動には大周期がありリピートしていた

つまり・・・・太陽活動は少々の揺らぎを伴いますが、法則性がありそれがリピートしているという事です。ちなみにこの重ね合わせは我々が人類で初めて発見して、この黒点観測数グラフをフリーで公開して下さっている、SILSOに報告済みです。報告して1年。まだ我々が研究の最終発表を正式に行っていないので世界の多くの人がこの事実を知りません。人類で一番最初に120年周期に気づいた正村史朗氏とは連絡がついていません。ですから黒点グラフの重ね合わせの結果を知りません。


mogura-no-mogu-large-sun-cycle-silso.jpg
※全体

全体を確認すると前半はズレているように見えますが、マウンダー極小期という太陽黒点が70年ほど極端に少なかった時代から復帰し始めていた時代なのでガタガタしているのだと思われます。しかし注意深く観察すると『逆相関的』に展開しているのが面白いポイントです。まあそれは細々とした話なので今回は割愛します。


daitaiyou-katsudouki-overview-ver08.jpg
120年周期を反映させるとこんな理解になります。この120年の法則は、日本の歴史でいうところの平安時代頃から確認できます。


さて


dr.suda-fig-13.jpg
こちらのデータは世界的に有名です・・・・といっても、1970年代でこのテーマの研究はほぼ途絶えてしまったので、インターネット上ではほぼ公開されていません。『スタール氏とキング氏の太陽黒点と平均気温の相関性』に関するデータです。
1910年生まれの元気象庁の『須田瀧雄博士』の著作『太陽黒点の予言・1976地人書館』からこの図版を引用していますが解説も引用します。
オーストラリアのキングなどは動かせぬ証拠を見出そうとしたのだろう。1973年、十九世紀に比べて格段に多く蓄積された資料を持って挑戦した。彼らは可能な限り集めた数千万にのぼる北半球各地のデータについて、その質も十分検討して、北半球の平均気温と黒点数との間に第13図のような密接な関係がある事を示した

つまり・・・・太陽活動と地球の平均気温はおおよそ相関性があるという事です。

さてさて・・・・・太陽黒点グラフの重ね合わせから、太陽活動のリピートが起こっていると気付くことができました。さらには、太陽活動と地球の平均気温は、おおよその相関性があると分かっています。

カンが良い人は、もう、この事実だけで次の章の展開が読めているはずです。
かえるさん博士にバトンタッチします。


続きを読む



共通テーマ:ニュース

臨終前に】新型コロナで死にそうになったら・・・・ [コロナウイルス関連]

今、日本では楽観ムードが漂い、日本政府が旅行補助を行い経済活性化を目論んでいますが・・・・

その目論見が甘ければそれどころではありません。

新型コロナで死ぬ人が増えるかもしれません。

無神論者に知っておいてほしいことがあります。
 そして
神を信仰しているもその存在を心のどこかで疑っている人にも・・・・

もしも新型コロナで死にそうになったら・・・・



続きを読む


【論考】新型コロナと太陽光,紫外線について , Discussion on new coronavirus and ultraviolet rays from sunlight [コロナウイルス関連]

※追記あり2020.03.02


【アップデートしました】
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2020-03-04-corona-presen-01-jp

以降の内容は時間の経過により劣化しました。
そして最新の内容でアップデートしたのが上記リンクの新エントリです。
一時期でも公開していた内容なのでそのまま公開設定しておきます。




──────────────────────────────────────────
Abstract
We are a team studying the effects of solar activity on climate.
Discussion on sterilization of new coronavirus by ultraviolet rays (from the sun).
The onslaught of the new coronavirus in low-latitude regions has a milder impression than in high-latitude regions.
It may be because of the intensity of ultraviolet rays from the sun.

NEW
English version entry has been released.
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2020-03-02-corona-uv
──────────────────────────────────────────


こんにちは。もぐらのもぐ太陽活動気候変動プロジェクトチームです。
初めてこのぶろぐに訪れた方は・・・・ふざけてるの?と思うことでしょう。しかしなんと、太陽と気候の世界的研究チームが運営しているブログなのです。(まじか?まじだ!)

http://www.solar-activity-is-repeated.com/index-jp-2020-feb.html
↑↑↑↑
研究結果公開用サイト(非営利)です。氷河期とは太陽活動の法則性がリピートして発生しているとの証拠を発見し発表しています。わりと・・・・ノーベル賞的事実であり、その筋の方々の間で衝撃が走っています。よろしければお目通しくださいませ。



武漢で発生した新型コロナウイルス問題。我々は早い段階から世界恐慌に発展すると予測していました。下記エントリは2020年2月9日に公開(11日に追記更新)。先見の目というものになるでしょう。いかがでしょうか。2月末の日本の状況は、ほぼ100パーセントの的中率ではないでしょうか?
https://mogura-no-mogu.blog.ss-blog.jp/2020-02-09-corona


今回は・・・・・
新型コロナウイルス問題と太陽に関するプレゼンテーションを展開します。

そもそも・・・・多くの微生物にとって紫外線は天敵です。細胞を破壊されてしまいます。そしてその紫外線は太陽から放射されてきます。メディアやネット上で新型コロナウイルスの弱点について温度や湿度で語られていますが紫外線こそが各ウイルスの構造にダメージを与える事を忘れてはなりません。

湿度、温度は苦手な環境の話。
紫外線の照射は物理的に消滅させる話。
ですから冬から春を迎え夏に向かうとそれらの上昇が起こり得ますが、紫外線の上昇は空からのレーザービームがパワーを増すイメージになるでしょう。

北半球はこれから春から夏季へ移行します。つまり紫外線量の上昇(太陽光線の中の一つ)が始まります。その事実のポジティブな影響━━━━紫外線による新型コロナウイルスの日中かつ屋外での殺菌━━━━について検討します。
※公開日においてはこのような情報(太陽光による紫外線と新型コロナの殺菌についての論考)は日本語としては初公開
※世界的にもまだ発表されていない?いずれにしても太陽活動と地球気候の研究について先陣を切る我々が、このテーマでも先陣をきります。

今日は『ぱぱもぐ教授』が進行を担当します。
───────────────────────────────────────────────────


papamogu01.jpg
『ぱぱもぐ教授』

さて。さっそく本題に入りましょう。

麻生太郎副総理がG20にて
「ウィルスなんてものは常識的考えて4月〜5月になれば収まる」とコメントされていたとの事。

それは全ての感染症、すべてのインフルエンザウイルスで言える訳ではありませんが、すくなくともインフルエンザウイルスの傾向としては『常識的な考え、社会通念的理解』になります。
ただし今回の新型コロナウイルスに関しては夏になると収まるようなことが起きるのか?本格的な研究はまだないと思います。

麻生太郎副総理のコメントに補足させて頂きますと、夏季になると温度と湿度だけでなく紫外線(太陽光)の強さが変わります。

「飛沫中のインフルエンザウイルスが感染力を保つ期間は、湿度と紫外線強度により変化する。冬では、湿度が低く日光が弱いので、この期間は長くなる。」
引用元・インフルエンザ
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6


「Q・インフルエンザの流行時期は?  A・季節性のインフルエンザは、例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。しかし、2009年は新型インフルエンザウイルスの出現によって、5月から感染者が確認されはじめ、夏以降、感染者が爆発的に増加しました。」
引用元・インフルニュース
https://www.influ-news.info/influ/

麻生太郎副総理は天真爛漫なキャラクターの政治家であり、素直で率直なご発言が言葉尻を捉えられ失言が多いとの印象が作られてしまっていますが、本音で語って下さる日本においてより貴重な政治家です。基本的な学力の高さや野生のカンのようなものは凡人の比ではありません。人生において学んできた事からの総合的な見解を述べていらっしゃたのだと推認されます。

科学センスの無さで言えば鳩山由紀夫元首相がTwitterで度々頓珍漢な発言をしてしまい、北海道での大地震は人工地震とツイートして北海道警察にデマ認定され、それでもなお発言を撤回しなかった事がありました。今回の麻生太郎副総理のご発言は科学的根拠がしっかりあります。

今回の発言は、聞いた一瞬は無責任に思えてしまう人が少なくはない様子ですが、科学知識が一定以上であれば理にかなったものである事は間違いありません。

ただし注意点として・・・・麻生太郎副総理のその発言の前後のやりとりが分かりません。その場でも補足があったかもしれませんが、もしも本当に4月~5月頃に気候の変化で勢いが急速に弱まったとしても、それが新型コロナウイルスの完全消滅まで達成するとは常識的感覚で思えるものでなく、北半球の高緯度地域や半年後に冬季を迎える南半球にて新型コロナウイルスが増殖し続けている事でしょう。ですから麻生太郎副総理の発言はあくまでも全世界レベルの収束までを意味しているという事は無いでしょう。

束の間とはいえ・・・・人類にとって一つの希望でもあります。では、我々は入手できる最大限の情報を根拠に、麻生太郎副総理の発言を補足する形で、そのシナリオを『紫外線の効果』を手掛かりに深掘りしていきます。



【重要な論文※ただし新型コロナでの実験ではない】
コロナウイルスおよびパルボウイルスに対する物理・化学的処置の殺ウイルス効果の検討
https://ci.nii.ac.jp/naid/130006940633/
抄録から一部抜粋「紫外線は, いずれのウイルスに対しても, 15分の照射で不活化できた。」
こちらの論文は新型コロナを対象に実験している訳ではありません。新型コロナでもそうであってほしいものです。

中国では「新型コロナウイルス感染による肺炎の診療方案(試行第●版)」として次々と最新の見解がリリースされています。その第4版と5版にて紫外線がある程度効果があると指摘されているようです・・・・・。日本ではこんな事は報道されていません。

※日本では「新型コロナウイルス感染による肺炎の診療方案(試行第5版)」と翻訳されている
※中国では「新型冠状病毒感染的肺炎诊疗方案(试行第5版)」と表記

・・・・・こんな検索結果が
https://www.sohu.com/a/373912312_120336096
新しいコロナウイルスは紫外線に敏感です 2020-02-18 12:21

中国国家保健衛生委員会の事務局の「新型コロナウイルス感染による肺炎の診療方案(試行第5版)」は、新しいコロナウイルスは紫外線と熱に敏感であると述べています。
 紫外線はほとんどの微生物の天敵であり、簡単に殺すことができます。SARS期間中に、専門家は、90μW/ cm2を超える強度の30分の紫外線がSARSウイルスを殺すことができることを発見しました。
 この研究では、新型コロナウイルスとSARSウイルスの間に相関関係があり、紫外線の科学的かつ合理的な使用が新型コロナウイルスを効果的に殺すことができることがわかりました。」

「紫外線は、実際には波長が100〜400ナノメートルの電磁スペクトルの放射であり、赤外線と同様、人間の目では見ることができません。紫外線は、微生物のDNAおよびRNAの構造を破壊し、ウイルスやバクテリアなどの微生物の遺伝物質を破壊、架橋、または光化学生成物を生成させる可能性があります。
 同時に、紫外線は細胞内の酸素原子にも作用して活性酸素フリーラジカルを形成し、微生物細胞の増殖に失敗したり、直接死んだりします。たとえば、人々がしばらく夏の太陽の下に立つと、皮膚は日焼けします。これは、人間の皮膚も細胞で構成されており、細胞と細菌は生物に属しているためです。
 この流行の原因は、新型コロナウイルスの遺伝物質であるRNAです。紫外線はウイルスの遺伝物質に作用し、ウイルスのRNAを破壊し、必要なタンパク質を合成できず、ウイルスを殺します。
 しかし、新型コロナウイルスは太陽だけに頼って殺すことはできず、太陽が細菌を殺す温度に達することができないため、外出するときは誰もがマスクとゴーグルを着用しなければなりません。」

【もぐらのもぐ補足】太陽からの紫外線は地域や季節で推移する。この情報は屋内の衛生環境、屋外の衛生環境および、季節による紫外線や温度の上昇についての理解がかなり曖昧。例えば日本の春~夏季の屋外では紫外線がそれなりに強くなる。季節の推移が踏まえられていない事に注意



・・・・なるほど・・・・日本では新型コロナウイルスと紫外線についてほぼ報道がありませんが、中国では注目のポイントになっているようです。なにせ国家からリリースされる公式情報で言及されています。国家機関で研究がなされていたと推認されます。今後上昇してくる紫外線が、新型コロナウイルスを瞬時に消滅させる事まではできなくとも弱化させることがありえるかもしれません。すると感染者数がいくらかでも減少する可能性があります。

nasa-terra-free.jpg
※引用元・NASA
この画像の日中の範囲は、太陽さんからの紫外線の照射を受けている事になります。季節、地域、緯度でその強さが変わりますが、太陽さんからの紫外線照射の範囲は屋外であれば全地球規模です。大変頼もしいものです。

皆さんにこんな事を投げかけておきます。晴れた日の昼間に外を見回して頂けますか?太陽光が溢れていると思います。そこは紫外線も届いているという事です。圧倒的で絶大なパワーを誇る医療器具のようなイメージです。布団を干すという行為は実際には主には太陽光の紫外線に当てる目的です。人類は紫外線を上手に利用してきました。そして私達の知らないところでも害悪なウイルスをやっつけてくれているものです。

このような場合は慎重に受け取らねばなりませんが、紫外線(放射線)をじっくりと照射されても生きながらえるウイルスはなかなか存在しないのでしょう。新型コロナウイルスも紫外線をじっくり照射されてしまえば壊れしまう事は特殊な事ではないでしょう。太陽光を浴びすぎると皮膚がヤケドしてしまいますが新型コロナウイルスなどを壊すというイメージが湧きますでしょうか?

現時点で日本はかなり混乱しているのでしょう。こんな重要な議論がほぼなされていません。
我々「もぐらのもぐ太陽活動気候変動研究プロジェクトチーム」が動くべき状況だったのでしょう。


【今後ここに注意】
中国では紫外線照射装置の需要が高まっているようです。日本でもアマゾンなどで購入可能ですが粗悪品も多く、そもそも家庭用の紫外線照射装置のみで劇的な殺菌ができるとは思えません。やはり太陽光として届く紫外線の強さと時間にはかないません。日本では新型コロナと紫外線についての情報が極端に少なく、今回こうして発表した事により、悪質な業者さんがすぐに新商売を始めるようなことが起こりえると思いますが注意が必要となります。


では、日本の3地点での紫外線データを見ていきましょう。

続きを読む



共通テーマ:健康
前の10件 | - コロナウイルス関連 ブログトップ